INTERVIEW 2018/09/05

MANAGER・Yuyaさんへインタビュー

3Backs広報担当の佐久間です。今回は、「リバースラボ」の人事部に参加して2年が経った、侑弥さんへのインタビューをご紹介します。

佐:侑弥さん初めまして。割と古株なのにインタビューは初だったんですね!今日はよろしくお願いします。役職はすでにMANAGERだけど、まずは自分がどんなキャラか教えてください!

侑:えーっと、、、難しいですね(笑) 今年で23歳、リバースラボには2年間在籍していて、この前晴れてマネージャーになりました。一言で自分を表すと、すげーバカですかね。いい意味でも悪い意味でも素直ってことなんですけど、簡単にいうとバカだと思います、、、。

佐:え、それはどういう系のバカなのかな(笑)?

侑:そうですね(しばし考える・・・) 結構色々信じやすいので、だまされやすいと思います。実際ものすごく騙されたりしたことはないですけど、小さい冗談とかでも結構本気にしがちです。あとは、割と突発的に動いてしまうので、日々慎重に考えて動くように心がけています。

佐:バカというか、素直っていうのはいいことですよね!個人的にはそのままでいて欲しいなあ~(笑)。ちなみに趣味とかはありますか?

侑:趣味は「お酒を飲むこと」ですかね。基本的には毎日飲んでいて、朝まででも全然OK! 次の日が仕事でも週1,2回は朝まで行ってますねー。どちらかというと、わいわい系で酔っ払うのが好きなんです。リフレッシュも兼ねているので大切な時間だと思ってます。

佐:朝までとはすごいですね、、、(笑)でもリフレッシュできてるなら何よりだよね。それはそうと、侑弥さんがリバースラボに入ったきっかけは何だったんですか?

侑:同じ大学の先輩でもあった現役員の山田さんから誘われて、大学4年のときに人事のインターンとして立ち上げに参加したのがきっかけです。
その時自分はすでに証券会社への就職が決まっていたのと、大学へ行きながらでもあったので、バイト感覚というか最初はサークル活動みたいな感覚で参加していました。

佐:新事業の立ち上げっていう感覚ではなかったんですね。確かに当初見かけた頃は、大学生のバイトくんが来てまーすっていう感じではあったかも(笑)。そのころと比べると、今は全然意識が違うように見えますが、ターニングポイントはあったんですか?

侑:今考えると、入って3、4か月で実績が出はじめたのと、あとは部下が入ってきたのが大きいと思います。組織としてもどんどん成長していくのを肌で感じて、頑張らなくちゃと。

佐:なるほど。サークル感覚で入ったとしても、仕事にハマってきちんと意識が変わっていくのは素晴らしいことだね。辞めたいと思ったことは?

侑:辞めたいというか、、、まあそうですね。正直あります(笑)。実は大学卒業間近のころ、やはり最初から決まっていた就職先へ行こうと思い、辞める意思を山田さんに伝えたことがあります。

佐:えー。それでそれで?

侑:その時に山田さんに「俺もみんなも一緒に頑張ってきた家族のように思っているから」と言われて、、、大号泣です、2人で(笑)。恥ずかしいですけど、それがあって改めて思いが通じあったというか、本当に自分の事をすごく考えてくれていることも再認識して、「ここで頑張ろう!」と覚悟を決めました。

佐:実際山田くんも知ってるので、なんか感動的ヒストリー!!(笑)まあそれで腹を決めて仕事に打ち込んでいるわけだけど、大変だなーと思うことはない?

侑:それがないんですよねー!!!この会社って若いうちからチャレンジできる環境と、成果により裁量権もあるので、そこも魅力的なんです。0から1へ何かを作ることはすごく楽しいし、大変だとは思わないですね。

佐:「大変だと思うことがない!」っていうのはすごいこと。確かに、普通の会社では1年目の人ができないことを任せられているもんね。ではそれを踏まえた上で、今後の目標を一言でいうと?

侑:そうですね、とくかくでかいことをしたいです!

佐:でました、みんな大好きでかいこと!!すいません、やっぱり具体的に教えてもらえますか(笑)?

侑:あ、そうですよね(笑)。人でいえば、父が広告関係の経営者で、尊敬しています。具体的には自分で何かを発信をしたり、仕事でもインパクトを与えられるような存在になっていけたらなと。そして、常にやりたいことを行動に移せる自分でいたいですね。まずはJob Dreamの運営責任者になり、そこから0→1を生み出していきたいと思っています。

佐:ちなみに、プライベートでは?

侑:そこは結構普通だと思いますけど、、、(笑)。結婚願望もあるし、家族が困らないような生活と、いい家に住みたいですかね。

佐:うん。まともでいい夢!では最後に新人へのメッセージをお願いします。

侑:物事は何でもとらえようなので、将来に対しても毎日に対しても、熱くなってほしいです。何かに熱くなることで、今後の人生へ自信が出てくると思いますし、今自信がなくても、信念を志に責任と誇りがあれば、さらに人生熱狂できると思ってます!!

佐:ありがとうございました。若さとチャレンジ精神もさることながら、自分自身の内面と向き合ってきたからこその落ち着きも感じる侑弥さん。彼のさらなる活躍を楽しみにしています!