提唱者型(INFJ)の適職とは?強みや弱みを活かす方法も解説|MBTI・16パーソナリティ

リバラボマガジン_mbti

適切な性格診断を受けて、就職活動に活用したいと考える人は少なくありません。MBTI診断(16パーソナリティ)は、16のタイプの中から自分の性格傾向がわかるテストです。診断を受けたうえで日常生活で活かす方法がわかると、自分に合った職業選択が目指せるでしょう。

この記事では、MBTI診断(16パーソナリティ)の提唱者型(INFJ)について、職業選択や日常に活かす方法を解説します。

MBTI診断(16パーソナリティ)とは

リバラボマガジン_mbti2

MBTI診断(16パーソナリティ)は、16のタイプの中から自分の傾向がわかる性格検査です。心理学者ユングが提供した心理学的類型論をベースとし、キャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズ親子が開発しました。

MBTI診断(16パーソナリティ)は、性格の良し悪しや得意不得意を知るだけでなく、診断結果を活用し自己理解を深められるテストです。心のエネルギーの方向や人との関わり方の傾向を理解すると、仕事やチーム活動での自分のあり方がわかります。

MBTI診断を自己分析に活用し、人間関係の理解やよりよい職業選択につなげるきっかけにしましょう。

参考:16Personalities「無料性格診断テスト」

提唱者型(INFJ)とは

提唱者型(INFJ)は、主に以下のような性格特徴を持ちます。

強み

  • 協力的
  • 共感力が高い
  • 忍耐強い

 

弱み

  • 引っ込み思案
  • 服従的

 

もの静かで落ち着いた雰囲気を持ち、周囲からは穏やかな人物と評されるタイプです。大勢の集団よりも個人との深いつながりを重視し、少数の友人には自身の夢や目標を共有します。粘り強くたくましい精神を持っており、自分の目指す姿への努力を惜しみません。

しかし、対人関係において自分のことを後回しにする傾向があり、引っ込み思案ぎみです。大勢との会話は得意ではなく、周囲からはおとなしい人と思われています。また、他者からの影響を受けやすく、自分の信念や価値観が揺らぐことも少なくありません。

提唱者型(INFJ)を構成する4つの指標

提唱者型(INFJ)の心理構成は、MBTI診断に用いる4つの項目から説明できます。

提唱者型(INFJ)の心理構成
外向型(E) 心のエネルギーの方向 内向型(I)
感覚型(S) 情報の取り方 直感型(N)
思考型(T) 判断の仕方 感情型(F)
判断型(J) 外界への接し方 知覚型(P)

 

提唱者型(INFJ)は、上記4つの指標の内向型 (Introverted)、直観型 (Intuitive)、感情型 (Feeling)、判断型 (Judging)を組み合わせた性格タイプです。

心のエネルギーの方向とは、日常で考え事をする際の傾向とも言い換えられます。会話しながら思考を整理したい外向型(E)とは異なり、内向型(I)は自身の考えを口に出したがらないタイプです。

情報の取り方は、見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触るの五感の感じ方と捉えると考えやすいでしょう。たとえば、リンゴを見たときに感覚型(S)は「赤くて丸い、手のひらほどのサイズ」と見たままの情報を捉えます。直感型(N)は「農家、アップルパイ、青虫」のように、無意識的に既存の情報から可能性や関連性を見出すタイプです。

判断の仕方は、論理的か感情的かの2タイプに分かれます。自分と対象に距離を置いて論理的に考える思考型(T)に対し、感情型(F)は自身を基準にした場合どう感じるかで考えるのが好きです。

外界への接し方とは、行動の仕方についての指標といえます。行き当たりばったりに強く変化を好む知覚型(P)とは異なり、判断型(J)はスケジュールに沿った行動を好むタイプです

参考:J-STAGE「性格の違いをとらえた教育活動」

提唱者型(INFJ)の社会での対人関係

提唱者型(INFJ)の社会での対人関係の傾向は、以下のとおりです。

  • 聞き上手
  • 思いやりがある
  • 協力的
  • 消極的

提唱者型(INFJ)は、聞き上手で思いやりのある態度により他者と深い絆を築けるタイプです。他者の話に耳を傾け理解しようとする姿勢が強く、しばしば信頼される相談相手となります。他人の感情や状況に対して敏感であるうえ、協力的なため相手のニーズを察知しサポートを行うのが得意です。

ただし、自分の意見を強く主張しないため、意見や要望が周囲に伝わりにくいタイプでもあります。調和を大切にする一方で、自己主張がないため消極的であると勘違いされることも少なくありません。

提唱者型(INFJ)の職業選択とキャリアパス

提唱者型(INFJ)に合った仕事やキャリアパスを知り、自分の可能性を広げたいと考える人も多いでしょう。職業や職場環境への向き不向きは、MBTI診断で明らかになった性格特徴から考察できます。

提唱者型(INFJ)に向いている職業と職場環境

以下は、提唱者型(INFJ)に向いていると考えられる職業です。

  • カウンセラー
  • 非営利団体
  • ウェブライター
  • 科学者
  • 司書

カウンセラーや非営利団体は、社会的な問題や人の悩みに対して自ら働きかける職業です。人に対して誠実で、状況をよりよくしていくことが好きなINFJにとって、深いやりがいを感じられる可能性があります。

Webライターや科学者は、一人での静かな思考やクリエイティブな活動を好むINFJに向いている職業です。分析や内省など、理論を納得できるまで追求する過程を楽しみながら取り組めるでしょう。司書も落ち着いた環境で他者の手助けを行う仕事であり、INFJの利他的精神や知的好奇心を活かせる職業です。

提唱者型(INFJ)が避けたい職業と職場環境

以下は、提唱者型(INFJ)にとって避けたほうがよいと考えられる職業です。

  • レストラン勤務
  • 救急救命士
  • エンジニア

内向的なINFJにとって、不特定多数の人との関わりや急な状況変化が求められる職業はストレスになる可能性があります。レストランスタッフや救急救命士の仕事は、めまぐるしい環境に圧倒されるかもしれません。また、好奇心旺盛で創造的なINFJには、エンジニアの仕事は実用的すぎて魅力に欠けると考えられます。

「INFJ-A」と「INFJ-T」の違い

「INFJ-A」または「INFJ-T」と診断され、 AとTの違いが気になる人も多いでしょう。それぞれには性格の違いがあり、同じINFJでも行動や思考の傾向が異なります。

「INFJ-A」の特徴

INFJ-Aは「自己主張型」と言われ、以下のような長所と短所を持ちます。

長所

  • 自信に満ち溢れており、確信を持って行動する
  • リーダーとしての素質がある

 

短所

  • 自己主張が強すぎるうえ、自信過剰
  • 細部への気配りは苦手

 

自身の考えや行動に自信を持っているINFJ-Aは、自らの決めごとに確信があるため積極的な行動が得意です。アグレッシブな姿からリーダーとして選任されることも多く、周りから頼られる存在でもあります。

一方で、自分の信念を大切にするあまり、自己主張が強すぎると思われることも珍しくありません。また、目先の目標達成にとらわれ、細かなポイントや周囲の意見を見過ごしてしまいがちです。

チームを率いる天性のリーダーシップを育てつつ、定期的に細かいポイントのチェックを行うようにするとINFJ-Aの持ち味を活かせるでしょう。

「INFJ-T」の特徴

神経型と言われるINFJ-Tには、以下のような特徴があります。

長所

  • 共感力が高い
  • 目標に対して努力を惜しまない

 

短所

  • 周りから受ける批判を想像しがち
  • なかなか行動に移せない

 

INFJ-Tは人の考えによく気づき、関わる人々からは共感力が高いと評される人物です。努力家な側面もあるので、仕事や頼みごとを安心して任せられる存在でもあります。

ただ、INFJ-Tはもともと敏感気質であり、本人は社会での生きづらさを感じている場合も少なくありません。周りから受ける批判を想像し、自分の意志で行動に移せないという特徴もあります。

INFJ-Tの気配り上手な部分や勤勉な姿は信頼感につながるため、目の前の仕事を実直に行っているうちに重要なポジションを任される可能性があるでしょう。

提唱者型(INFJ)の強みと弱みのバランス

強みを伸ばすと得意なことの発見につながり、弱みをカバーするアプローチを知ると世の中で生きやすくなります。

冒頭で、提唱者型(INFJ)には以下のような強みと弱みがあると紹介しました。

強み

  • 協力的
  • 共感力が高い
  • 忍耐強い

 

弱み

  • 引っ込み思案
  • 服従的

 

提唱者型(INFJ)が能力を最大限に発揮できるような方法を、次節より解説します。

提唱者型(INFJ)の強みを活かす方法

提唱者型(INFJ)の強みを活かすには、メンバーにフィードバックや励ましを与える役を引き受けるのがオススメです。INFJが持つ強みは、以下の3点でした。

  • 協力的
  • 共感力が高い
  • 忍耐強い

目立つことは少ないものの、穏やかで思慮深いたたずまいはチームに安定感をもたらします。また、日頃からチームの目的やビジョンについて深く考えているため、戦略的かつ創造的なアイデアを持つ人物です。

INFJがチームで活動する場合、メンバーの働きぶりに対してフィードバックを与えられる機会があれば積極的に引き受けましょう。フィードバックを行う大きな機会がなくても、メンバーから個別に相談があれば励ましやアドバイスを行えます。メンバーの成長やモチベーションに直結するような提案により、調和を保ちながら目標達成に貢献できるはずです。

提唱者型(INFJ)の弱みを克服するアプローチ

提唱者型(INFJ)の弱みを克服するには、自己主張のバランスをとる練習を行うのがオススメです。INFJが持つ弱みは、以下の2点でした。

  • 引っ込み思案
  • 服従的

INFJの自己主張が少ない性格は、時に職場や人間関係で不満がつのる原因となります。自分の意見や感情を適切に表現できないとストレスになり、仕事のパフォーマンスや満足度に影響する人も少なくありません。

職場や人間関係において主張したいことがあったら、言うか言わないかの2択で決めるようにしてみましょう。そして、言うことを選んだ場合は「相手に思いを伝えられた」言わないことを選んだ場合は「トラブルを回避できた」と捉えるようにします。引っ込み思案な性格でも自分の選択を肯定的に捉え、自己主張のバランスを探していきましょう。

提唱者型(INFJ)の自己成長のための道筋

前節では提唱者型(INFJ)の強みや弱みについて解説しましたが、長期的に自己成長するには別な視点も必要です。自己成長するうえで起こりうる試練や、さらに高みを目指すための対策を理解しましょう。

自己啓発のための戦略

提唱者型(INFJ)が自己啓発を行うなら、ボランティアや興味のあるコミュニティへ参加してみましょう。利他的で他者へのサポートに充実感を感じるINFJは、貢献活動に参加すると内なる使命感を満たせる可能性があります。

ただし、提唱者型は内向的な性質も合わせ持っているため、コミュニティ選びには以下のようなポイントの意識が必要です。

  • 少人数のコミュニティを選ぶ
  • 自身の価値観や関心に合わせる
  • 安心感のある環境を選ぶ

個人との深いつながりに喜びを感じるタイプなので、大勢よりも小規模で関わりを持てるコミュニティに適しています。また、活動内容は自身の興味関心に合わせて選ぶと、より積極的に集団へ関われるようになるためオススメです。そして、安心できる環境を選び、自分らしく活動できるようにしましょう。

上記のポイントを満たしたコミュニティへの参加は、人間関係の構築やコミュニケーションスキルの向上に役立ちます。

長期的な自己改善のためのヒント

提唱者型(INFJ)が自己改善を行うなら、積極的なコミュニケーション方法を身につけましょう。引っ込み思案で服従的な性格の人は、自分の意見やニーズを上手に表現するのが苦手です。職場で不自由なく振る舞うには、自己主張スキルの向上が有効だと考えられます。

自己主張スキルの向上には「Iメッセージ」を意識してみましょう。「Iメッセージ」とは、以下のように自分を主語にして意見や感情を表現する手法です。

  • (私は)部署の仕事量が多いので、配分を見直してもらえると助かります。
  • (私は)そういう言い方をされると悲しい。
  • (私は)もっと周囲を見渡すようにすると、うまくいくと思うよ。

「私」を主語にすると、相手を攻撃せずに自分の視点から話すことができます。ぜひ、日常のささいな会話から「Iメッセージ」を利用し、自分主体のコミュニケーションを習得しましょう。

提唱者型(INFJ)を分析しキャリアパスに役立てよう

提唱者型(INFJ)は、穏やかに見えつつも内なる情熱とたくましい精神を持つ人物です。親しい他者とのつながりを重視し、相手をサポートするタイミングを伺っています。

ただし、引っ込み思案で他者の意見に流されることがあるため、コミュニケーションや思考方法を習得しバランスをとるのがオススメです。

提唱者型(INFJ)に向いている職業や自己成長の方法を知り、今後のキャリアパス形成に役立てましょう。

執筆者
キャリアゲ編集部
学歴職歴を理由にキャリアや転職に悩む全ての若者を対象に、学歴がなくてもできるスキルアップや転職ノウハウを提供することで、読者の皆様にご自身の"選択肢"を発見して頂き、新たな道へ一歩踏み出せるような記事を発信している情報メディアです。


こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴職歴や環境にハンデを抱えている方を応援する就労支援サービス「リバラボ」を運営しています。

リバラボの特徴は、以下の3つのステップで大手や成長企業への着実なキャリアアップを可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①インターンシップを活用してキャリアアップ
リバラボ内で1~2年間の実務インターンを行い就労実績や収入実績を積み上げ(平均年収400万円以上) インターン後の優良企業への転職まで支援するサービスです。社宅完備等の福利厚生も充実しています。
②キャリア派遣を活用してキャリアアップ
提携先(大手/上場/成長ベンチャー)企業にて社員転換を前提としたトライアル就労が可能な形態です。 期間内であれば複数の企業で実績を積むことができ、自身と企業のカルチャーマッチを 確認してから社員になれるので早期離職することなく着実なキャリアップが可能となります。
③職業紹介を活用してキャリアアップ
未経験、学歴職歴を問わず募集をしているポテンシャル採用に力を入れている企業を厳選し 貴方のキャリアを大きく飛躍するためにマッチする企業をご紹介いたします。
現状の社会では、学歴や職歴などの環境でハンデを抱えてしまうとハイキャリアへの道は狭き門となってしまいます。

しかし、学歴職歴に自信のない方への支援でエキスパートである「リバラボ」であれば 貴方の状況や特性に合わせて、ハイキャリアの実現までを3つの支援サービスでサポートしています。

『学歴はないけど福利厚生が充実した大手企業に就職したい』
『短期離職を繰り返してしまったが自分に合う成長企業で活躍したい』
『学歴職歴に傷があっても上場企業に就職したい』
など、そのような思いがありましたら

リバラボ」で一度、無料のキャリア相談を受けてみてはいかがでしょうか?