INTERVIEW 2020/02/08

「気がついたら、1か月で社員に負けないビジネス思考が身についていました」長期インターン生の妹尾さんが語る3Backsの魅力とは?

こんにちは、新米広報のたかなちゃんです!

3Backsのリアルな魅力を皆様にお届けする、社員インタビュー記事連載第8弾! 弊社唯一の長期インターン生、採用管理課の妹尾さんにお話を伺いました。

現在大学3年生で、日々学校・就活・アルバイトを両立しながら忙しく過ごしている妹尾さん。今回はそんな彼女に、弊社唯一の長期インターン生として、3Backsで働く魅力について語っていただきました。ぜひ最後までご覧ください!

■ Profile

妹尾 菜々子 
東京都出身。専修大学法学部に通う大学3年生。中学生の頃からホルンを始め、学生時代は吹奏楽部に所属し、練習漬けの日々。しかし2021年4月、持病の悪化により吹奏楽を続けることが困難に。その後アルバイトや就職活動に力を入れ始める中で、長期インターンに挑戦することを決意。そして2021年11月、3Backsにインターン生として入社。とにかく動物が好きで、一時期は動物園・水族館へ月1ペースで通っていたほど。オフィスデスクにはたくさんのペンギンのフィギュアが飾ってある。

持病の悪化により、吹奏楽という生きがいを失う。人生を変えたくて3Backsインターンへエントリー

ー 中高時代はどのように過ごされましたか?

吹奏楽部に所属し、毎日ひたすらホルンの練習に打ち込んでいました。高校3年からはさらに本格的に活動するため、一般の吹奏楽団に所属。大学入学後も真剣に楽団で活動を続けていましたが、ある日持病の関係で吹奏楽を続けることが困難になってしまい、2021年4月にやむなく退団することに...。人生の生きがいをなくしたことから、当時は本当にショックでしばらく家に引きこもっていましたね。

ー そこからどのように立ち直ったのですか?

引きこもっていたある日、親しい友人が「泣いていいよ」 と家まで励ましに来てくれたんです。その日はたくさん泣きましたね。その日友人に気持ちをさらけ出せたことで、気持ちが一気に前向きになりました。そして、逆に今回の出来事は新しいことを始めるきっかけにもなのでは、ということに気がつき、無事立ち直ることができたんです。

ー その後、弊社に入ったきっかけを教えてください

以降、新しく自分が挑戦できることを探す中で、自己成長に役立つだけでなく、就職活動にも活かせる長期インターンに挑戦する事に決めました。

そしてWantedlyでインターンを探している時、たまたま弊社オープンポジションでの求人を見つけました。事業内容やビジョンを読む中で、共感する部分が多かったため、エントリー。当時私の面接担当だった井上さんから、「人事が向いてるのでは?」 と提案いただき、採用管理課で働くこととなりました。

「社員並みの裁量◎、圧倒的なスピード感◎、シフト調整のしやすさ◎」 急成長したい全大学生におすすめのインターン

ー 現在の業務内容を教えてください

入社して2か月間は、主にエントリー頂いた方の架電対応やメッセージ対応、さらに採用課の方々のフォローや、来客者応対・入社書類の管理なども行っていましたね。2022年1月からは、新たに新規事業の立ち上げを担当しており、テレアポ営業や管理表の作成など、企業様とのやり取りも行っています。

ー 妹尾さんが考える、3Backsでインターンとして働く魅力は何でしょうか?

良い意味でインターン生を「学生だから」と特別扱いせずに、社員の方々と同じ業務を任せて頂ける点です。対求職者、対企業様とのお仕事も経験出来るため、普通の大学生では経験できないような責任ある仕事を経験することができ、自身の就職活動に活かせることも多くあります。

そして、何より3Backs社員の皆様の優しいお人柄! このおかげで、何もかも未経験だった大学生の私でも、壁を感じることなく楽しくお仕事させて頂いているんです。このような環境でスキルを身につけ成長できることに、日々本当に感謝しています。

ー 弊社は圧倒的なスピード感があることで知られていますが、初のインターンでこの雰囲気についていくのは、正直大変ではありませんでしたか?

実は面談時から人事の方々から「本当に大丈夫? 」 と何度も確認して頂いたので、相当な覚悟を持って入社しました。初めのうちはインプット量が莫大だったので大変でしたが、ノートを作るなど自分なりに工夫。毎日必死についていくように努力した結果、気がついたらこのスピード感に慣れていましたね。

現在は、このスピード感に対しては、大変というよりむしろ楽しいという印象を感じています。例えば、1番求職者の方に近い立場にいる私だからこそ言える提案をした際に、すぐその場で意見が採用され、数時間後には改善されたということがありました。初めは大変でしたが、その分このようにやりがいを感じる瞬間も多いので毎日すごく充実していて、楽しいです。

両立の秘訣は、社会人顔負けの“徹底したタスク管理”

ー 大学との両立状況はいかがでしょうか?

現在私は、インターンの他に週1でパン屋のアルバイト、母が経営してる美容室のお手伝いもしていますが、これまで両立に悩んだことはありません。弊社インターンは、完全シフト制、土日も勤務可能であるため、大学生は皆スケジュール調整がしやすいと思います。

ー 大学の他にもアルバイトや美容室のお手伝いまで...。両立は正直大変ではありませんか?

やはり就活によるスケジュール管理が1番大変ですね。しかし弊社では「明後日急に面接が入ってしまいました... 」 と突然言っても、皆さん嫌な顔一つせず柔軟に対応して下さるので、本当に助かっています。

両立する上で意識しているのは、徹底したタスク管理です。色々なことを両立しすぎていると、絶対に漏れが出てくるので、学校の課題や仕事の〆切など大事なことは、携帯のアプリで全て管理するようにしています。

ー 最後に読者、エントリーを迷っている方にメッセージをお願いします!

私は、人は誰しも“変わるきっかけ、変わるための環境、本人の強い意思” があれば、変わることができると思っています。弊社は、変わりたいと思っている方々と全力で向き合い、サポートしてくれるメンバーの下、思い切りチャレンジできる、人生を変えるのに最適な環境。こんな素敵な環境で、私と一緒に人生を変えてみませんか

初めはカジュアル面談なので、まずはお気軽に一歩踏み出して下さると嬉しいです。
皆様からのエントリー、お待ちしております!

他企業と比にならないほどのスピード感がある弊社。そんな弊社で妹尾さんは、誰よりも熱心にメモを取り、先回りして仕事を取りに行くなど、社員一同見習わざるを得ないくらいの積極性を発揮中。この彼女の姿勢からは、「絶対に成長し、人生を変えたい」 という強い意思を感じます。
次回は、採用課 課長の芝田さんのインタビュー。実面談1,000件を超える、実力派人事の彼が語る「3Backsで働くやりがい」とは? お楽しみに!