INTERVIEW 2019/02/06

【NEWCOMER INTERVIEW】Kauzkiに乾杯! 今君は人生の、大きな大きな舞台に立った!!!

リバースラボに長渕剛が現れた。
それが、広報部新人スタッフの第1印象でした。

車・バイク・酒が好きで、夢は世田谷あたりで広い庭がある一戸建てに住み、ガレージにはゲレンデ・ハーレーを並べ、眺めながら酒を飲むこと。
実にカッコイイ!! ぜひ、ギターも弾いていただきたいものです。

ちょっと変なテンションで申し訳ないのですが、NEWCOMER Kazukiのインタビューはじまります!!

■語り尽くせぬ 青春の日々

-え、人見知りなの?
【一稀】はい。

-初対面の人と話すのが苦手?
【一稀】はい。 

-今も緊張していたりする?
【一稀】はい。 

-……。
【一稀】……。

-さぁ、張り切ってインタビューやっていこう!!
【一稀】宜しくお願いします。

-では早速、一稀は子どもの頃、何になりたかった?
【一稀】プロ野球選手になりたかったですね…正直、高校時代までは目指していました。私立高校に特待生として入学して、始発に乗って朝練、学校の授業が終わってからも練習、10時からは自主練をして終電で帰るって毎日でしたね。

-うわ、いつ寝ていたの!?
【一稀】橋本から明大前まで京王線一本で50分くらいあったので、そこで寝ましたね。

-その学校の野球部は強かったの?
【一稀】中の上くらいですね。

-うーん、そっか。ポジションはどこ?
【一稀】セカンドですね。

-練習は辛かった?
【一稀】きつかったですね。何度も辞めたいと思いました。でも、逃げ出さずに3年間やりきったのは、自分にとって大きな自信になりました。

-でもプロ野球選手になるって夢は諦めたんだ?
【一稀】プロになるのは厳しいなって考えたことと、保育士か消防士の道に進みたいって希望があったので。

-…へぇー(長渕剛がいる保育園か…)。

■時には傷つき 時には喜び

-保育士を目指すってことは、子どもが好きなんだ?
【一稀】はい、好きです。自分には10歳年下の弟がいるんですが、一緒にお風呂に入ったりとか遊んだりとか、いろいろと面倒を見ていました。可愛くて(笑)、弟というよりはお父さんみたいな気持ちで接していますね。

-消防士は、何で??
【一稀】おじいちゃんが消防士なんです。でも、高校の頃は保育士になりたいって思いの方が強かったので、高校卒業後は保育関係の専門学校に進学しました。でも1年の時に実習があって幼稚園と保育園に行ったんですが、自分は先生になれる人間じゃないなって感じました。子どもが好きってだけじゃなれない、先生って難しいですよね…。

-うーん、確かに。
【一稀】それに消防士になりたいって夢も諦めることができなくて、そんな時におじいちゃんの訓練を見る機会があって、消防士になりたいって思いが強くなりました。
消防士の試験って年齢制限があって、大卒は26歳まで受けることができるんですけど、高卒は20歳までなんです。その時、19歳だったんで、自分にはチャンスが1回しか残されていませんでした。

-それで公務員試験に向けて勉強をはじめたんだ。
【一稀】はい。本当は専門学校に通いながら勉強ができればよかったんですが、勉強嫌いな自分には専門学校と公務員試験の勉強の両立ができなくて…専門学校を中退しました。公務員試験の対策をする塾みたいなところに通って、そこで猛勉強しました。

-でも、試験に落ちてしまった。…辛かったね。
【一稀】はい。1カ月くらい落ち込みましたね。昼まで寝て、夜にバイトに行って…そんな生活が続いて…。夢を叶えることができなくて、学歴も高卒までしかない、同世代への劣等感だけが残っていました。でも、このままじゃマズいなって思って、仕事を探しはじめました。

-そんな時にリバースラボのことを知った?
【一稀】エン転職で知りました。高卒でも大卒以上の給料が貰えるってところに魅かれました。

-これから2年間、リバースラボでの日々は大変だと思うけど、とりあえず今の自分に一番必要なものって何だと思う?
【一稀】積極性ですね。自分から話しかけることが苦手で、話しかけてもらっても上手く話すことができないので…もっと自分から積極的に話しかけていくことができればいいなと思います。

-よく営業職をやろうと思ったね(笑)。でも、一稀は優しそうだから、積極性を身につければいい営業マンになれると思うよ。頑張ってね!!
【一稀】ありがとうございます。

大卒以上の年収を手にすることができたら、まず購入したいのはロレックスのコスモグラフ デイトナ(150万~200万)!!
Kazukiの時計好きは、父親譲りとのこと。
腕時計はまだ入手していませんが、彼のキャリアの秒針は今まさに時を刻み始めました。
頑張れKazuki、遥か長い道のりを歩きはじめた君に幸せあれ!!!!


→Click to Kazuki's Profile