INTERVIEW 2019/06/28

【LEADER INTERVIEW】いや〜こっからだな〜、いや〜間違いない!! 歌って取れる静岡の名プレイヤー Ayato、定期預金で実感した信頼をバネにただ今成長中!!

強烈な個性を放つ2019年1月参加の研修生Ayato。
やる気こそあったものの芽が出るまでは少々時間を要した彼が、その才能を見事に開花させたのが静岡支局でした。
支局への愛が止まらないAyatoが、日々どのようなことを考えながら成長していったのか、詳しく話を聞いていこうと思います。

■Ayato、6月期決起会ピックアップトークから

※6月期決起会のピックアップトークで話をする文人でしたが、トークの合間合間で挿入された録音音源に苦笑いを浮かべ思わず中断。音源はカラオケで熱唱する文人でした。歌が大好きな文人、普段からよく歌っているようです。

「静岡支局に配属されてすぐに上がれた訳じゃありません。でも、ここには本当にすごいプレイヤーばかりいて、ひたすら吸収する毎日でした。自分の強みは何だろうって考えて、吸収できるところは吸収して自分の強いところは伸ばしていく、こいつ面白いことやっているなと思ったら自分もやってみる、ただそれだけのことで状態はよくなっていきました。自分もこれで100万を取りました。皆さんもぜひやってみてくださいね」

-静岡支局の魅力ってどんなところにあると思う?
【文人】個の力がすごいところですね!!! 1人1人が実力者だと思いますし、このメンバーといたら相乗効果で伸びるんじゃないかなって思っています。実際に、1カ月しかいないのにすごく成長できた気がしますし(笑)。

※で、犯人は同じ支局の上司 秀明・友基コンビとのこと(笑)。秀明は動画撮影をしながら、大爆笑していました。

■勢いで達成した連月の昇格

-MEMBERに昇格した4月にLEADERに昇格した5月と、トントン拍子で昇格してる文人だけど、この1カ月にはどんな印象を持っているかな?
【文人】走り切ったなーというのと、100万達成したな―の2つですね。MEMBER昇格の勢いにのったまま、LEADERを取りにいけたので順調だなという印象をもっていますね。

-勢いにのるきかっけとなる出来事があったと聞いているけど?
【文人】あぁ、定期預金の話ですね(笑)。

-何それ?
【文人】この会社に入った時に自分は結構貯金があったんですよ、400万以上あったかな。「そういうところで精神的に余裕があるから、お前取れないんじゃない?」って安藤さんに言われて、お金を全部遣っちゃうか… でもそれだとさすがに可哀そうだから定期預金にしようかって話になって(笑)、2年満期で預け入れました。

-荒療治だなぁ(笑)。それで踏ん切りがついた感じかな?
【文人】定期預金で踏ん切りがついたというよりは、こんな自分に期待してくれていることが嬉しかったんです。自分だったら取れると信じてくれる人がいるのだから、今のままじゃダメだなって思いました。

-そっか。ここまで周りに期待されていたの初めてだった?
【文人】うーん、過去にも期待をされたことはあったのでしょうけど、自分が周りの期待に応えようとしていなかったですね。

-で、貯金を預け入れてから、そこから売り上げが取れるようになってきたのかな?
【文人】そうですね。そこから意識が変わってきました。別に行動を変えたとか、具体的に何かをしたかというと、そういう感じじゃなくて本当にちょっとした意識の変化だったと思うんです。
そもそも自分は苦手なお客様ばかりで、得意なお客様があまりいなかったんです。だから自分の取れる相手を増やすつもりで、取りに行く姿勢みたいなものを見直したりしました。そしたら以前はそんなに取ることができなかった主婦の方とかからも契約が取れるようになってきて、確実に幅は広がってきたなって気はしていますね。

-文人がリバースラボに参加したのが今年の1月だけど、1番変わったところってどんなところだと思う?
【文人】自分は成長意欲がある方だと思っていたのですが、思ったよりなかったなってことに最近気づきました。現状に満足している自分に気づいて、でもそれじゃダメだな全然変わってないじゃんって思ってからは変わる努力をするようになりました。でも結局のところ、やっぱり意識的なところしか変わってないですね。

■調子が悪い時にこそ、プレイヤーの真価が問われる!!

-プレイヤーって取れる時と取れない時で波があると思うけど、文人は調子が良い時と悪い時、気分が上下しやすいタイプ?
【文人】結構激しく上下するタイプだと思います。調子が悪いと、結構落としたりとかしていましたね。最近は安定してきたので、状態が悪くても取れないってことはなくなりましたけど。
状態ってそんなに深く考えない方がいいと思うんです。調子が良い時悪い時なんていっぱいありますし、自分はずっと良い状態を続けている人間なんていないって思っています。だから調子が良い状態に無理矢理もっていこうというよりは、今調子が悪いなって考えないようにしています。先月も急激に落としたかと思えば、次の日にはガッと上がったりしたので、悪い意識を持続させないことが大切なんじゃないかって感じています。

-ふむふむ。この仕事に対してはどんな印象をもっている?
【文人】この仕事は全然好きじゃないですね。嘘なんて言ったってしょうがないので、はっきりと言いますけど。正直、クライアントと契約してもらったというより、自分が相手だから契約してもらえたと思っています。だから、実際にお客様から「君だから契約するんだよ」って言われた時は、メチャクチャ嬉しかったですね。逃げたくなったこと? 何度もありますよ。いちいち数えてません。電車に乗ってる時にとか、「このまま家まで帰ろうかな」とか今でもよく思いますよ。

-実際にこの仕事は辛いしね。そこからどうやって立ち直ったの?
【文人】この数ヶ月を無駄にしたみたいな感じで終われる訳ないじゃないですか。自分は上に上がることができる、自分の目標に到達することができる人間だと信じています。期待してくれる人達もいるので、このままでは絶対に終われないです。静岡支局のメンバーや、「お前なら、絶対取れる」と信じてくれた玲央奈さん、千葉支局の時にお世話になった駿悟さん、多くの人たちに感謝してます。

-これから挑戦したいことって、何かある?
【文人】いやもう、連月100万を達成して部下をつけないと役職を上げることができないので、まずはそこですね。あとマネジメントにも興味があるので、部下が欲しいですね。静岡支局のメンバーって、メンバーごとに得意としているタイプのお客様がいるんです。たとえば、友基さんだったら、よく外国の方から契約を取ってきたりしますし…。そういう強みをメンバーたちからもっと吸収して、いつか自分の下につく部下たちに還元していきたいですね。そうすればもっと強い組織になりますよね、静岡支局。自分は法人営業が得意なのですが、事業所とかも契約することができればすごく大きいので、そういうノウハウも教えていきたいと思います。

-あ、そうなんだ。文人は法人営業は得意なの?
【文人】先月、事業所の契約件数だけ見れば自分が1番取ってきていますよ。1カ月で36カ所から契約を取ってきているので、つまり1日1本以上取ってきているってことになりますよね。これは3Backsでは自分しか達成していない記録です。自分は将来起業したいという夢があるので、こういうBtoBの実績はこれから先も役立つものだと自信をもっています。

目標だった100万を達成し、目指すは連月100万の売り上げを達成し部下をもつこと。
MANAGER昇格、そしてさらなる先へと、Ayatoの進化はこんなものでは終わりません。
「いや〜こっからだな〜、いや〜間違いない!!」、そう呟くAyatoの声が聞こえたような気がしました。


→Click to Ayato's Profile