INTERVIEW 2020/01/09

【MANAGER INTERVIEW】「上司とは兄のような存在であるべきだ」 / 未経験からMANAGERまで駆け上がった元工務員・Kazutoの1年

こんにちは、広報部のきこりんです。
リバラボきってのイケメンでファンも多いと噂の一斗。前職は鉄道会社で工務員をしていた彼ですが、実は情報商材に手を出し、失敗した経験を持っています。しかし、今回のインタビューの中で「自分でもやり直せた!」と力説するその顔はまさに、過去の自分と決別し、不安を自信に変えた表情をしていました。
彼の昇格までの苦悩と葛藤に迫るインタビューをどうぞ!

 ※昇格時に配属されていた神奈川・上野支局。左から一稀、一斗、幸一 (支局長)、拓実、弘樹、瑞穂 (一斗の部下)

■部下との関係構築

-昇格おめでとう~!彼女いるの?
【一斗】え? (笑)(笑) いきなりだな~、いませんけど…

-オッ!! 女性の皆様への朗報でした、今回のインタビューはこれにて…
【一斗】ちょ、ちょっと待ってください! もっと話させてくださいよ~! (笑)

-ごめんごめん、冗談です。ではでは気を取り直して、遂にMANAGERですね!
【一斗】はい、少しずつ実感が湧いてきています。

-昇格まで4ヵ月を振り返ってみてどう?
【一斗】そうですね、部下との関係性を構築することに1番苦労しました。もともと、団体行動が苦手で1人でいる時間の方が好きだったこともあって、誰かに四六時中関わることが考えられなくて。個人フェーズからマネジメントフェーズに入った時、このギャップに悶々としました。

■マネジメントで大切にしている姿勢

-どうやって改善していったのかな?
【一斗】自分の価値観を押し付けるのをやめました。自分はできたから相手もできるって最大のエゴで、マネジメントにおいて1番思ってはいけないことだと支局長の幸一さんに教えてもらい、ハッとしました。それを頭では分かっていたのにできてなかった…と思うと正直ショックで。じゃあどうすべきか幸一さんと話して、《自分は兄のような上司であるべきだ》 と気づきました。

 ※三浦代表のTwitterより引用。フォローもお忘れなく☆
→代表のTwitterはこちら

-兄のように、かぁ。
【一斗】そうですね。自分が兄の存在で、親は上司の幸一さん。そして弟は部下です。悩みって親に相談するより、中には兄弟に話したほうが本音で語れることってあるじゃないですか? それと一緒です。この傾聴の姿勢を大切にすることで、徐々に部下が本音で話してくれるようになりました。そうすると自然に問題解決も早くなり、支局全体の関係性もグンとよくなったと思います。

■上司として勉強していること

-それはいいね。最近MANAGERとして勉強にも専念してるんだよね?
【一斗】はい、数値の勉強を始めました。

-おぉ、例えば?
【一斗】これまで恥ずかしながら、自分のセンスを信じすぎていた部分がありました。第六感って言うのかな。でもそれって個人で見てもかなりリスキーなもので、フィーリングに頼りすぎると必ずどこかでつまずきます。そしてこれはアドバイスにならないですよね、なんとなくこう思うからとか曖昧過ぎますし。(笑)
マネジメントのフェーズに入るのであれば、数値に厳しくしようと山下さんに言われました。なので今では、空き時間に自分と部下のKPIなどをとことん見て数値を把握し、その数から課題点を発見して指導・改善できるように勉強しています。…まぁでも難しくてまだまだ教えてもらいながらですが。 (笑)

-それが今回の100万に成果として出たのかもね! (12月末時点で一斗は100万売上を達成していました。)
【一斗】もちろん周りの助けがあっての達成でした。でも個人的に気を付けていたのは、営業スタイルは変えないことです。売上が上下すると不安になって同僚の営業スタイルやとれている人を真似したくなりますが、ブレずに信じて継続し続けることがカギになります。

-次の目標はSECTION MANAGER、今の自分には何が必要だろう?
【一斗】数値の把握はもちろんですが、周りをよく見る余裕、あとはめげない気持ちだけです。もともとメンタルは激弱ですし、心が折れやすい性格でたくさんの方に迷惑をかけましたが、これまでの恩返しも込めて次は自分が全体を支えれるようにならなきゃなって思っています。

-いいね! では最後にメッセージをどうぞ。
【一斗】以前は、自分なんかが成長できるのか、マネジメントなんて雲の上の世界と思って半ば諦めていましたが、「こんな自分でも」できるんだと証明できました。結果は後から必ずついてくるものなので、まずは行動し継続しましょう!

-いいコメントじゃない~。
【一斗】ありがとうございます!頑張ります!

部下や先輩からも慕われ、人望が厚い一方、同じ支局からは「生活面をもっとしっかりしろ! (笑) 」と声も上がって来ています…彼もまだまだ改善の余地はありそうですね。(笑) 現状に甘んじることなく、向上心に溢れ学び続ける一斗の挑戦はまだまだ続きます!


→Click to Kazuto's Profile