転職活動に最適なタイミングとは?年齢やケース別のポイントを解説

転職を検討している場合、どのタイミングで転職して良いのか迷いがちです。自分に合った転職のタイミングを知ることで、転職活動をスムーズに行えるようになるでしょう。年齢やケース別に、退職のベストなタイミングについて解説します。

転職に最適なタイミング

転職を検討する場合は、タイミングが適しているかどうか確認しましょう。勤続年数や年齢、求人数が増える時期について解説します。

適した勤続年数や年齢

転職をする時点での勤続年数は、3年前後がベストです。1年間の業務サイクルを最低でも三回は経験していることになるため、一人でも業務をこなせることがアピールできます。

また、同職種でキャリアアップを図る場合、5年以上の勤続年数があれば即戦力として活躍しやすくなるでしょう。一方、勤続年数が1年に満たない時点での転職は、我慢強さに欠けると判断されてしまうため注意が必要です。

年齢に関しては、『35歳が転職の限界』という説を聞いたことがある人もいるでしょう。もちろん35歳を過ぎても転職によるキャリアアップは十分に目指せます。

30~35歳はキャリアの一つの区切りとして、キャリアプランを見直すタイミングと考えてみましょう。

求人数が多い時期

中途採用の求人は、毎年2~3月と8~9月に多くなる傾向があります。会社では上半期と下半期の初めに人員を整えようとする動きが活発になるためです。

求人数の増加に伴い、普段は募集がかからない部署や職種の求人も見つかりやすくなります。求人探しに困っている人にとって、おすすめの時期といえるでしょう。

ただし、求人の選択肢が増える分、ライバルも多くなります。転職活動の準備をしっかりと行った上で、転職に対する強い意志を持って転職活動を行うことが大切です。

よくある転職のタイミングとは

転職をしたい人はどのようなタイミングで転職を検討しているのでしょうか。一般的に、転職する人が多いタイミングを三つ紹介します。

入社後すぐのタイミング

労働環境や仕事内容があまりにも自分に合わないと感じた場合、入社後すぐに転職するケースがあります。新卒で入社後3年未満であれば、第二新卒枠での転職が可能です。

第二新卒は比較的新卒に近い扱いで採用される傾向があります。ある程度新人教育が済んでいることから、中途採用より優遇されるケースがある点もメリットです。

中途入社後に給料が思いのほか安かった場合や、転職先の労働条件が想定外であった場合、現職で長く働きたくないと考える人は多いでしょう。しかし、入社直後の転職を繰り返すと、転職活動時にマイナスの印象を与える可能性があるため、注意が必要です。

キャリアアップを狙ったタイミング

キャリアアップとは、よりレベルの高い仕事に従事したり、現在の役職を高めたりすることです。キャリアアップを目指すタイミングで転職すれば、年収アップが期待できます。

企業によっては、社内でキャリアアップを狙うことも可能です。しかし、自分のキャリアプランに合った転職先の労働条件が好条件なら、転職にチャレンジする価値は十分にあります。

スキルが高まり業務範囲が広がったり、多彩な実績を積み重ねたりしたタイミングで、同じ業界でのキャリアアップを狙うことが一般的です。

ライフイベントによるタイミング

結婚・出産・介護などのライフイベントも、転職のきっかけとなります。残業や出張が多い職場で働き続けていると、家庭の状況の変化に対応ができないこともあるでしょう。

ワーク・ライフ・バランスの実現を求めて転職を希望する人も近年は増えています。働き方が多様化している中で、テレワークや副業を意識して転職先を探す人が増えていることも実情です。

家庭の事情や働き方の見直しを理由とする転職は、仕事だけでなくプライベートも重視したタイプの転職といえるでしょう。

年代別でみた転職のタイミングと必要なスキル

転職のタイミングと転職時に求められるスキルを年代別に紹介します。どのような点に注意すれば良いのか、自分の年齢に当てはめてチェックしておきましょう。

22~24歳の場合

大卒の新入社員が22~24歳で転職するケースは、一般的に社会人経験3年未満の第二新卒として採用されます。職場環境や仕事内容が入社前のイメージと合わなかった場合に、第二新卒として求職することが多くなる傾向です。

近年は第二新卒を積極的に採用する企業も増えており、仕事への意欲や転職理由をきちんと説明できれば、転職も十分にできます。

ただし、第二新卒には新人教育が既に行われていることを前提とされることがあるため、ある程度のビジネススキルが身に付いた段階での転職が良いでしょう。

転職先の職場環境や仕事内容とのミスマッチがないかを確認しておくことも大切です。

20代後半の場合

ある程度の実務経験を積んだ20代後半は、転職希望者のボリュームゾーンとなっています。30歳を区切りとしてキャリアの見直しを図る人が多いためです。

現在の職場に合わないと感じ始めたり、全く別の職種にチャレンジしてみたくなったりするケースもあるでしょう。

20代後半で転職によるキャリアアップを狙う場合、アピールできるスキルや実績を最低一つは持っておくことが理想です。別の分野にチャレンジする場合も、身に付けたスキルや積み上げた実績を生かせる職場なら、転職がしやすくなるでしょう。

30代前半の場合

プライベートの状況が変化しやすい30代前半は、働き方の見直しを図るための転職が多くなります。転職活動の際に、前職の役職やマネジメント経験の有無を確認されやすい点も特徴です。

30歳を過ぎると、年齢が上がるほど即戦力としての期待値が高まるため、できるだけ早めの転職を検討する必要があるでしょう。管理職としての転職を希望するなら、管理職の経験が長いほど有利です。

また、スキルや実績だけでなく、部下や後輩への指導経験もあると採用されやすくなります。労働環境・労働条件とキャリア軸とのバランスを考慮して転職を検討することも重要です。

転職をする際のポイント

転職活動を行う際は、以下にあげる四つのポイントを意識しましょう。いずれも転職を成功させたり、転職活動をスムーズに進めたりする上で大事なポイントです。

転職の必要性を改めて考える

転職を検討する際は、本当に転職が必要なのかを改めてじっくりと考えてみましょう。現在の職場に不満がある場合も、単に環境を変えるだけの転職はうまくいかない恐れがあります。

自分のスキルや経験、自分が置かれている状況などを見つめ直し、転職した方が良いのかを客観的に考えることが大切です。

自分では「転職するなら今しかない」と思っても、ある程度の時間をおいてから転職した方がうまくいく場合もあります。また、必ずしも希望通りに再就職できるわけではないことも頭に入れておきましょう。

在職中は転職活動について話さない

転職活動を行っている間は、転職することを上司や同僚に話さないようにしましょう。人間関係が悪化したり、職場の士気が下がったりする可能性があります。

企業の管理職にとって、離職率は重要な課題であるため、しつこく転職希望者を引止めることもあります。また、転職活動中であることがバレてしまうと、有休が取りにくくなったり残業が増えたりする恐れもあるでしょう。

職場で転職の話をするベストなタイミングは、転職先からの内定をもらったときです。あくまでも報告として伝え、業務引継ぎのステップに進みましょう。

今の職場に迷惑をかけない

自分の都合のみで転職のタイミングを決めてしまうと、今の職場に迷惑をかけることもあります。辞めるタイミングは職場の状況を考慮して決めましょう。

繁忙期に当たる時期や、自分が関与するプロジェクトを進めている時期は、転職をするタイミングとしては不向きです。職場に極力、迷惑をかけない時期を見計らう必要があります。

また、引継ぎを丁寧かつ正確に行うことも重要です。後任者に大きな負担がかからないような引継ぎを行えれば、退職後の自分の負担も軽減できます。

転職のプランを立てる

転職活動を開始してから転職先が決まるまでは、一般的に3カ月程度かかります。新しい仕事をスタートさせる時期の希望があるなら、逆算してプランを立てておかなければなりません。

内定をもらった後の引継ぎに約1カ月かかることを考慮すると、さらに長い期間を要することになります。また、有休消化についても考えておく必要があるでしょう。

転職後のプランもしっかりと立てることが大切です。新しい職場で何を目指し、そのためにどのような努力をする必要があるのか、明確にキャリア設計を行っておきましょう。

転職のステップを把握しよう

事前準備から入社まで、転職活動の大まかな流れを紹介します。それぞれのステップで注意すべきポイントも覚えておきましょう。

事前準備から応募まで

転職活動で行う最初の作業は、応募のための事前準備です。まずは転職の目的を明確にし、自分自身のアピールポイントを整理しておきます。

転職の目的がはっきりしていれば、応募先の比較で悩んだ際の大きな指標になります。キャリアの見直しを行うことで、自分の強みや仕事への姿勢を再確認できるでしょう。

自己分析が済んだら転職先探しのステップに移ります。できるだけ多くの求人に目を通し、自分に合った会社を見つけましょう。

応募は複数社へ同時に行うことがポイントです。内定をもらった複数の会社を比較すれば、納得感を持って転職できます。転職先が決まるまでは企業探しと求人への応募を続けましょう。

面接から内定まで

応募書類の選考に通過したら面接のステップに進みます。転職活動での面接は、仕事の合間を縫ってスケジュールを組まなければなりません。

面接後に内定をもらった会社には、入社するかどうかを約1週間以内に返答する必要があります。返答期日は延ばせないことが多いため、複数社に応募する際に転職先の環境などを慎重に判断しましょう。

また、内定が出た複数社を比較する場合は、事前準備で定めた転職目的を改めて確認することが大切です。給料などの条件も、内定を得た段階で再度チェックしておきましょう。

引継ぎや退職、入社準備

転職先が決定した後は、現在の会社に退職する旨を伝えて引継ぎを行います。退職希望日の1カ月前までに直属の上司に話すことが一般的です。細かい手続きに関しては就業規則を確認しましょう。

転職先への入社日は基本的に先延ばしができないため、引継ぎは退職日までにきちんと行っておくことが大切です。後任者がなかなか決まらない場合は、引継ぎマニュアルなどを残す必要があります。

また、退職の手続きや引継ぎと並行して、新しい職場への入社準備も進めましょう。有休を使えば転職前にまとまった時間を作れるため、余裕を持って新しい職場への入社準備ができます。

転職の気になる疑問「仕事編」

転職のタイミングに関して生じやすい疑問のうち、仕事にまつわるものを紹介します。それぞれの疑問に対する適切な対処法も知っておきましょう。

転職活動は在職中?退職後?

在職中に転職活動を行なっていれば、収入が途切れる心配をせずに済みます。また、転職に伴う社会保険の手続きも、自分で行う必要がありません。転職先が決まっている状態になるため、会社から引止められにくくなる点もメリットです。

一方、退職後に転職活動を行う場合は、じっくりと時間をかけて求人を探せるメリットがあります。離職期間に旅行に行ってリフレッシュしたり、資格を取得したりと、転職前の準備もしやすくなるでしょう。

ただし、離職期間が長くなり過ぎると仕事のブランクができてしまうため、転職時に不利となるリスクがあります。早く次の職場を探そうと焦ってしまい、検討が不十分なまま転職先を決めてしまう恐れもあるでしょう。

昇進する前と後、どっちが良い?

今の職場で昇進後に転職するケースと、昇進を待たずに転職するケースでは、どちらが有利になるか比較しましょう。

一般的には『昇進後』に転職する方が有利です。昇進後に転職活動を行えば、昇進の実績が大きなアピール材料になります。現在の会社で高い評価を得ていたことを裏づけられる点でも、昇進後の転職が有利になるでしょう。

一方で、昇進後の転職を検討する場合、退職がより難しくなることを頭に入れておかなければなりません。すぐに転職する意思があるなら、昇進後ではなく昇進の打診があった時点で意思を伝えた方が良いでしょう。

資格の取得は転職前?転職後?

転職活動でアピール材料になる資格を取得しておけば、希望する会社へ再就職しやすくなるでしょう。資格は転職前に取得しておくことがおすすめです。

転職後は新しい職場での業務に慣れることが最優先であるため、その中で、資格を取得することは困難といえます。転職先の業務に役立ちそうな資格があるなら、仕事に慣れて時間を確保できるようになってから取得を検討しましょう。

資格はあくまでも選考時の参考にしかならず、前職での実務経験の方がより重視されます。転職前に資格の取得を検討する場合は、勉強に時間を割き過ぎると、転職活動自体に支障を来しかねないため、本当に必要な資格かどうか見極めることも大切です。

転職の気になる疑問「私生活編」

住宅ローンを利用する予定がある場合や、出産・育児の予定がある場合の適切な考え方について解説します。プライベートとの絡みも十分に考慮した上で転職のタイミングを検討しましょう。

住宅ローンを組む予定がある

住宅ローンを利用してマイホームを購入する予定があるなら、転職前にローンを組んでおきましょう。ローン審査では勤続年数が重視されるためです。

金融機関はローン審査で申込者の返済能力をチェックします。住宅ローンは長期にわたり返済が続くことになるため、勤続年数が長いほど収入の安定性を高く評価されやすくなります。

ただし、転職後の収入次第では返済負担が増加することもあるでしょう。転職前にローンを組む場合は、転職後もきちんと返済し続けられるかシミュレーションを行っておくことが重要です。

出産・育児の予定がある

出産や育児を予定している場合は、仕事との両立のしやすさを考慮して転職のタイミングを決める必要があります。

例えば、育児休暇は会社で1年以上雇用されていなければ取得できません。

出産や育児のために退職したくないのであれば、転職前に出産して育児休暇を取得するか、転職後1年以上働いた後に育児休暇を取得するかのどちらかを選ぶことになるでしょう。

自分に合ったタイミングで転職を

転職活動に適したタイミングは人によりさまざまです。

年齢や目的などによっても最適なタイミングは異なるため、よくある転職のタイミングや転職に必要なスキルも押さえておく必要があります。

転職を検討する際は、転職の必要性や転職後のプランについても考慮しておくことが大切です。現状をしっかりと把握した上で、自分に合った転職時期を見極めましょう。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?