INTERVIEW 2019/03/28

【MEMBER INTERVIEW】Teruhiro、愚直に基準値を追ったその先に…!!!

3月期決起会、昇格者表彰の壇上で涙を流したTeruhiro。
MEMBER昇格までに要した7カ月を、彼と一緒に振り返ってみましょう。

■Teruhiroの挫折とリバースラボ

-リバースラボに参加する前に味わった挫折ってなんだろう?
【瑛博】就職ですね。家庭の事情で家を出なくちゃいけなくて、高校を卒業したら就職というのが最低条件だったんです。でもお金がなくて、できるだけ生活費を抑えたかったというのがあって、だから社員寮がある施工管理の仕事を選びました。ただ就職したのはいいんですけど、長時間労働や夜勤の連続とかいろいろ厳しくて辞めました。2年2カ月くらい働いて…最後の方は「死にたい」って思うくらいまで追いつめられていました。

-そんな時にリバースラボの人事担当に出会ったんだね?
【瑛博】はい。ゴールデンウィークの休み時、BARで飲んでいた時に声をかけられました。自分には学歴も職歴もなくってそれだと仕事の選択肢が狭くなるって教えてくれて、リバースラボに来れば売り上げという実績と2年間の営業という実績、2つの実績をつけることができて自分が選べる幅が広がるよってことを説明されました。そこに魅力を感じたというのが参加のきっかけです。

-それでリバースラボに参加して、7カ月での昇格かぁ。嬉しかったよね。
【瑛博】もちろん嬉しかったのですが、それよりもやっと...っていう気持ちの方が強かったです。最初の3カ月は上がってやるって気持ちがすごく強かったんですけど、時間が経つにつれて諦めに入っちゃている部分があったんです、自分の中で。
2月に静岡支局から上野支局に異動させてもらって、山﨑さん(営業部 山﨑勇人)に「あとはお前、結果出すだけだから」って言われて、本当に頑張ろうと…いつも頑張ろうとは思っているんですけど、2月はとくにその思いが強くて、なにがなんでもって気持ちでやったらやっと上がれました。

-7カ月の研修生活で変わった部分って、どんなところ?
【瑛博】自分は表面上は真面目でいい子なんですけど、結構中身クソ野郎で。外回り中にサボっちゃうとか。自分の基準でやっちゃうのと自分の限界を自分で決めちゃうところとかあって…自分で天井を決めない振り切ってやるっていうのを、リバースラボに来て学びました。
全力で頑張ったら、もちろん自分一人の力ではないんですけど、結果を出せる場所ではあるので、今は自分をプレイヤーとして完成させるために(月間売り上げ)100万を達成したいです。

-お、いいね! プレイヤーとして成長するには自分の強みを知ることが大切かなって思うけど、自分の強みってどんなところにあると思う?
【瑛博】こんななりをしているので愛嬌かなって(笑)。

-あ、そうだねー! 確かに悪い人には見えないなぁ(笑)。

■Teruhiroの出会い

リバースラボに参加した瑛博。多くの上司たちの下で働き、時に叱咤激励され苦境を乗り越えてきました。
ここでは3人の上司たちに関するエピソードをご紹介していきます。

秀明×瑛博
【瑛博】自分が0を連発した時とかは上司が自分のために時間を割いてくれるのですが、そこで当時の上司の秀明さんから「本当にやる気あるの?」って聞かれた時に、即答できなかったんですよね。なぜかというと、やる気はもちろんあったんですけど「そこであります!」と言っても、じゃあ「なんで結果が出ないの?」って聞かれると思っていたので。結局、煮え切らない態度をとっていたらかなり時間が経ってしまって…。その時に、あー自分以外の人に迷惑かけるならいっそいなくなった方がいいかなと思ったことがあります。

-振り返ってみて、努力は足りていたと思う?
【瑛博】当時は全力を出しているとは思っていました。でも、今思うと足りてなかったと思います。こっちに来て気づきました。

-そっか。じゃぁ、もう一度秀明の下についたら、しっかりとした結果を出したいね。
【瑛博】そうですね。

□勇人×瑛博
【瑛博】売り上げが取れなかった日、俺今日(営業)出た意味なかったって弱気になっていたんです。そしたら山﨑さんが、「愚直に基準値を追え。そうすれば結果がついてくるから」って言ってくれたんです。前の直上にも「売り上げは見なくてもいい」って、似たことを言ってくれた人もいたのですが、結局売り上げが出ないと怒られたりして「全然言ってること違うじゃん!」と不信感を抱いたりしたんですが、山﨑さんは言ったことを変えることはしませんでした。まあ、前の直上も俺のことを思ってのことなので、今では感謝してるのですが…(笑)。

-それで基準値を追って昇格を果たした訳だよね。
【瑛博】ただ、それも最後の日に山﨑さんが帯同についてくれたので、自力での達成ではなかったんですけど…。

-でも、昇格は昇格だよ。瑛博は十分頑張ったと思うけど。

泰裕×瑛博
-ここで神奈川支局で瑛博の直上、泰裕にも聞いてみよう! 彼はどんな部下ですか?
【泰裕】スッゲェ真面目で、でも俺と同じで根が暗いので(笑)、基本的には気持ちはよく分かりますね。売り上げにすぐ気持ちを左右されて「辞めたい」とかそういう風になっちゃうんですけど、そこをどう脱却できるかが今後の彼の課題になってくると思います。
-自分に似ていると言われてしっくりくる?
【泰裕】きます。自分を理解してくれている、最高の上司だと思います! 泰裕さんには売り上げが取れない時に電話で相談をするんですけど、気の利いたポエムで勇気づけてくれるんです。

-泰裕、ポエムってどんなことを言うの?
【泰裕】そうですね。たとえば…(声のトーンを少し落として) 歌は世界を救う Love&Peace。
【瑛博】…。(声を殺して笑う)

-…。
【泰裕】いや、これは普通に言うとつまらないんですけど、そこに気持ちや場の空気を読んだ感じでポロッと言うんですよ。その場のインスピレーションですね。結構ウケがいいんですよ。

-じゃぁ、このインタビュー、最後は空気を読んだポエムで〆てもらおうかな。泰裕、宜しく!!

↑画像をタップすると、動画が再生されます。

Yasuhiroのポエムに背中を押され、愚直に基準値を追う日々。
「大丈夫だよ、努力は自分を裏切らないんだよ」
進め、Teruhiro!!!


→Click to Teruhiro's Profile