DIARY 2019/02/26

研修生だって漫画を読みたーい!! リバラボ男子、おすすめコミックはこれだッ!!!―Daiki & Tenpeiの巻―

突然ですが大人の皆様、漫画は好きですか?

漫画は子どもの読み物で大人になったら卒業するもの…などというのはかなり古い考え方で、今や世代や性別を超えて広く読まれていますし、さらには≪クールジャパン≫と称賛されているように日本を飛び出して世界中の人々に愛されています。

少し古いデータにはなりますが、NTTコム リサーチが1,939名を対象に実施した「マンガに関するアンケート」の調査結果によると、15~44歳の男女75%が「マンガが好き」と回答しました。内訳をみると、男性で一番多い年齢層は25~29歳で全体の46.7%、女性は20~24歳が多く44.8%を占めました。

それでは、リバースラボはどうでしょう? プロジェクトには80名近いメンバーが参加し、圧倒的に20代が多いので、漫画好きも結構いるのではないかと容易に想像できます。
ってことで、思い立ったら行動あるのみ!! 白羽の矢が立った研修生に、オススメの一冊をご紹介してもらいましょう。千葉支局の大樹と静岡支局の天平です、2人とも後は任せたー!!

■Daikiの1冊/ブサイクの胸キュン・ストーリー♡

最初は大樹に登場してもらいましょう!! 大樹のオススメの1冊は…。

【大樹】恋愛漫画がマイブームですね。魅力? いいなーと思ってしまいます(笑)。
覚えているのは…何だっけ?俺なんとか…忘れてしまいました。普通の恋愛漫画ってイケメンが登場して、話が進むじゃないですか?
でもその漫画は違って、ブサイクで体がゴツイ奴(身長推定2m、体重推定120kg)が電車で痴漢に遭っていた女の子を助けたら、その女の子に一目惚れするっていう少し変わった(設定の)漫画です。

作品名が気になったので、へっぽこGoogle検索スキルをフルに活かして、なんとか正解を導き出してみました。

≪俺物語!!≫ 作画:アルコ 原作:河原和音
無敵の肉体と優しいハートの持ち主・剛田猛男。「俺物語!!」はそんな猛男が、不器用だけれどまっすぐな気持ちで、周りと一緒にハッピーになっていくハッピーなお話なのです。(引用元:集英社別冊マーガレットのWEBサイト)

大樹、これで合っていたかな?
2015年にはTVアニメ・映画化とメディア展開された人気作です!!!

※映画『俺物語!!』の予告編です。主演は鈴木亮平さん…って、我らが営業管理部の本部長ではありません…念のため。役作りのため、体重を30kg増やしたらしいです…。

「男性も少女漫画を読むのはあり?」
マイナビウーマンが実施したWEBアンケートで、≪あり≫と回答した人は69.2%にも上りました。
子どもの頃は周囲の目が気になったり、読むのが恥ずかしいと抵抗を感じることもあったとは思いますが、人生そこそこ歩んできて多少の図太さも出てきたことでしょう。

「青年たちよ、今こそ少女漫画に手を伸ばせ!!!」

…とは大袈裟ですが、いいじゃないですか! メンズだってキュンキュンしたいんです!! (笑)

■Tenpeiの1冊/元ブサイクの偽りだらけの転落ストーリー!!??

…ブサイク、続くなぁ… (´・ω・`)

次は天平が登場です!! SLAM DUNKが好きなことはインタビューでも度々ふれていますが、今回は何を紹介してくれるのでしょうか?

【天平】漫画を読むことは好きですね。人生の教訓が詰まっているので。
最近好きな漫画は、≪君は綺麗なアヒル≫の子って漫画です。主人公がブサイクでコンプレックスがあって、周りからイジメを受けるし両親からも虐待を受けて…暗い日々を過ごしていたんです。でも、大学に入ってからある美少女に出会って、その子から「整形しない?」って言われて整形するんです。そしたら人生が変わって。
でも、実はその美少女には主人公を落とすために近づいてきたって裏の部分があって、主人公は幸せの頂点から一気に突き落とされるんですね。

≪君は綺麗なアヒルの子≫ タナカトモ
醜い私よ、さよなら。整形で私はリセットする。 容姿が原因でいじめを受け両親にも虐待されてきた芹。ある日、芹は大学一の美女・誘花に声をかけられ、次第に仲良くなっていく。そんな時、芹の両親が火事で死亡、多額の保険金を手にするが、お金があってもこの容姿の限り人生は変わらないと嘆く芹に誘花は整形の提案をしてきて…(引用元:LINEマンガ)

ほおほお。

…ねぇ、ちょっと。
コレ、面白いの!!!??? Σ( ̄ロ ̄lll)

「でも、最後はハッピーですよ」と笑う天平。
コミックシーモアで確認すると平均評価:4.4で、レビューでは「終わり方が素晴らしいと思う」という投稿も確かにあったので、気になる方は読んでみるといいかもしれません。全5巻です。

さて今回はリバースラボの研修生 DaikiとTenpeiに、おすすめコミックを1冊ずつ紹介してもらいました。
いかがでしたか? 次回があるかどうかは反響次第ですが、これからも少しずついろいろな企画に挑戦していきたいと思います。
リバラボNEWS、これからもどうぞお楽しみに!!!