INTERVIEW 2019/12/27

【LEADER INTERVIEW】「現状に満足せず、今の自分は正解ではないと知ることから。」元スーパーの従業員から成り上がるKotaが気付いたこと

こんにちは、広報部のきこりんです。
今年の9月にリバラボに参加した廣太は、過去の失敗から自信を無くしていました。あれから2ヵ月、現在の彼は情熱に火をつけた100万プレイヤーへと成長していました。この2ヵ月で彼はどんな経験をして何を得たのでしょう? 現在売上トップ層を走る彼の苦悩と変化にフォーカスしてみました!

■成り上がるための男の約束 ライバル同期の存在

※翔太(左) と廣太(右)

-廣太、昇格おめでとう~! 最近調子どう~?
【廣太】ありがとうございます! いや~… すこぶるいいっすね! (笑)

-(笑) うんうん、今売上トップは埼玉の2人だもんね、ビックリしたよ。
(※12/19時点、売上ランキング、廣太は全体で2位、同期の翔太は1位でした。)
【廣太】翔太と《男の約束》 を交わしたんです。

-何、その約束って?
【廣太】翔太とは同期で、たまたま同じ支局に配属になったわけです。2人とも絶対昇格しような!と約束し、今回見事達成できました。達成した後に、翔太と初めて2人で飲みに行ったのですが、この時飲んだお酒は本当に美味しかったです。こいつがいてよかった~! って思いました。でもこの昇格は通過点ですので、この勢いを止めないように頑張ろうとまた鼓舞し合っています。

-同期の存在は心強いね。2ヵ月で昇格してるし、順調だったんじゃない?
【廣太】いや、むしろその逆です(笑) はっきり言って、周りの人にたくさん助けられました。特に11月中旬は売上が思うように上がらず、そこから自我状態も悪くなり、いわゆるスランプに陥っていました。

-えーそうだったんだ、どうやって立ち直ったの?
【廣太】できない自分を認めることです。

■できない自分との向き合い

-ふむふむ、それは自分で気付けたのかな?
【廣太】いや、拓弥さんに教えてもらいました。売上がとれてない時、それは全部周りの環境がそうさせてるんだとか、彼女のせいだと思い込んだりなど、とにかく他責の気持ちでした。でもそこで拓弥さんがそこは違うだろとストレートに言ってくれて。言われてからよく考えると、上手くいかない理由は全部自分にあると気付きました。それからは、上手くいかなくなったらまず、これまでの自分のプロセスを疑うようになりました。

※拓弥(左)
-なるほど。自責にすることで変わった?
【廣太】自責にすることで気持ちが楽になりました。できてないなら、できるようになるまでじゃん! って。

-ほー! 今2トップが埼玉だけど、何か理由とかある?
【廣太】営業はチームプレイだと思っていますので、団結力はとても大事にしています。毎朝円陣を組んで気合いを入れたり、あとは個人的にネガティブな空気を支局内に作りたくないので、必ずポジティブな声掛けをするようにしています。誰か一人が上手くいっていなかったら全員でカバーする、全員が意識すれば、自然といい方向に行きます。助け合うからこそ、団結力や全体の士気は上がると思いますよ。

※廣太が所属する埼玉支局。先日クリスマスパーティーをしたそうです。左手前から翔太、広太、天平、廣太、直紀、文人、友基、将輝、太一。

-だから埼玉はこんなに仲間思いのメンバーが多いのね。では最後に、もっと上を目指すメンバーへメッセージをお願い!
【廣太】はい! 営業をしている人だったら、売上が思うように上がらないという壁に必ず衝突すると思います。自分もそうでした。でも途中で諦めたり、投げ出さないでください。「自分がどうなりたいのか」という軸をぶらさず、愚直に取り組めば必ず結果はついてきます! できない自分を受け入れて、できることから少しずつ頑張りましょう!

-素晴らしい! このままトップを目指して頑張れー!

■恩師、ホーリーからのメッセージ

インタビューでもよく廣太の口から出ていたホーリー(拓弥のニックネーム) にコメントを聞いてきました。帰ってきた答えはなんと意外な廣太の一面でしたよ。

-廣太が、変わったきっかけはホーリーがくれたと言っていましたが本当ですか?
【拓弥】うむ。研修の時からずっと廣太のことは見てるからね。でもまず、LEADER昇格おめでとう!

-うむ。ホーリーから見て、廣太が変わったきっかけってなんでしょう?
【拓弥】そりゃもう、彼女への意思決定よ。

-ムムッ! キタ恋バナ! 詳しく!
【拓弥】廣太は、他者貢献の思いが人一倍強くて、支局のメンバーの為に、会社の為にと思うと動けるけれども、なかなか「自分の為に」と思って動けない奴です。何度も向き合って自分が今やっていることの目的や目標を聞き出していくと、最後は「待ってくれている彼女がいるから」と出てきて。じゃあ彼女に誇れる自分になって迎えにいけよ、彼女への愛と同じくらいの愛を今後自分につくであろう部下に注いで一気に支店長まで上り詰めようぜ!と話した後からの彼の言動や顔つきはまるで別人ですね。このまま勢い落とさず頑張って欲しいですね。

-わ~素敵な話! ホーリー、ありがとうございます!

今回のインタビューで見せてくれたのは、いつもの天真爛漫さではなく、闘志を燃やし、自己実現に向けて着実に一歩ずつ歩みを進める《覚悟》 でした。自分を愛し、部下を愛し、そして彼女を迎えに行けるのでしょうか?! 未来のために走り出した廣太の活躍に乞うご期待!


→Click to Kota's Profile