INTERVIEW 2019/06/27

【MANAGER INTERVIEW】1年越しで誕生した100万プレイヤーTomokiが伝えたいこと/地道な積み重ねと、素直さに勝る武器はなし!!!

DJとして有名になりたい! 自分のCLUBを作りたい!! という夢を抱いて上京したTomoki。
2019年5月の決起会で、念願のMANAGER昇格が伝えられました。
REBIRTH LABに参加して1年という節目に掴んだ昇格を、彼はどのように感じているのでしょうか?
少しだけご無沙汰しています、Tomoki満を持しての登場です!!!

■100万プレイヤーTomokiが誕生するまでの積み重ね

-MANAGER昇格、おめでとう!! まずは昇格の喜びの声から聞いていこうかな。
【友基】ありがとうございます!! 部下を持ってから4カ月、頑張ってようやく昇格できたのでとても嬉しいです。
4月末の段階で部下の翔輝文人の昇格とチームの売り上げ条件をクリアしていたので、自身の売り上げ100万円というところだけが課題として残っていました。でも2日残したところで達成することができたので、MANAGER昇格が確定しました。昇格はもちろん嬉しかったのですが、入社してから今までずっと100万円を取ったことがなかったので、そのことが本当に嬉しかったですね。

-じゃぁ、1年越しの100万プレイヤーが誕生した、その歩みを振り返っていくね。昇格に時間がかかった理由をどう分析している?
【友基】自分がプレイヤーとして成長するまで時間がかかったこと、とくにどうしたら売り上げを取ることができるのかというコツを掴むまで時間がかかりました。
今までいろいろな人の下についてきて、そのやり方を真似してきたんですけど、どれを真似しても100万に届かなかったんです。最後、玲央奈さんが支局長になって、その下で働いているうちにどうやったらいいのかやっと分かった感じですね。

※DJブースでミキサーを操作する友基。表情は真剣そのもの!! 決起会は三浦代表がDJを担当することがほとんどですが、こんな風に友基が立つこともたまにあります。

-そうなんだ。玲央奈から何か特別なことを教わったの?
【友基】いえ、玲央奈さんから特別に何かがあったという訳ではなくて、玲央奈さんから得たもの、そしてこれまで尊敬してきた上司たちから得てきたものが、このタイミングでやっと形になったって感じです。いろいろな人のやり方を見ていて共通していたのは、それぞれやり方は違っていても、スピード感を大切にしているなってことでした。だから僕もスピード感を意識するようにしました。そしたら100万に届いたって感じですかね。

-スピード感を意識するって、具体的にどのようなことをやるの?
【友基】自分は売り上げが安定しないという欠点があって、凹んだら引きずる傾向がありました。スピード感を大切にするようになってからは、売り上げではなくて訪問件数だけに注目するとか… 目標を切り替えるようにしたんです。ひたすら訪問していれば契約は取れるはずなので、まぁ、確率なので当然取れない日もあるんですが、それは確率の問題なのでどうしようもない、でも訪問しないことには契約は取れないので設定された目標件数だけはしっかり達成しようって。数を稼げば、結果はついてくるのでーそういう意識をもつようにしました。

-たくさんの上司から吸収したものを少しずつ自分の中に蓄積していって、そのスタイルが確立されたんだね。
【友基】そうですね。あと部下に学ばされることも多かったですね。

-というと?
【友基】僕につく部下って僕よりも売り上げを取ってくる子が多くて、そういうところでは部下のやり方がすごく勉強になったんです。
あとは上司の悪いところって部下も真似してしまうことが多いので、部下が悪いことをやっていたら、それは自分が無意識にやっていることだったりするんです。そういうところが、自分のことを見直すきっかけになって成長することができました。部下のお手本になるような人間にならないとって、いつも思っていますね。

-そっか、そうやって部下から学ぶんだねー。ところで100万を目指す研修生たちにアドバイスするとしたら、達成した先輩としてどんな言葉をかける?
【友基】うーん、そうですね… 教えてもらったことは素直に聞いて実行して、実行した上でこれが良いか悪いか、合うか合わないかを判断すればいいと思います。一番大事なのは、実際に言われたことは一度試してみることじゃないでしょうか。自分のやり方にこだわらないでください、って感じですかね。

■Tomokiチームの魅力/彼を支える心強い仲間たち

-静岡支局って、どんな雰囲気?
【友基】他の誰よりも売り上げを取ってやる! という空気で満ち溢れているのが、静岡支局の特徴ではないでしょうか。この空気感は、どの支局にも負けません。

-ふむふむ。確かに取れている子が多い印象があるなぁ。
【友基】そうですね。もともとポテンシャルが高い子が集まっているということもあるんですけど、その子の長所やポテンシャルをより伸ばすように育てているので、そこは僕の腕もあるのかなって思いますね(笑)。

-それじゃぁ、友基チームのメンバーを紹介してもらおうかな。まずは文人から!
【友基】4月から僕の下についている子です。チャームポイントはエラですかね! やる気とポテンシャルの塊で、足が生えて歩いている感じです(笑)。
毎日電話したり、Bluetoothで繋がって状態を報告してもらったり、あとは事務所に戻った後でしっかりと振り返りをして、どこが良かったのか悪かったのかなど互いの認識を共有しています。こうやって日々改善中です。

-翔輝は?
【友基】翔輝は一緒にカラオケに行ったらなぜか必ず布施明を歌うんですが、とても楽しそうに歌うんです。そこが魅力ですね(笑)。

-そういえば彼は初めて部下がついたよね。マネジメント、頑張っている?
【友基】敬太のことですね。メチャクチャ頑張っていますよ。翔輝は面倒見がいい奴ですし、彼自身売り上げが取れるので、敬太に対する影響とかは大きいのかなって思います。

-実際に敬太は5月に100万を達成しているよね。
【友基】そうですね。彼は性格は控えめなのですが、とにかくセンスの塊です!! 吸収力が半端ないし、本当にすごいと思います。

-そうやって部下がどんどん頼もしく育っている訳だけど、やっぱり自分のチームが褒められるのは嬉しいよね?
【友基】そうですね。チームの調子がいい時に褒められたりすると、やっぱり嬉しいですよね(笑)。

※2018年4月から友基と一緒にREBIRTH LABに参加している同期たち。支局は異なっても、互いに意識しながら高め合う良い関係を築いています。

自分が育てた部下たちとともに築き上げた愛着のあるチーム。
熱量溢れる静岡支局を牽引するTomokiは、支局に不可欠な存在へと成長を遂げました。
この勢いで彼はどこまで上りつめていくのでしょうか?
Tomokiと静岡支局メンバーたちのさらなる躍進に期待が集まります。


→Click to Tomoki's Profile