DIARY 2019/08/09

広報部スタッフのひとりごとー叫べ、熱血支局SIZUOKA!!!! イケメンと富士山と海鮮丼と≪前編≫ー

 「あ、暑い…」
 7月26日、東海の梅雨明けが発表される2日前のことです。リバラボ広報部スタッフは、静岡駅のホームで汗を拭きました。

 なぜ、わざわざ静岡という遠方に足を運んだのかといえば、そこにはひとつの約束があったからです。

 さかのぼること7月1日、決起会で卒業が告げられた玲央奈と交わした会話がありました。
 「卒業、おめでとう!! 今度、静岡支局にも取材に行かないとなぁ」
 「ぜひ来てくださいよ」
 玲央奈、約束は守ったぞー!!!! …まぁ、覚えていないでしょうが。

 それでは、静岡支局にLet's go!!!

■ようこそ、静岡へ!!! 緑茶と富士山がお出迎え

 事務所のドアを開けると、「おぉ、涼しい~!!!」冷房の効いた快適空間が出迎えてくれます。事務所のすみっこには、すみっこに収まりきらない男 管理部の諒太です!! ご無沙汰―♪

 営業部から営業管理部に異動になった諒太。研修を終えて初めての担当することになったのが静岡支局でした。
 「いやー、当初は2週間限定の静岡出張だったはずなのですが」、ハッハッハと笑います。笑顔には、人柄のよさがにじみます。

 「お茶、どうぞ」
 出されたお茶の量もなみなみと、諒太サイズ!!!!!!!

 諒太と話していると、事務所のドアが開きました。事務所に入ってきたのは、翔輝信幸です。
 「うわー。広報部スタッフさんがいると、なんか緊張するなぁ」とちょっと困り顔で、落ち着きなく動き回る翔輝。さっさと座って荷物確認をする信幸。その後ろで、翔輝は相変わらずうろうろ(笑)。
 読者の皆様、翔輝が上司で信幸が部下になります、いや念のため。

 続いて、文人敬太、そして友基が顔を出します。入れ替わるように諒太が外出。
 諒太、お茶ごちそうさまー!!! 管理部の仕事も、引き続きがんばってねー!!!!

 少しして支局長の玲央奈が出社し、これで支局の営業メンバー全員がそろいました。
 さぁ、全員で集合写真を撮るよー♪

 「どこで撮ります?」

 うーん、ホワイトボードをバックに撮ろうか。

 「じゃぁ、富士山描こう♪富士山」

 マーカーを手に翔輝と文人が、雑に…失礼、大胆に富士山を描いていきます。

 …富士山に見えるか…これ? (本日、1回目のツッコミ)

 広報部スタッフの不安を見抜いたのか、はたまた同じことを考えていたのか、文人がそっと書き添えます。
 ≪富士山≫

 はい、完成!!!

 …富士山に見えるか…これ!? (本日、2回目のツッコミ)
 そうやって撮影した集合写真ですが、こちらは最後に掲載しますね。

 さてさて、支局別の売り上げランキングで6月は埼玉西局に1位を奪われてしまったものの、圧倒的な強さを見せる続ける静岡支局。
 ≪そのパワーの源は何か?≫、支局長の玲央奈に聞いてみました。

■イケメン支局長 玲央奈が支局の強みを語るはずが…脱線するの巻

 「これ、皆の前で言うのはあれなんですが、いい意味でバカなんじゃないですか? 数字への執着は一番強いと思います。100万、100万、うるさいですね(笑)。ただ、皆が売り上げを取る実力があります」と玲央奈がいいことを話しているところで、

 「なんだ、コラーッ」

 といきなり割り込んでくる敬太の怒鳴り声。そして、笑う翔輝。
 どうやら玲央奈の話を聞いていた翔輝が、「100万いけるかー? 100万いけるかー?」と、この時点で100万に届いていなかった敬太をからかった模様(笑)。(※ちなみに敬太は、7月30日に無事に100万を達成しました!!! よかったねー!!!)
 こんな風にじゃれ合う2人の姿も、また静岡支局の日常の風景。たとえるなら… 出川哲朗と上島竜兵みたいな感じでしょうか… って伝わります、このたとえ?

 「そういえば、敬太って怒る時に、時々静岡弁になってない?」
 ついには玲央奈まで会話に加わってしまい、静岡支局の強みについての話はどこへやら。
 ぉーぃ、敬太の方言はどーでもいいのだよー(笑)。玲央奈、かむばーっく・゚・(つД`)・゚・

 そして、そのまま朝礼がはじまります。組織No.2の友基が先陣を切ります。
 「お疲れ様です。7月26日、朝礼はじめます!! 今日は今月最後の金曜日ということで、土曜日・日曜日といい形でつなげるためにブチ上げていきましょう!!! おッ願いしまーッす!!!!!

 なぜか大爆笑に包まれる静岡支局。
 はて、何がそんなにおかしいんだろう?? (´・ω・`)

 メンバーたちも続々と本日の意気込みを叫びます。いや、本当に叫ぶ…というのか、もはや絶叫。首筋に血管が浮き出るレベルですし、そもそも何を言っているかわからない…(笑)。
 さすが売り上げが好調な支局、エネルギーが全然違うなーと感心する広報部スタッフに、玲央奈が「いや、これ絶対に取材を意識していますよ。いつもはこんなんじゃないですから」と笑いながら教えてくれました。
 あ、そうなんだ。皆、かわいいじゃないか♪ (*´Д`*)

 そんな玲央奈が、支局長として最後にメンバーに一言をかけます。
 「暑さが厳しくなってきて、ついサボってしまったりとか、弱い自分と向き合う時がくると思うけど負けないように。もう8月がはじまっているんだってくらいの勢いでやってください。
 役職の基準とかが変わったりとかして、今がチャンスだと思います。
 新人が入社した時に、下につく可能性のあるメンバーもいることだし、まず今月いい形で終わることができるように弾みをつけていきましょう。お願いしまーッす!!!」
 ビジッと締めます。さすが支局長!!!

 ※静岡支局の営業メンバーの集合写真です(左から順に、友基、翔輝、玲央奈、文人、敬太、信幸)。

 さて、玲央奈がきれいに締めてくれたので、≪前編≫はこのあたりで終わることにしましょう。≪後編≫も高い熱量でお届けしていきますよー。どうぞお楽しみに!!!!

 →広報部スタッフのひとりごとー叫べ、熱血支局SIZUOKA!!!! イケメンと富士山と海鮮丼と≪後編≫ーへ