INTERVIEW 2019/02/04

【NEWCOMER INTERVIEW】Ayatoの誓い「大卒に負けない」/リバラボのビジョンに共感し、今スタートラインに立つ!!

2019年1月にリバースラボに参加した新人研修生は4名。
まず最初に皆様にご紹介するのは、28歳のAyatoです。
彼はどのような後悔を抱え、どのようにキャリアをRebirthしたいのか?
成り上がるために今第一歩を踏み出した、Ayatoのインタビューをお届けします。

■Ayatoの後悔「若さでは勝てない」/8年の隔たりは大きく…

-それでは皆様、本日は2019年1月にリバースラボに参加した文人をご紹介します。
へぇー、文人って書いて…アヤトって読むんだ。
【文人】はい! 人をイジるのもイジられるのも好きなアヤトです。アヤちゃんって呼んでください!

-……いえ、文人って呼ばせてください。文人って28歳だっけ?
【文人】はい。同期の諒太も29歳と近いんですけど、一稀は20歳で拓斗は19歳なので、2人の若さが本当に羨ましいです! いやー、私が8年前だったらもっとやれていたと思うんですよ。

-…。(28歳も十分若いと思うのだけど…)
【文人】歳のせいにするのは申し訳ないんですけど、20歳の頃とかって丸一日寝なくても全然余裕だったんですよ。もうこの歳になると、寝ないことがとても辛くて、体も重くなりますし…呂律も回らなくなりますし…。

-…えっと、文人の長所は?
【文人】積極的で行動力があると思います。

-…うん、今まさに積極さに圧倒されている最中な気がする。それにしても、君の顔はどこかで見たような気がする…。うーん、芸能人で誰かに似ているって言われたことない?
【文人】最近、バカリズムって言われましたね(笑)。笑った顔がバカリズムって!

-あ、言われてみれば似ているかも(笑)。 それでは、ここからは文人がリバースラボに参加するまでを追ってみよう。

■Ayatoの決意「友人たちに負けない」/学歴・職歴の壁に阻まれ…

-これまでの人生で最大の失敗って何?
【文人】大学受験ですね。高校時代ろくに勉強もしないで、学校も休むことがあったので当然推薦は無理で、第1・第2志望は落ちてしまって、やっと第3志望の大学に受かりました。
私は人生の中で何かに熱中したことがなくて、何でも中途半端に終わらせてしまうところがありました。はじまった大学生活でも、第3志望の大学だったというのもあるのかもしれないのですが、自分に甘い部分が出てきてしまって、結局課題の提出が間に合わなくて必修科目を落として留年が決定、でもお金がなかったので2年の時中退しました。

-その後は、何をやっていたの?
【文人】大学の時にやっていたゲームセンターのバイトを、そのまま続けていました。ただ、周囲が就職してしっかり働いている中で不安も出てきて、25歳の時に就職先を真剣に探しはじめました。

-25歳って、ちょっとした分かれ道だよねー。就職する人・フリーターで働く人、結婚する人しない人とか。それで、どんな仕事に就いたの?
【文人】設備の施工管理ですね、給排水やガスの。ハウスメーカーから依頼された物件に対して見積もりを出したり、職人を手配したり、現場や工程の管理をしていました。

-5年くらいフリーターをやった後だと、結構苦労したんじゃない?
【文人】忙しかったですね…覚えることも多かったですし。それでも2年目まではひたすら頑張って、年収も入社時と比べて1.5倍まで上げることができました。でも、4年にもなると体力的にも気持ち的にも仕事を続けていくのは難しいっていうのが分かってきました。

-というと?
【文人】就職したのが25歳、大学を卒業した友人たちも2年前から働き始めていたんです。学歴ばかりじゃなくて、年収という実績の面でも差が開いていました。このまま働き続けていても学歴と職歴の差を埋めることはできないし、年収的にも立場的にも中小企業の一社員にしかなれないことを思い知らされました。
私が大卒の友人たちに勝つには、起業するかしかない…そう考えました。そんな時に、転職サイトでリバースラボのことを知りました。

-どんなところに魅かれた?
【文人】「大卒に負けない」ってコピーですね。ここの面接って、ちょっと特殊じゃないですか? 紙に書きだしたりして、今までの自分ってどうだったんだろう? って自分と向き合う。
私も自分の28年間って何だったんだろうって考えた時に、「中身ってないんじゃないかな」って思ったんです。もしもこのまま歳をとって自分が死ぬ時に、それなりに苦労してきたこととかあるかもしれないですけど、何か思い出せるかな? って、その時自分がまだ何にも本気で取り組んでいないことに気づいたんです。
「本気で取り組まないと成り上がることはできないんだ」って理解した瞬間、リバースラボへの参加を決意しました。

■Ayatoの夢「体育会系に負けない」/そしてリバラボの日々がはじまった…

-それで研修がはじまったんだね。かなり体育会系でしょう?(笑)
【文人】そうですね。想像以上だというのはあります(笑)。私は体育会系、個人的に怖いなって印象があって…。

-でも、文人だって中学時代は陸上部だったよね?
【文人】いや、ここまでは(笑)。ここって、野球部っぽくないですか? 声出しとか(笑)。

-うん、だねー! ところで、寮生活の方はどう?
【文人】驚きましたね、寮ってこんな感じなのか! って。1部屋に1人ってイメージを持っていたので、1部屋に2・3人が普通みたいな感じで衝撃を受けました(笑)。

-慣れない環境で大変だろうけど、将来的にこんな自分になってやるって目標はある?
【文人】私はリバースラボの役員になって、最終的には起業するというのが目標があります。この目標に向かって、今度こそ中途半端にしないで突き進んで必ず成し遂げます。
まずは1年でSECTION MANAGERになって、人事部に異動したいですね。それから1年で役員になって、経営を学びながら自分の会社を立ち上げる。そして、結婚してタワーマンションに住む、このすべてを手に入れたいです。

-文人が結婚相手に望むものって何?
【文人】うーん、こんな自分でも寄り添ってくれる人ですかね。顔だけで言えば…桜井日奈子と可愛いと思います(笑)。

スキューバダイビング・サッカー観戦・フットサル・カラオケなど、多趣味なAyato。
スキューバダイビングはライセンスを所持しているとのこと、暖かくなったらまた潜りたいと顔を輝かせながら話してくれました。
いろいろな側面を見せるNEWCOMER Ayato、その内面的な成長にも皆様ぜひご注目ください!!


→Click to Ayato's Profile