INTERVIEW 2019/09/18

【NEWCOMER INTERVIEW】目指せ年収2000万、ブチ抜けGOLDEN AGE!! MC TaikiのHISTORYだYO!!! チェキラ♪

 8月期決起会の壇上でラップを披露し、先輩たちの度肝を抜いたTaiki。
 そのキャッチコピーは、≪Mr.ブチ抜き≫!
 ビートを刻みながら、リバースラボの2年間、汗も涙もすべて糧にして成長することを誓ったNEWCOMER!
 このインタビューでは、そんな彼の栄光と挫折を振り返ろうと思います。

■Taiki's profile

 年齢:20歳/出身地:東京都/最終学歴:高校中退
 長所:行動力/短所:思考して行動ができない
 前職:飲食店の従業員(※家業)
 趣味:音楽・格闘技
 メモ:子どもの頃から野球をやっていたものの、中学時代に肘を壊しバスケへ転向。理由は、≪黒子のバスケ≫や≪スラムダンク≫が好きだったから。

-高校を中退したのは、どうしてだろう?
【大樹】実家が中華料理店をやっているのですが、経済的に厳しく、大学進学は難しい状況でした。
 もともと自分は稼ぎたいという思いが強くて、大学卒業はある程度いい企業に入るための手段でしかなくて、いい大学に行かないのであれば中卒でも高卒でも変わらないかなという考えが当時自分の中にありました。それだったらいち早く社会に出て、経験を積めば、金銭的にも豊かになるのかなって思ってしまったんです。
 今になって考えてみれば、間違っていたなと思うんですけど…。

-親は何も言わなかったの?
【大樹】最初は反対されたのですが、親も大学に行かせることができないという負い目があったと思います。そこまで強く止められることはなかったですね。

■限界を知った19歳/MC大樹の光と影♪

-もともとMCとして精力的に活動していた大輝だけど、栄光も挫折も音楽活動で味わったみたいだね。その話から聞いてみようか。まずは、栄光から!
【大樹】MCバトル(ラップのバトル)で優勝したことですね。下北沢のBARを貸し切って、トーナメント戦で競い合うものでした。その時は、18人くらい参加していたと思います。

-ふむふむ。じゃぁ、つぎは挫折を聞きたいのだけど、これは音楽を諦めた瞬間になるのかな?
【大樹】はい。19歳の時に限界を感じました。

-限界って?
【大樹】日本人でラップだけで食べている人ってすごく少なくて、そういうところを現実的に考えた時に楽しいだけじゃダメなことに気づきました。
 人生捨ててでもとか、そうやって追い込めたらある程度結果は出せたと思うんです。バイトもしないで、全国をライブで回るというのが手っ取り早いのかなと。
 ただ自分の中で、もしもラップを続けるとしたら(経済的に)安定した状態で続けたいというのがありました。
 結局追い込む覚悟もなく、限界を感じて断念した感じですね。

-すっぱり辞めちゃったの?働きながら、趣味で続けるとかでもいいような気がするけど。
【大樹】働きながらやるのもいいのですが、それだとどっちつかずになってしまう気がしました。ラップを続けるとしたら、振り切ってやりたかったので。

-でも未練はあったでしょう?
【大樹】そうですね。ただ、周りが高校・大学って進学している、そして一緒に音楽をやっていた仲間がどんどん有名になってTVとかにも出るようになっていく中で、次第に劣等感が生まれてきた頃でした。だから辞めること自体は、意外と苦ではなかったですね。

■見返すというよりも、証明を/元MC大樹の決意♪

-音楽を辞めた後は、何をやっていたの?
【大樹】20歳の時に、家業を継ごうと考えました。
 ただ、すぐ稼ぎたいという欲が強くて、将来的に店を継げば収入は増えることはわかっていたものの、それまでが苦痛に感じられて、結局半年ほどで辞めてしまいました。
 親には本当に迷惑をかけたと思います。実家を継ぐと決意しておきながら辞めたこと、すごく反省していますし、いつか恩返ししたいですね。
 その後に、エージェント経由で3Backsを紹介されて面接を受けて、今に至る感じです。

-ここを選んだ理由は、短期間で年収UPが見込めるから?
【大樹】確かに2年で600万という年収も魅力的です。それに稼ぐためには営業スキルも必要だし、それだったら難しいBtoBよりはBtoCからはじめたいなという思いもありました。
 ただ、それ以上に愚直にひとつのことを続けることができる、目の前にある壁を乗り越える力だったりを身につけられる環境の方が魅力的でした。面接の段階から侑弥さんや山下さんにいい言葉や納得する言葉をかけてもらって、こういう人がいる会社で働いてみたいなって思ったことも理由のひとつです。

-それで自分と向き合う2年間がはじまった訳だけど、成長のために必要なことって何だと思う?
【大樹】ひとつのことをやり抜くことですね。
 自分が会ったことがある成功者であったりとか、カッコイイ人ってひとつのことを続けている人が多いんです。
 研修がはじまって、自分の弱いところもだんだん浮き彫りになってきました。さらに深い部分であったり、新たな部分であったり…。それを拓弥さんたちに協力してもらって、日々潰していきながら改善しているところです。

-2年後、リバースラボを卒業したらこんなことに挑戦してみたいとか、夢みたいなものはある?
【大樹】2000万を稼ぐ人間になりたいという夢はあります。
 ただ、具体的に何をやりたいとかは結構ぼんやりしていて、まずは2年間で600万という年収と内面的な成長を目指して、突っ走っていこうと思います。

-2000万!! 高い目標だね~!!!
【大樹】確かに、日本で今2000万を稼いでいる人って少ないですよね。でも、自分は本気でやればできないことはないと思っています。
 仲間内で将来のこととか話すことがあるのですが、その時に2000万稼ぎたいとか言うと、「それ無理じゃない?」って否定されることが多いんです。でも自分は実現させて、できるってことを証明して見せたい、だから結果を出すというのが今の目標ですね。
 2年後の自分を、今から楽しみにしています!

 自分のことを、良くも悪くも突っ走ることができると評価するTaiki。
 2000万という大きな目標が設定された今、やるべきことは目の前のことに愚直に取り組むのみ。
 とりあえずお金を稼いだら、欲しいものは≪スーツ≫!!!
 意外と堅実だ、Mr.ブチ抜き!!! (笑)
 リバースラボで夢を掴むため、今を全力で駆け抜けます!


→Click to Taiki's Profile