Fラン大学に行く意味 | Fラン大学で意味を見出せる人の特徴

 

入試で落ちる人がほぼいない、誰でも入れると思われているFラン大学ですが、実際そんな大学なら行く意味があるのでしょうか。

この記事では、Fラン大学に行くことで得られるメリットや、Fラン大学に行く意味がある人とない人の特徴についてまとめています。

今からFラン大学を受験しようかどうか迷っている人にとって、非常に参考になる記事です。

あなたにとって「Fラン大学に通うこと」は意味があるのかどうかを、しっかり見極めていきましょう。

 

ユーくん
そんなにレベルが低いって思われる大学なら高い学費を払って行く意味ないんじゃないのかと思うよね。
ダルマちゃん
うんうん。でもね、一概には意味がないとは言えないんだ。Fラン大学でも通う価値がある理由についてもしっかり説明するよ!

 

Fラン大学に行く意味がないのか

Fラン大学に行く意味があるのか、という質問に対しての答えは、「ある」です!

なぜなら、Fラン大学でも大学は大学。卒業すればあなたは「大卒」だからです。

大卒は社会に出て働く際に、年収や出世の面で有利になりますし、そもそも大卒でなければ入れない企業もたくさんあります。

Fラン大学なんて行っても意味ない!と決めつけてはいけません。

逆にFラン大学に行く意味のない人に関しては後ほど解説しますが、一言で言うと「大学名」だけで勝負しようと考えている人たちです。

 

ダルマちゃん
どこの大学に行ったかよりも、大卒か高卒かで区別されることの方が多いからね。その意味ではFランだろうがいく意味は確実にあると言えるんだよ。

 

Fラン大学に行く意味がある3つの理由

この章では、Fラン大学に行く意味がなぜあると言い切れるのか、その理由についてお話ししていきます。

Fラン大学に行く意味がある理由は大きく3つ。

  • 求人数
  • 年収
  • 出世

これら3つの面で、大卒という肩書が大きな意味を持つからです。

ではそれぞれの項目について細かく見ていきましょう。

 

1.応募できる求人に影響するから

求人サイトをささっと見てみればすぐに分かることですが、大卒と高卒では応募できる求人数がものすごく違います。

求人数が多ければ、

  • 就活の際いろんな企業にチャレンジできる
  • どこが応募できるかではなくどこに応募したいかを考えられる
  • 応募数が多ければ内定数も必然的に増える

などのメリットがあります。

高卒や専門卒では、「大卒以上」の求人にチャレンジすることができないため、基本的に「応募できるところから選ぶ」しかなくなります。

そのため「あまり興味のない企業」や、「やりたいと思えない職種」も視野に入れて就活をしていくのが高卒や専門卒の特徴です。

大卒は求人数が多いため、受かるかどうかは別として「可能性を広く持つことができる」のは確かです。

 

2.学歴が年収に影響するから

日本はまだまだ学歴社会。

年収に関しても最終学歴が大きく関わってきます。

 

▼最終学歴別平均年収比較表

平均年収
中学卒 250.8万円
高校卒 264.8万円
高専・短大卒 278.2万円
大学・大学院卒 369.7万円
全学歴平均 304.3万円

参照:第二新卒エージェント neo 「中卒の年収を上げる方法3選!収入(給料)・初任給をUPさせて平均年収を超える」 

 

この表からもお分かりの通り、大卒の年収は高卒と比べて100万円以上も高いですよね。

同じ仕事をしてもこれだけ収入に差がつくのです。

「Fラン大でも卒業してよかった!」と思えるに違いありません。

 

3.学歴が出世のスピードに影響するから

社会に出て働き始めれば、最終学歴が高卒であろうと大卒であろうと関係ないと思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

 

▼学歴と性別ごとにみる昇進スピード比較

係長への昇進 大卒男性=大卒女性=専門卒男性>専門卒女性
課長への昇進 大卒男性>専門卒男性>専門卒女性
部長への昇進 大卒男性>専門卒男性

参照:大阪大学「昇進競争における学歴と性別~百貨店業の事例~」

 

このデータからも明白ですが、出世するのはいつも決まって「大卒」が先。

その後に専門卒、高卒と続くパターンが一般的です。

仮に仕事が同じくらいできたとしても、大卒の方が早く出世できるのですから、高卒からしてみれば納得いかない気持ちにもなるでしょう。

しかし、世の中はそれくらい大卒を優遇しているのです。

 

ダルマちゃん
実力主義のベンチャーでは学歴関係なしに出世させている企業が多いんだ。でも一般的な企業や老舗企業では学歴が関係する場合がほとんどだよ。

 

Fラン大学に行く意味がある人の3つの特徴

Fラン大学に行く意味があることが分かった上で、ここからはさらに「Fラン大学に行く意味がある人」に注目していきましょう。

どのような人であればFラン大学に行く意味があるのか、その特徴を3つのポイントにまとめました。

 

1.学歴に左右されない

Fラン大学の名前がついて回ると、どうしても大学のレベルのせいで「学歴が低い」とみなされることは日常茶飯事です。

しかし、学歴により自分自身の価値までを低く見てしまうようでは逆境に立ち向かうことはできません。

「自分はFラン大だし、人より努力すれば周りと同じレベルに並べる!」と考え、前向きに努力を怠らない姿勢を持っている人なら問題ありません。

Fラン大のレッテルを貼られても成功への道を進むことができるでしょう。

 

ユーくん
Fランだから見下されることがあるのは仕方がないもんね。それで落ち込んで諦めモードになるような人ならはじめからFランには行かない方がいいってことだな。

 

2.環境に左右されない

Fラン大学の特徴として「周りの学生のレベルが低い」という点がありますが、これに影響されて自分のレベルまでを下げてしまってはいけません。

「努力したってFランだし意味ない」という考えを持つ意識低い系のグループと群れることなく、自分を保っていくことが重要です。

環境がどうであれ、それに左右されないメンタルを持っている人なら、Fラン大卒でも就活を成功させられる可能性は十分にあります。

 

ダルマちゃん
人間誰しも楽な方へ流されがちだからね。自分の目標をしっかり見据えて、それに向かって突き進む強い意志が必須だよ。

 

3.Fラン大学を言い訳にしない

Fラン大学生に多いのが、「まあ、Fランだから仕方ないよね」という諦め発言。

就活がうまく行かないときにこのようなネガティブワードを発する人は多いですが、実際Fラン大学生でも努力して良い企業へ就職している人はいます。

そのような人たちはFランを言い訳にすることは一切せず、「自分はFランだから、これをやって周りと差をつけよう」など、方法を見つけ惜しみない努力をしているのです。

 

Fラン大学に行く意味がない人の3つの特徴

この章では、Fラン大学に行く意味がない人の特徴を3つのポイントに分けて解説します。

これらに当てはまるなら、Fラン大学に通う意味を見出すのは非常に難しくなるでしょう。

今からFラン大学への入学を検討しているなら考え直してみるのも一つです。

 

1.ステータスを大切にしている

ステータスを重視する人にとっては、自分がFラン大学に通うこと自体が自分的にも気に入らないでしょう。

なぜなら、Fラン大学に行ったところでステータスは得られないからです。

大学名にこだわり、大学名だけで人の価値を決めるような人なら、Fラン大学に行く意味はないと言えます。

 

ユーくん
ステータスにこだわる人がFラン大学に行っても、そこで人一倍努力して逆境に打ち勝つとは思えないもんね。

ダルマちゃん
どうせFランだから、という人に限ってステータスばかりを重視しているものなんだよ。

 

2.大学名の看板がないと何もアピールできない

イメージの良い大学に通うことで、自分の価値を上げられることは事実です。

しかし、大学名の看板がないと何もアピールできないというのは残念な話もあります。

大学名以外で自分をアピールできる強みを持つことはとても重要です。

これができないとなれば、大学名のネームバリューを利用するほかないため、Fラン大学では不十分。

あなたがもし、大学名だけで就活を勝ち抜こう、人生勝ち組になってやろうと思うのならレベルの高い大学を狙う必要があり、Fラン大学など行く意味はありません。

 

ダルマちゃん
大学名以外でアピールできる強みがなければ、強みになるものを身につければ良いんだ。それさえやらないというなら、もう大学名に助けてもらうしかないからね。

 

3.努力が無駄だと考えている

Fラン大学で就活を成功させるためには、努力が絶対に必要になります。

そのため、努力することが無駄だと考えている人や、努力なんてしたくない、という人はFラン大学に行ったところでその先の就活を成功させる見込みはありません。

なぜ努力が必要なのか、それはFラン大の学生である時点で就活時にマイナスからのスタートとなってしまうからです。

このマイナスをマイナスで終わらせずプラスに変えて行くためには、スキルを身につけるなどの「プラスアルファの努力」が必須となるのです。

そのため、努力が無駄だと考える人にとっては、Fラン大学に行く意味はないと言い切れます。

 

まとめ

ちょっと厳しいことも書きましたが、結局Fラン大学に行く意味は大いにある、というのが結論です。

しかし、この記事で書いた通り、「ただFラン大学を卒業しただけ」で就活を有利に進めることは不可能です。

ここでおすすめしたいのが、「専門性の高いスキルを身につけて就活に挑む」方法。

ただの「Fラン大卒」ではなく「スキルのあるFラン大卒」になれば企業の見方は変わります。

 

ダルマちゃん
大卒のほとんどはスキルや実績がないまま就活に挑むのが普通だからね。スキルがあれば一気に差をつけられるんだ。

 

そんな専門スキルを効率よく身につけることができる方法を最後に紹介しましょう。

その方法とは、リバラボインターンシップを活用すること。

リバラボインターンシップを使えば、

  • 希望の専門スキルが確実に身に付くインターンの場を用意してもらえる
  • インターンでは給料をもらいながらスキルと実績を積み上げられる
  • インターン後には経験者枠で就活ができる

このようなメリットがあります。

 

ユーくん
なるほど!卒業してから一旦インターンを経て就活ってことか。結果的にその方がいいところに就職できそうだね!
ダルマちゃん
そのとおり。しかもリバラボインターンシップなら、インターン後の就職サポートもついてるから安心だよ!

 

Fラン大卒でも周りを見返すほどの逆転就職を叶えることができるリバラボインターンシップ。

気になる方はぜひこちらから詳細を見てみてくださいね!

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら