INTERVIEW 2019/01/16

【CHIEF MANAGER INTERVIEW】Shizuokaは燃えているか? 勢い任せの熱血美意識高い系男子Hideakiと、愉快な仲間たちの熱量が静岡の冬を焦がす!!

静岡支局をPRしてほしいと頼むと、男は胸を張って答えた。
「うちは…、うちは富士山がすごい!!!」

それ、支局のもんじゃないでしょーがッ!!!! Σ(゚д゚lll)
てか、世界文化遺産だから!!!!

彼にインタビューする宿命を背負った広報部スタッフ。
それはさながら樹海に足を踏み込むかのような、未知の領域でした。
”勢い任せの熱血野郎(※)”ことHideakiのインタビュー、どうぞお楽しみください。
※秀明のキャッチコピーです

■富士山の雪をも解かすHideakiの熱血昇格STORY

-今回は、CHIEF MANAGERに昇格した秀明に登場してもらいます。秀明、この度は昇格おめでとう!!
【秀明】ありがとうございます。

-秀明には1つ伝説(?)があります。LEADER昇格の時だったよね。エピソード紹介、宜しく!!
【秀明】伝説かどうかは分かりませんが(笑)…LEADERに昇格するには、2カ月続けて85万か、100万の売り上げを取るのが条件になるんです。2カ月目に入った段階で、3周目までで40万ぐらいまでしか取れてなくて。4週目に頑張って64万までもっていったんですけど、残り3日で21万取らなきゃいけないって状況になって。

-中旬までは1日2万のペースだったのに、3日で21万は無理じゃない??
【秀明】そしたら先輩から言われたんです。「ここで持ってきたら格好いいよ!!」って。

-スイッチが入った?
【秀明】はい(笑)。その言葉だけで鼓舞して、3日間で5万・7万・9万取りました! そこから今に至っていますね。

-勢いに乗ったんだね(笑)。降格がないのもすごいけど、MANAGERで8カ月と少し停滞したね。
【秀明】えぇ、MANAGERまではすぐ上がれたんですけど、CHIEF MANAGERという条件だったりプレッシャーに何度もやられた感じがしますね(笑)。

-CHIEF MANAGERに昇格するためには、自身の売り上げもそうだけど、部下2名をLEADERに昇格させないといけないんだよね? 自分がLEADERになった時とは勝手が違うと思うけど?
【秀明】そうですね。自分のこと(毎日の練習など)ももちろんやりましたが、その時は部下のことを優先しましたね。ロープレに付き合ったり、あと普段からコミュニケーションを大切にして(部下の)不安が軽くなるように気を付けました。エリアの組み方を工夫したり、(契約が)取れるところを優先的に行かせたりとか。

-エリアの組み方って、エリアによって雰囲気ってそんなに変わるの?
【秀明】ありますね。極端な例ではあるんですけど、自分静岡支局から神奈川支局に異動したことがあるんです。静岡の経験をもとに意気込んできたものの、組織の売り上げどころか自分の売り上げも取れなくて、部下も一人離れました。思い出してみても、あの頃は本当にいろいろな苦難がありましたね。

-へぇー、そんなに違うんだね。静岡の人たちってどんな感じ?
【秀明】結構温厚な人が多くて、直接話を聞いてもらえる感じですね。

-ははは、県民性かな?(笑) 神奈川は、キツイ?
【秀明】そうですねー。まず、会うのが難しいですね(笑)。

-そこで実際に、静岡県出身・神奈川県出身の女性スタッフたちに、両県の県民性について聞いてみました!!

※個人情報に配慮し、顔は隠しています(笑)。

-ちょっと話が脱線したけど、実際にCHIEF MANAGER昇格が現実味を帯びてきた時、どう思った?
【秀明】正直、最後の1週間までは全く見える状況ではなかったんです。でも組織と部下の状況、そして自分の状況を今一度見た時にいける! って思って、周りを巻き込んで「絶対に掴んでやる!」って気持ちになりましたね(笑)。

-まさに組織が一体になってもぎ取った昇格だねー!!! 秀明にとって部下って、どんな存在?
【秀明】うーん、部下は自分の鏡かなと思ってます。やっぱり自分も上司の影響受けてますし、部下も絶対自分を見てるじゃないですか、良いところも悪いところも含めて。だから、自分の悪いところがそのまま移ったら、自分のあり方のせいだなー直さなくちゃなって思いますね!

-確か、大貴も似たようなこと言っていたよ。次なる目標とかある?
【秀明】SECTION MANAGERです。そして、エルメスの時計を買うことですね!

-おぉー、エルメスかぁ。リバースラボ卒業後のことは、何か考えている?
【秀明】起業したかったんですけど、自分のやりたかったビジネスビジョンがリバースラボそのものに近いので、このままリバースラボにいるのもありだなーと最近考えたりしてますね。
あと自分はリバースラボきっての美意識高い系男子なので、ジムやエステとか『美』に関する仕事をしてみたいなーとか思ってます。

■CHIEF MANAGER Hideakiを支えるハート熱き仲間たち

-ここで、秀明に静岡支局の自慢のスタッフたちを紹介してもらおうと思います。最初は、誰?
【秀明】部下の翔輝です!

-おぉ!! 思い立ったら即行動、やると決めたら一直線の翔輝だ!!!
【秀明】まさに、それですね(笑)。彼は昨年12月に静岡支局に異動してきたホープで、やる気の塊とでも言うんでしょうか。昔の自分、いやそれ以上に仕事バカ(褒めてる)だなーって思いますね(笑)。同期と売り上げで負けてたりとか、お客様との対応を振り返っては「くそーッ!」って本気で悔しがったり、でもそこまで真剣に取り組んでる彼だからこそ、すごい勢いで上まで登りつめてほしいなと思います!

-そうだねー!!! 次は?
【秀明】友基ですね。支局の皆で山に行った時、山奥で急に脱ぎはじめたりとかしてビックリしました。同い年なんですけど、すごい度胸あるなって思いましたね!

-まぁ、大自然の中ならいいんじゃない? 全裸とかなら問題だけど。
【秀明】…。

-…。
【秀明】…そうそう、社員旅行でキャンプ行った時も脱いでました。

-まぁ、キャンプとかなら川遊びとかするだろうし、節度ある脱ぎ方ならいいんじゃない?
【秀明】………。

-………。
【秀明】……………。

-……次は止めるんだよ、CHIEF MANAGER。
【秀明】…………頑張ります(笑)。

テンションの高い仲間たちに囲まれて、次なるステージを目指し奮闘する熱血美意識高い系CHIEF MANAGER Hideaki!!
SECTION MANAGERとしてインタビューする日も、そう遠い未来ではないように感じました。
…ところで、冒頭リードの支局自慢は「富士山!!!」じゃなくて、最初からスタッフ紹介にしておくれよ!!(笑)…とツッコミながら、このインタビューは騒々しく幕を下ろすのでした。
お付き合い、ありがとうございました!!


→Click to Hideaki's Profile