DIARY 2020/02/21

☆★INTERVIEW ranKING―インタビュー王はオレだ!! 12・1月期BEST3発表!!―★☆

皆様、こんにちは!広報部スタッフです。
今年は暖冬と聞いていたものの、東京では日中の気温が18度くらいまで上がるなど、もはや冬とはいえないのでは?とツッコミをいれたくなるような陽気が続きます。
そういえば、2月6日には南極でも18度と過去最高気温の記録を更新したようです。世界一寒い場所が、東京と同じくらいの気温って、想像できないですよね。大丈夫か、地球!?

温暖化は困ったものですが、熱ければ熱いほど良しとされるところが、我らのリバラボです!(あ、もちろんクールな子もいるのでご安心を) 彼らが体験したさまざまなドラマが熱く語られるインタビューですが、ここで気になるのは誰の記事が一番読まれているのか、というところではないでしょうか?
そんな皆様の期待にお応えしてご用意したのが、本日お届けするリバラボNEWSになります。

ババンッ!!(※効果音)

☆★INTERVIEW ranKING―インタビュー王はオレだ!!―★☆

閲覧数が多かった上位3名をランキング形式でご紹介しようというのが、この企画の趣旨となっています。
年末から年始にかけて公開されたインタビューを対象に、31日分のアクセス数を集計しました。
さぁ、ランキングを制するのは誰のインタビューでしょうか!!?? 気になる結果を発表していきましょう!

まずは、第3位です!

■第3位 【LEADER INTERVIEW】いつか、王者は返り咲く/期待を背負う≪覚悟≫のプレイヤー Hirotoと支局に与えられた10月の試練

URL:https://rebirthlab.com/member/20191203/

神奈川支局の不屈のプレイヤー寛斗が、埼玉西支局時代に果たしたLEADER昇格。その喜びを語ったインタビューが3位にランクインしました!

9月には全支局中No.1の売り上げをはじき出し、10月は新人2名を迎えて好調なスタートを切ったはずの埼玉西でしたが、歯車がうまく噛み合わず転落の一途をたどりはじめます。
雰囲気が悪化する中、唯一昇格の可能性が残されていた寛斗を上げるべく結束する支局のメンバーたちと、期待をすべて背負って立ち上がった寛斗の奮闘が描かれています。

そんな寛斗から、コメントが届いていますよ!

「3位か。1位かと思ってました…」

テンション、低ッ!!!! Σ( ̄Д ̄||||)
他にないの!!!???

「えっと、これからの記事というのは、昇格しなければ絶対にこないと思うので、できるだけ早く記事を書いてもらえるように、そして次こそ1位を取るため昇格目指して突っ走ります!」

おぅ、突っ走ってくれいッ!!
(๑•̀ㅂ•́)و✧

ちなみにこの昇格ストーリーには裏話があります。
残り2日で6万の売り上げを取らなければいけなかったところを、寛斗は初日になんとズッコケてしまいます。
でも、逆境をはねのけるのが彼の持ち味!ほぼ0の状態から、最終日で6.5万の売り上げを取ってきました!すごいぜ、寛斗!!

さてさて、ランキング続いて第2位をご紹介します!!

■第2位 【卒業INTERVIEW】Another Rebirth Story HAYATO―1000万の器を求める追求者がリバースラボに残した≪文化≫―

URL:https://rebirthlab.com/news/20191202/

リバラボのプロジェクトの骨格を作り、研修生たちの導き手となった元営業本部 山崎勇人課長の卒業インタビューが第2位を獲得!!

彼の持ち味は山崎イズムとも呼ぶべき、特徴的な語彙のセンスとレクチャー手法ではないでしょうか?
インタビューでは、彼が樹立した記録を研修生たちが目指す、この積み重ねがリバラボの文化を育んだことが紹介されました。

現在は3Backsを退職し、外部企業で新たなキャリアを歩む彼ですが、もちろんコメントにも協力してもらいましたよ。それが、こちら!

「いきなり"2位でしたよ!"って、連絡がきた時はビックリしました(笑)。でも、こういう形で残れたのは嬉しいですね」

いえいえ、こちらこそありがとうございました!
ところで、新しい職場ではどのようなことをしているのでしょうか?

「僕は今、リバラボの皆と同じくらいの年齢の子たちと営業で競ってます。もちろん、1位を目指してますよ!!
今勤めてる会社は半年の営業成績を見るので、評価されるのに最低でも半年かかるんですよ。でも、リバラボでは1か月評価でやっていることを考えると、月単位で人生変えられるリバラボのスピード感ってすげーな!って思います(笑)。
たまに"MEMBERになりました!"って個人的に連絡をくれたりする子もいて、すごく嬉しいですし、そういう報告を聞くと自分ももっとがんばらなくちゃなって思います。お互い今を大事にしながら、目の前の課題に取り組んでいきましょう!」

さすがリバラボの功績者。
コメントもしっかりまとめてくれました!
ありがとうございますm(_ _)m

さぁ、白熱するランキングも、残すは第1位の発表を残すのみとなりました!
ランキングを制したのは誰でしょうか!?

ダララララララララララララララララララララ、バン!!! (※ドラムロール)

■第1位 【CHIEF MANAGER INTERVIEW】マネジメントとは、夢よりも地獄を一緒に見ること/覚悟と熱量の支局長 Syokiの1年と、たどり着いた究極のマネジメント論!!

URL:https://rebirthlab.com/member/20191213/

静岡支局の支局長 翔輝です!!
CHIEF MANAGER昇格インタビューが、見事第1位に輝きました!!

☆1位☆キターーーー!! ありがとうございます!!!!
最近では、両親・地元の友だち・前職の同僚・クライアントの担当の方や、あとは街ゆく人にも声をかけられたりかけられなかったりと、いろいろあるのですが、本当にたくさんの人が見ているんだなと実感してます。
これからも皆様の期待や応援に応えられるようにがんばります!
バッチコーーーイ!!

 ※侑弥(右)とのツーショット。この運命の出会いが、翔輝をリバラボにつなげました。

コメントもキレッキレの翔輝ですが、リバラボにジョインして1年が過ぎた今、変わったと実感するのは≪意識≫だと言います。

「最初は、とにかくガキでしたね。他人をなめていました。
もちろん誰かをすごいと思うことはあったのですが、今ほどリスペクトできるかというと、そうじゃなかったですね。今の方が単純に相手をすごいと認めることができます。
自分の実力を知っていたので、ここでもある程度の結果を出すことができるだろうなとは思っていました。
でも、ここには自分以上にできる人がメチャクチャいましたし、自分より下の子にも自分以上に長けている部分がありました。売り上げを取ることができなくても、地道にコツコツと継続してやっている人っていますよね。すごいです。
そういう部分に自然と目がいくようになったところが、一番変わったところじゃないでしょうか」

そして迎えた2020年1月、翔輝はSECTION MANAGER昇格を果たします。

すごいぜ、翔輝!!! 絶好調!!!
どんな苦難もバッチコーーーイ!! L(・∀・L)

ただ真面目な話、彼はこれからもっと大きな試練を迎えることでしょう。
それを乗り越えた瞬間、彼の器はもう一回り大きくなるはずなので、昇格インタビューをお届けするのはもう少し先の機会にしたいと思います。

そうそう、余談ですが友基から贈られた本はまだ空けていないとのこと。
その理由は、「まだ、その時じゃないと思うから」
ラッピングされた本をお守りに、さらなる高みを目指していこう。
翔輝に光あれ!!!!!!

さて、12・1月期のINTERVIEW ranKINGをお届けしてきましたが、いかがでしたか?
どのインタビューも読みごたえがあるので、読み逃しのある方はぜひチェックしてみてくださいね!!
リバラボNEWSではこれからも、インタビューだけでなく、さまざなまアプローチで研修生たちの魅力を伝えていく予定なので、次回のリバラボNEWSもどうぞお楽しみにお待ちください!!!

オンライン面談受付中