INTERVIEW 2018/08/08

リバースラボ研修生・Kazukiさんへインタビュー

今回は7月期からリバースラボへ参加している研修生のKazukiさんをご紹介! リバースラボへ参加するきっかけや研修を終えたばかりの心境etc... 彼の素顔に迫ります★

■自分はこんな人間だ!

福島生まれの福島育ち、今年で19歳の一樹と申します。趣味はスノーボード、ケータイゲーム、釣り、ギターです。勉強が全くできなくて、まずペンを持つのが嫌いです(笑)。そんな自分もメンタルは強いです。ポジティブ過ぎて困っていることもあるんですが…。それで変にプライドが高くて、人前で失敗することがものすごく嫌なんです。これからよい感じに変換していけたらと思っています。

■リバースラボへ参加する前は何をしていましたか?

15歳からずっと現場職(主に土木)をやっていました。仕事は楽しかったのですが、給与面が厳しくて…。さらに自分が父親から金銭面でのサポートを強いられていたので、とにかくしんどい状況を4年ほど経験しました。

■リバースラボを知った経緯、参加しようと思ったきっかけは?

当社の営業に知り合いがいて、リバースラボの話を聞いたのがはじまりです。その営業の方は、日ごろから自分の家庭環境について親身に聞いてくれたんですが、少し時間が経ってから自分が東京に遊びに行った際、話す機会が作ってくれたんです。その時に「親父さんのもとから離れる時期じゃないか?東京で頑張ってみないか」とアドバイスをいただいたんです。参加しようと思ったのは、親父みたいになりたくなかったからです。あの人みたいになりたくない。絶対に成功してやる。そのきっかけをいただけたと思っています。

■研修を通して思う事は?

これまでスーツを着たり、腹の底から真剣に物事に取り組むことをしてこなくて、そういう人たちをすこしバカにしてた感じが正直ありました。研修がはじまった当初もそういう気持ちが少なからずあって、メンバーと話すこともできなかったんです。そういうモヤモヤ状況の中、当社の執行役員に相談したところ、目から鱗なアドバイスを沢山いただいたんです。自分が執行役員に話しかけて相談事を言う前に「こういうこと聞きたいんだろ?」と見抜かれた時はさすがに驚きましたね(笑)。研修のおかげで、“過去の自分”置いてこれたので感謝してます!

■今後の目標・意気込み・夢を聞かせてください!

どんな壁が立ちはだかろうと絶対に乗り越えていきます。プライベートの夢は、自分の家庭環境が結構厳しめなので、あったかい家庭を築きたいです!

これまで物事を真剣に取り組むことが気恥ずかしく“かっこ悪い”と感じていた一樹さん。 今はそんな思いもかなぐり捨てて、邁進しています!今後ともNewcomer一樹さんを宜しくお願いします★