指揮官型(ENTJ)の適職とは?強みや弱みを活かす方法も解説|MBTI・16パーソナリティ

リバラボマガジン_mbti

適切な性格診断を受けて、就職活動に活用したいと考える人は少なくありません。MBTI診断(16パーソナリティ)は、16のタイプの中から自分の性格傾向がわかるテストです。診断を受けたうえで日常生活で活かす方法がわかると、自分に合った職業選択が目指せるでしょう。

この記事では、MBTI診断(16パーソナリティ)の指揮官型(ENTJ)について、職業選択や日常に活かす方法を解説します。

MBTI診断(16パーソナリティ)とは

リバラボマガジン_mbti2

MBTI診断(16パーソナリティ)は、16のタイプの中から自分の傾向がわかる性格検査です。心理学者ユングが提供した心理学的類型論をベースとし、キャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズ親子が開発しました。

MBTI診断(16パーソナリティ)は、性格の良し悪しや得意不得意を知るだけでなく、診断結果を活用し自己理解を深められるテストです。心のエネルギーの方向や人との関わり方の傾向を理解すると、仕事やチーム活動での自分のあり方がわかります。

MBTI診断を自己分析に活用し、人間関係の理解やよりよい職業選択につなげるきっかけにしましょう。

参考:16Personalities「無料性格診断テスト」

指揮官型(ENTJ)とは

指揮官型(ENTJ)は、主に以下のような性格特徴を持ちます。

強み

  • 意志が強い
  • 天性のリーダーシップ性
  • 計画的

 

弱み

  • 短気
  • 支配的

 

意志が強く、自信に満ちた存在感を放つ天性のリーダータイプです。目標やビジョンを達成するためなら大胆な決断であっても奥せず表明し、周囲を引っ張る能力を持っています。複雑な問題を解決するスキルに秀でており、メンバーや部下から慕われる存在です。

しかし、他者の意見を聞かずに自分の考えを押し通す傾向があり、周囲との衝突を引き起こすことも少なくありません。また、効率を最優先に考えるタイプなため、他者が時間をかけて行っている作業を不満に感じる場合があります。

指揮官型(ENTJ)を構成する4つの指標

指揮官型(ENTJ)の心理構成は、MBTI診断に用いる4つの項目から説明できます。

指揮官型(ENTJ)の心理構成
外向型(E) 心のエネルギーの方向 内向型(I)
感覚型(S) 情報の取り方 直感型(N)
思考型(T) 判断の仕方 感情型(F)
判断型(J) 外界への接し方 知覚型(P)

 

指揮官型(ENTJ)は、上記4つの指標の外向型 (Extroverted)、直観型 (Intuitive)、思考型 (Thinking)、判断型 (Judging) を組み合わせた性格タイプです。

心のエネルギーの方向とは、日常で考え事をする際の傾向とも言い換えられます。自身の考えを口に出したがらない内向型(I)とは異なり、外向型(E)は話しながら思考を整理したいタイプです。

情報の取り方は、見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触るの五感の感じ方と捉えると考えやすいでしょう。たとえば、リンゴを見たときに感覚型(S)は「赤くて丸い、手のひらほどのサイズ」と見たままの情報を捉えます。直感型(N)は「農家、アップルパイ、青虫」のように、無意識的に既存の情報から可能性や関連性を見出すタイプです。

判断の仕方は、論理的、感情的の2タイプに分かれます。自身を基準にした場合どう感じるかで考える感情型(F)に対し、思考型(T)は自分と対象に距離を置いて論理的に考えるのが好きです。

外界への接し方とは、行動の仕方についての指標といえます。行き当たりばったりに強く変化を好む知覚型(P)とは異なり、判断型(J)はスケジュールに沿った行動を好むタイプです。

参考:J-STAGE「性格の違いをとらえた教育活動」

指揮官型(ENTJ)の社会での対人関係

指揮官型(ENTJ)の社会での対人関係の傾向は、以下のとおりです。

  • 社交的
  • 他者と一緒に働くのが好き
  • 励まし合える
  • 指導したがる

自然なリーダーシップ性と周囲を励ます能力を持ち合わせており、チーム内で中心的な存在になることが多々あります。職場で上司としての役割を与えられると、周囲への指導を熱心に行い、他者のポテンシャルを引き出すことに喜びを感じるタイプです。プロジェクトの進行を効率的に管理しつつ、社交性を活かしながら目標達成に導きます。

しかし、他者へのアドバイスの際に自分の意見を強く主張しすぎて、周囲を圧倒することも珍しくありません。無神経と捉えられたり、誤解を招いたりして人間関係に摩擦が生じる場合があります。

指揮官型(ENTJ)の職業選択とキャリアパス

指揮官型(ENTJ)に合った仕事やキャリアパスを知り、自分の可能性を広げたいと考える人も多いでしょう。職業や職場環境への向き不向きは、MBTI診断で明らかになった性格特徴から考察できます。

指揮官型(ENTJ)に向いている職業と職場環境

以下は、指揮官型(ENTJ)に向いていると考えられる職業です。

  • プロジェクトマネージャー
  • セミナー講師
  • 医療分野(医師、看護師、薬剤師など)
  • 監査業務

ENTJが持つチームを効率的に率いる能力は、プロジェクトマネージャーとして大規模なプロジェクトを運営する際に役立ちます。組織力と決断力により、プロジェクトの目標に合わせた運用を行い期限内に成果を挙げられるでしょう。また、リーダーとしての影響力は、大衆にメッセージを訴えかけるセミナー講師としても活かせます。

なお、高い集中力と倫理観を持ち合わせているため、医療分野や監査業務での活躍も可能です。ルールや規範に従いながらも、必要に応じて柔軟な改善策を提案できます。

指揮官型(ENTJ)が避けたい職業と職場環境

以下は、指揮官型(ENTJ)にとって避けたほうがよいと考えられる職業です。

  • 受付
  • 事務
  • アシスタント

受付や事務職は、日常的なルーティンワークや細かいタスク管理が中心となっています。大規模なプロジェクトで指揮を取ることが得意なENTJにとって、上記の仕事は物足りなさを感じるかもしれません。

また、アシスタント職は他者の指示に従い、サポート役に徹する姿勢が求められます。自分の考えや意見を実行するのが好きなENTJにとって、やや窮屈に感じる可能性があるでしょう。

「ENTJ-A」と「ENTJ-T」の違い

「ENTJ-A」または「ENTJ-T」と診断され、 AとTの違いが気になる人も多いでしょう。それぞれには性格の違いがあり、同じENTJでも行動や思考の傾向が異なります。

「ENTJ-A」の特徴

ENTJ-Aは「自己主張型」と言われ、以下のような長所と短所を持ちます。

長所

  • 自信に満ち溢れており、確信を持って行動する
  • リーダーとしての素質がある

 

短所

  • 自己主張が強すぎるうえ、自信過剰
  • 細部への気配りは苦手

 

自身の考えや行動に自信を持っているENTJ-Aは、自らの決めごとに確信があるため積極的な行動が得意です。アグレッシブな姿からリーダーとして選任されることも多く、周りから頼られる存在でもあります。

一方で、自分の信念を大切にするあまり、自己主張が強すぎると思われることも珍しくありません。また、目先の目標達成にとらわれ、細かなポイントや周囲の意見を見過ごしてしまいがちです。

チームを率いる天性のリーダーシップを育てつつ、定期的に細かいポイントのチェックを行うようにするとENTJ-Aの持ち味を活かせるでしょう。

「ENTJ-T」の特徴

神経型と言われるENTJ-Tには、以下のような特徴があります。

長所

  • 共感力が高い
  • 目標に対して努力を惜しまない

 

短所

  • 周りから受ける批判を想像しがち
  • なかなか行動に移せない

 

ENTJ-Tは人の考えによく気づき、関わる人々からは共感力が高いと評される人物です。努力家な側面もあるので、仕事や頼みごとを安心して任せられる存在でもあります。

ただ、ENTJ-Tはもともと敏感気質であり、本人は社会での生きづらさを感じている場合も少なくありません。周りから受ける批判を想像し、自分の意志で行動に移せないという特徴もあります。

ENTJ-Tの気配り上手な部分や勤勉な姿は信頼感につながるため、目の前の仕事を実直に行っているうちに重要なポジションを任される可能性があるでしょう。

指揮官型(ENTJ)の強みと弱みのバランス

強みを伸ばすと得意なことの発見につながり、弱みをカバーするアプローチを知ると世の中で生きやすくなります。

冒頭で、指揮官型(ENTJ)には以下のような強みと弱みがあると紹介しました。

強み

  • 意志が強い
  • 天性のリーダーシップ性
  • 計画的

 

弱み

  • 短気
  • 支配的

 

指揮官型(ENTJ)が能力を最大限に発揮できるような方法を、次節より解説します。

指揮官型(ENTJ)の強みを活かす方法

指揮官型(ENTJ)の強みを活かすには、集団においてメンバーを鼓舞する役を引き受けるのがオススメです。ENTJが持つ強みは、以下の3点でした。

  • 意志が強い
  • 天性のリーダーシップ性
  • 計画的

チームを目標達成に導くには、メンバーを動機付けるリーダー的存在が必要です。全体をまとめ上げる役割がいないと、メンバーが大勢いてもエネルギーが分散され、本来のパフォーマンスを発揮できません。

もしコミュニティにおいてリーダーが不在の場合、ENTJは自らまとめ役を引き受けましょう。その際、今日の目標を1つだけ掲げ、メンバー全体でシェアするようにします。メンバーは自分にできることを積極的に探すようになり、チームが一丸となって目標達成に進めるでしょう。

指揮官型(ENTJ)の弱みを克服するアプローチ

指揮官型(ENTJ)の弱みを克服するには、信頼できる相手から定期的に評価を受けるのがオススメです。ENTJが持つ弱みは、以下の2点でした。

  • 短気
  • 支配的

チーム運営において、リーダーシップ性を持つ人物はなくてはならない存在です。しかし、チームのまとめ役に支配的な側面が出てしまうと、メンバーは萎縮し本来の力を発揮できません。ENTJに逆らわないようにという意識が先行し、ミスが増え目標達成から遠ざかる可能性があります。

ENTJは自らの振る舞いを客観的にチェックするために、信頼できる仲間から定期的なフィードバックを受けるようにしましょう。最初は評価に対して抵抗を感じるかもしれませんが、フィードバック内容を時間をかけて分析するようにします。次第に弱点や改善点に気づくことができ、今よりさらに柔軟性の高い人物となれるはずです。

指揮官型(ENTJ)の自己成長のための道筋

前節では指揮官型(ENTJ)の強みや弱みについて解説しましたが、長期的に自己成長するには別な視点も必要です。自己成長するうえで起こりうる試練や、さらに高みを目指すための対策を理解しましょう。

自己啓発のための戦略

ENTJが自己成長を目指すなら、リーダー活動において他者の意見を積極的に取り入れるような工夫を行うのがオススメです。ENTJには決断力があり、課題解決に向けて独自のビジョンを持っている人も多いでしょう。ただし、知らず知らずのうちに自身の考えに固執してしまい、よりよいアイデアを逃す人も少なくありません。

他者の考えを課題解決に活かすには、KJ法を用いた視覚的な意見集約を取り入れてみましょう。KJ法の実践方法は、以下のとおりです。

  1. メンバーに付箋を配りアイデアを記入してもらう
  2. 付箋を似ているアイデア同士のグループに分ける
  3. グループ同士の関係を矢印や記号を用いて図解化する
  4. 図解化した関係を文章でまとめる

アイデアの記入には貼って剥がせる付箋を活用すると、意見同士の関係の視覚的な理解がはかどります。多様な視点を受け入れる練習を積み重ねると、より柔軟なリーダーとして自己成長できるはずです。

長期的な自己改善のためのヒント

ENTJが長期的な自己改善に取り組むなら、他者とのコミュニケーションスキルの工夫を行いましょう。ENTJは、物事が自分の期待通りに進まないときや、他者が自分のペースに合わせないときにいらつきを感じやすい傾向があります。しかし、仕事においてはメンバーが協力し合う必要があるため、チームのペースの乱れを指摘するのは悪いことではありません。

ENTJが他者に対して意見したい場合、不満や期待を適切に伝えることも重要です。以下は、すぐに実践できるコミュニケーション方法です。

  • 一度に注意する内容は1つまでと決める
  • 1つ注意したら1つ褒める
  • 相手の実力を信じているから注意しているとの旨を伝える

注意だけでなくなぜそれを実践する必要があるのかを合わせて述べると、相手の理解がはかどります。相手を信頼しているからこそ指摘しているとのメッセージを、忘れずに伝えましょう。

指揮官型(ENTJ)を分析しキャリアパスに役立てよう

指揮官型(ENTJ)は、自信に満ちた存在感を放つ天性のリーダータイプです。複雑な問題を解決するスキルに秀でており、メンバーや部下から広く慕われています。

ただし、自分の考えを押し通し周囲と衝突する場合もあるため、コミュニケーション方法を工夫しバランスをとるのがオススメです。

指揮官型(ENTJ)に向いている職業や自己成長の方法を知り、今後のキャリアパス形成に役立てましょう。

執筆者
キャリアゲ編集部
学歴職歴を理由にキャリアや転職に悩む全ての若者を対象に、学歴がなくてもできるスキルアップや転職ノウハウを提供することで、読者の皆様にご自身の"選択肢"を発見して頂き、新たな道へ一歩踏み出せるような記事を発信している情報メディアです。


こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴職歴や環境にハンデを抱えている方を応援する就労支援サービス「リバラボ」を運営しています。

リバラボの特徴は、以下の3つのステップで大手や成長企業への着実なキャリアアップを可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①インターンシップを活用してキャリアアップ
リバラボ内で1~2年間の実務インターンを行い就労実績や収入実績を積み上げ(平均年収400万円以上) インターン後の優良企業への転職まで支援するサービスです。社宅完備等の福利厚生も充実しています。
②キャリア派遣を活用してキャリアアップ
提携先(大手/上場/成長ベンチャー)企業にて社員転換を前提としたトライアル就労が可能な形態です。 期間内であれば複数の企業で実績を積むことができ、自身と企業のカルチャーマッチを 確認してから社員になれるので早期離職することなく着実なキャリアップが可能となります。
③職業紹介を活用してキャリアアップ
未経験、学歴職歴を問わず募集をしているポテンシャル採用に力を入れている企業を厳選し 貴方のキャリアを大きく飛躍するためにマッチする企業をご紹介いたします。
現状の社会では、学歴や職歴などの環境でハンデを抱えてしまうとハイキャリアへの道は狭き門となってしまいます。

しかし、学歴職歴に自信のない方への支援でエキスパートである「リバラボ」であれば 貴方の状況や特性に合わせて、ハイキャリアの実現までを3つの支援サービスでサポートしています。

『学歴はないけど福利厚生が充実した大手企業に就職したい』
『短期離職を繰り返してしまったが自分に合う成長企業で活躍したい』
『学歴職歴に傷があっても上場企業に就職したい』
など、そのような思いがありましたら

リバラボ」で一度、無料のキャリア相談を受けてみてはいかがでしょうか?