INTERVIEW 2020/04/09

【NEWCOMER INTERVIEW】真実は、いつも一つ!? 諦めてた夢と成功をもう一度手に入れるべく、28歳の元探偵・Ryosuke がリバラボで再スタート

 こんにちは、リバラボ広報部のきこりんです。

 「浮気してるかしてないか、すぐ見抜けますよ! 」といとも簡単そうに語るのは、去年の10月にリバラボにジョインした、元探偵の亮介。
 普段は明るく笑顔が絶えない彼ですが、1年半の闘病生活、大学中退、そして母親の失踪と波乱万丈な人生を送り、このリバースラボまでたどり着きました。

 苦労が多かった彼を突き動かし続けるものとは? これまでの亮介の歩みと共に、深堀していきましょう!

■Ryosuke's Profile

年齢:28歳/出身地:福島県/最終学歴:大学中退
長所:洞察力/短所:身体が弱い
趣味:少林寺拳法、映画鑑賞
前職:探偵 (5年)



-まずは…インタビュー遅れてごめんなさい! (笑)
【亮介】いやいや、全然いいですよ! 入社10月ってことは…あれ、いつの間にか6ヵ月も経ってますね?!

-時は過ぎるのが早いですね。名探偵と聞いてるので、インタビューとても楽しみにしてましたよ~!

■突然の母の失踪と探偵への憧れ

-大学を中退してしまった理由は何でしょう?
【亮介】
 少し遡るのですが、自分は福島県に住んでいて、2011年の東北大震災をもろに受けました。大学4年生の時です。それまで不自由なく過ごしていたのですが、放射能の影響で甲状腺機能低下症を発症し、1年半の闘病生活を強いられました。てんかんに近い症状が出るので車の運転、電車に乗るのもダメで、自宅に軟禁状態が続き、本当にしんどかったですね。それが原因で大学も中退してしましました。

-それは…すごく大変でしたね。それから?
【亮介】
 母が失踪しました。(笑) 治療で3~4か月くらい家にいた時、母が突然出ていったんです。もともと4人家族ですが、妹が就職して出たので、いきなり父と二人だけの生活になって最初は混乱しました。
 色んな人に聞いても全く見つからず、途方に暮れている時に父が探偵を雇ったんです。するとそこから1週間で見つかって(笑) 拍子抜けしましたよ、そんな早く見つかんの?! って。色々ありましたが、母も元気に戻ってきて良かったですが、この出来事がきっかけで探偵になろうと心を決めました。

-でもなぜ、「探偵」に?
【亮介】
 幼い時から人の役に立つことがとても好きで、大学も自分が「子供たちを勉強の面から助けれたら」と思って教育学部に進んだくらいです。中退して教師になる夢は散りましたが、こんな形で人の役に立てるなら、探偵は天職だ! と思ったんです。

■お酒とお金に溺れる日々

-そして探偵になるべく、上京したんですよね。
【亮介】
 はい、トランク1個抱えて上京し探偵会社に勤めました。主に浮気調査、行方不明調査、企業調査に携わりました。

-浮気調査…キニナル…その人が浮気してるか否かすぐ分かるって本当ですか?
【亮介】
 まぁ、本当です。(笑) 30分もあればその人の性格から癖、隠し事してるかどうかも分かりますね。

-え! どうやって見抜くか教えてください!
【亮介】
 えぇ?! きこりんさんには教えますけど、気になる方は直接自分に聞いて下さい☆

 (きこりんはバッチリ教えてもらいました! ☆)

-…話を戻して。(笑) 5年も探偵としてやったのになぜ辞めたのでしょう?
【亮介】
 完全に自分の惰性です。5年もしているともちろん仕事も慣れてきて、立場も上になっていきました。現場にはあまり出ず、下に指示ばかりを出して動かなくなる、典型的な嫌な上司ですよね。そしてお酒やお金に溺れていき、なんとなく、まぁこのまま独立しても上手くやって行けるだろうし、辞めちゃえ! となった流れです。今考えると甘すぎたと思います。そして離れるともちろん独立するだけのスキルも力もなく…。

-婚約者の両親にもノーと言われたと。
【亮介】
 そうです。「職業は探偵です」といったら、危ない仕事ではないのか? そんな不安定な人に娘はあげれないと反対されました。じゃあどうしよう? 彼女を本気で幸せにしてあげるにはどうすれば? と考えた時に、スキルと実績を身につけてあちらのご両親にも安心してもらおうと思ったわけです。そしてリバラボ人事の侑弥さんに出会い、晴れて10月から研修生として入社することになりました。

■これから絶対叶えたいこと

-リバラボでは新規事業部に配属されましたね! 6ヵ月経って、どうですか?
【亮介】
 身体が人より少し弱いのですが、そんな自分にも気を遣ってくれる優しいメンバーばかりです。自分は寮に住んでいないので、最初はワイワイとした青春みたいな寮の雰囲気に嫉妬しました(笑) 楽しそうだな、いいな~って。
 でもこの間、初めて寮に3泊4日お泊りに行ったんです。そしたら皆が「亮介が来るぞー! 」って張り切ってご飯を用意して食卓を囲んでくれて。こんなに温かく迎えてくれるんだ、リバラボはメンバー一人一人を本当の家族のように接してくれるんだと感動して泣きそうでしたよ。(笑)

 ※配属先の事業部メンバー。左から涼太、大悟、信幸、亮介、拓夢、広陸

-絆が深まりますね。仕事ではやりがいなどありますか?
【亮介】
 人の役に立つ仕事がしたいとさっきも言いましたが、今の事業もお客様の生活をより良いものにできるようにご提案するものなので、自分の根底にある思いとマッチしていて楽しいです。もちろん辛いことや大変なこともありますが、メンバーに助けられながら頑張っています。
 自分は勝手に同じ事業部の拓夢さんをライバルとして見ています。(笑) 今は彼が統括主任ですが、早くその役職に就きたいです、いや、自分しかいないと思います! 闘志を燃やしながら、そして事業部一丸となって取り組んでいます。

-これから2年間で亮介が叶えたいことって何でしょうか?
【亮介】
 最終的な目標は。一度諦めた探偵事務所の設立をもう一度頑張りたいです。そのために自分に無かったコミュニケーションスキルや営業力をここで培っています。そして婚約者と共に幸せな家庭を築きます。いつか自分が「佐藤探偵事務所」を設立したら、皆ぜひいつでも頼ってくださいね、相談無料で受け付けます。(笑)

-とても面白くてワクワクする話をありがとう! これからも頑張ってね!

アンケートの最後は、『キラキラしていた、毎日を大切にしていたあの時の輝きを取り戻す! 』と締めくくっていた亮介。
彼の本気の再挑戦を、ぜひ温かく見守ってください!


→Click to Ryosuke's Profile

オンライン面談受付中