討論者型(ENTP)の適職とは?強みや弱みを活かす方法も解説|MBTI・16パーソナリティ

リバラボマガジン_mbti

適切な性格診断を受けて、就職活動に活用したいと考える人は少なくありません。MBTI診断(16パーソナリティ)は、16のタイプの中から自分の性格傾向がわかるテストです。診断を受けたうえで日常生活で活かす方法がわかると、自分に合った職業選択が目指せるでしょう。

この記事では、MBTI診断(16パーソナリティ)の討論者型(ENTP)について、職業選択や日常に活かす方法を解説します。

MBTI診断(16パーソナリティ)とは

リバラボマガジン_mbti2

MBTI診断(16パーソナリティ)は、16のタイプの中から自分の傾向がわかる性格検査です。心理学者ユングが提供した心理学的類型論をベースとし、キャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズ親子が開発しました。

MBTI診断(16パーソナリティ)は、性格の良し悪しや得意不得意を知るだけでなく、診断結果を活用し自己理解を深められるテストです。心のエネルギーの方向や人との関わり方の傾向を理解すると、仕事やチーム活動での自分のあり方がわかります。

MBTI診断を自己分析に活用し、人間関係の理解やよりよい職業選択につなげるきっかけにしましょう。

参考:16Personalities「無料性格診断テスト」

討論者型(ENTP)とは

討論者型(ENTP)は、主に以下のような性格特徴を持ちます。

強み

  • 起業家精神
  • 表現力が豊か
  • 機転が利く

 

弱み

  • 計画性がない
  • 自信過剰


討論家型(ENTP)は、革新的でユニークな思考力が特徴のアイデアマンです。知的好奇心旺盛で、よりよい方法を取り入れては他者にわかりやすく伝えます。複雑な問題であってもまずは仕組みを理解し、型にはまらない柔軟な思考で解決に導くタイプです。

しかし、長期的なプロジェクトに取り組む際は、計画よりも直感に頼りがちな面も見られます。万が一、プロジェクトがスケジュール通りに進まない場合、適応しきれず混乱することも少なくありません。また、自信過剰な面も見られ、小さなミスを見過ごし大きなトラブルに発展する場合があります。

討論者型(ENTP)を構成する4つの指標

討論者型(ENTP)の心理構成は、MBTI診断に用いる4つの項目から説明できます。

討論者型(ENTP)の心理構成
外向型(E) 心のエネルギーの方向 内向型(I)
感覚型(S) 情報の取り方 直感型(N)
思考型(T) 判断の仕方 感情型(F)
判断型(J) 外界への接し方 知覚型(P)

 

討論者型(ENTP)は、上記4つの指標の外向 (Extraverted)、直観型 (Intuitive)、思考型 (Thinking)、知覚型 (Perceiving) を組み合わせた性格タイプです。

心のエネルギーの方向とは、日常で考え事をする際の傾向とも言い換えられます。自身の考えを口に出したがらない内向型(I)とは異なり、外向型(E)は話しながら思考を整理したいタイプです。

情報の取り方は、見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触るの五感の感じ方と捉えると考えやすいでしょう。たとえば、リンゴを見たときに感覚型(S)は「赤くて丸い、手のひらほどのサイズ」と見たままの情報を捉えます。直感型(N)は「農家、アップルパイ、青虫」のように、無意識的に既存の情報から可能性や関連性を見出すタイプです。

判断の仕方は、論理的、感情的の2タイプに分かれます。自身を基準にした場合どう感じるかで考える感情型(F)に対し、思考型(T)は自分と対象に距離を置いて論理的に考えるのが好きです。

外界への接し方とは、行動の仕方についての指標といえます。スケジュールに沿った行動を好む判断型(J)とは異なり、知覚型(P)は行き当たりばったりに強く変化を好むタイプです。

参考:J-STAGE「性格の違いをとらえた教育活動」

討論者型(ENTP)の社会での対人関係

討論者型(ENTP)の社会での対人関係の傾向は、以下のとおりです。

  • 友好的
  • 偏見がない
  • カリスマ性がある
  • 型破り

友好的で偏見を持たず、どのようなコミュニティであっても他者との関わりを楽しみます。自由でオープンなコミュニケーションを好み、異なる視点や新しい発想を受け入れることに熱心です。親しくなると他者に対して自身の考えへの意見を求める傾向がありますが、カリスマ性を持つため周囲もENTPの話しぶりに影響されます。

ただし、型にはまらないアイデアや振る舞いは、初対面の人を驚かせることも少なくありません。特に、ルールや慣習を重視する人にとっては「型破り」「突拍子がない」などととらえられ、受け入れられるまでに時間がかかります。

討論者型(ENTP)の職業選択とキャリアパス

討論者型(ENTP)に合った仕事やキャリアパスを知り、自分の可能性を広げたいと考える人も多いでしょう。職業や職場環境への向き不向きは、MBTI診断で明らかになった性格特徴から考察できます。

討論者型(ENTP)に向いている職業と職場環境

以下は、討論者型(ENTP)に向いていると考えられる職業です。

  • ソフトウェア開発
  • 映画プロデューサー
  • 弁護士
  • 建築士

討論者型(ENTP)は、フレキシブルな感性を活かして難しい問題に取り組めるような職業に向いています。ソフトウェア開発や映画プロデューサー、弁護士のような仕事は、ENTPが生み出す新たなアイデアを検証できる職業です。また、物事を具体的に組み立てる思考力が求められる、建築士としても力を発揮できます。湧き出る好奇心を刺激しつつ、自身の知性を試す経験ができるでしょう。

なお、自立心の高いENTPは、起業家やフリーランスとして個人で活動するスタイルにも向くタイプです。起業家精神やカリスマ性を活かすために、自身の能力を最大限発揮できる選択を行いましょう。

討論者型(ENTP)が避けたい職業と職場環境

以下は、討論者型(ENTP)にとって避けたほうがよいと考えられる職業です。

  • 歯科医
  • 事務職
  • 会計や経理

ENTPは、ビジネスの構想や商品のコンセプトのような、大きな概念を考える過程を好みます。上記の職業は、繰り返しの作業や細部への気配りが求められる仕事です。発想力や行動力に優れたENTPが上記の仕事に就くと、手持ち無沙汰に感じる可能性があるでしょう。

「ENTP-A」と「ENTP-T」の違い

「ENTP-A」または「ENTP-T」と診断され、 AとTの違いが気になる人も多いでしょう。それぞれには性格の違いがあり、同じENTPでも行動や思考の傾向が異なります。

「ENTP-A」の特徴

ENTP-Aは「自己主張型」と言われ、以下のような長所と短所を持ちます。

長所

  • 自信に満ち溢れており、確信を持って行動する
  • リーダーとしての素質がある

 

短所

  • 自己主張が強すぎるうえ、自信過剰
  • 細部への気配りは苦手

 

自身の考えや行動に自信を持っているENTP-Aは、自らの決めごとに確信があるため積極的な行動が得意です。アグレッシブな姿からリーダーとして選任されることも多く、周りから頼られる存在でもあります。

一方で、自分の信念を大切にするあまり、自己主張が強すぎると思われることも珍しくありません。また、目先の目標達成にとらわれ、細かなポイントや周囲の意見を見過ごしてしまいがちです。

チームを率いる天性のリーダーシップを育てつつ、定期的に細かいポイントのチェックを行うようにするとENTP-Aの持ち味を活かせるでしょう。

 「ENTP-T」の特徴

神経型と言われるENTP-Tには、以下のような特徴があります。

長所

  • 共感力が高い
  • 目標に対して努力を惜しまない

 

短所

  • 周りから受ける批判を想像しがち
  • なかなか行動に移せない

 

ENTP-Tは人の考えによく気づき、関わる人々からは共感力が高いと評される人物です。努力家な側面もあるので、仕事や頼みごとを安心して任せられる存在でもあります。

ただ、ENTP-Tはもともと敏感気質であり、本人は社会での生きづらさを感じている場合も少なくありません。周りから受ける批判を想像し、自分の意志で行動に移せないという特徴もあります。

ENTP-Tの気配り上手な部分や勤勉な姿は信頼感につながるため、目の前の仕事を実直に行っているうちに重要なポジションを任される可能性があるでしょう。

討論者型(ENTP)の強みと弱みのバランス

強みを伸ばすと得意なことの発見につながり、弱みをカバーするアプローチを知ると世の中で生きやすくなります。

冒頭で、討論者型(ENTP)には以下のような強みと弱みがあると紹介しました。

強み

  • 起業家精神
  • 表現力が豊か
  • 機転が利く

 

弱み

  • 計画性がない
  • 自信過剰

 

討論者型(ENTP)が能力を最大限に発揮できるような方法を、次節より解説します。

討論者型(ENTP)の強みを活かす方法

討論者型(ENTP)の強みを活かすには、所属するコミュニティで新しいプロジェクトを立ち上げてみるのがオススメです。ENTPが持つ強みは、以下の3点でした。

  • 起業家精神
  • 表現力が豊か
  • 機転が利く

世の中には会社に雇われて働く人が多い中、ENTPはカリスマ性と起業家精神で異なる道を歩むタイプです。システムやルールのあり方に疑問を投げかけ、新しいアイデアを提案する能力に優れています。

ENTPは、興味のある分野や参加するコミュニティで新たなプロジェクトを立ち上げてみましょう。たとえば、習い事の様子をビデオ化しSNSで発信したり、地域のコミュニティと共同し新しい商品を開発したりすることができます。これらは誰もが思いつかない独特な視点からのアプローチであり、すべての人ができるわけではありません。

複雑なアイデアをわかりやすく伝え、周囲を魅了する才能を深めると、自身の能力にさらに磨きをかけられるはずです。

討論者型(ENTP)の弱みを克服するアプローチ

討論者型(ENTP)の弱みを克服するには、秘書や管理ツールの活用がオススメです。ENTPが持つ弱みは、以下の2点でした。

  • 計画性がない
  • 自信過剰

ENTPが持つ直感的なインスピレーションは、プロジェクトを動かすうえで欠かせない能力です。しかし、計画立てや細かい部分への対応ができないと、共に働くメンバーが困る場合があります。

ENTPがなにか物事を始める際は、マネージャーや秘書をつけ細かい部分のサポートを行ってもらうようにしましょう。そばに細かい仕事ができるサポート役を置くと、自分の代わりに計画立てや周囲との折衷を行ってくれます。苦手なことに脳のリソースを割くことなく、大きなプロジェクトへの集中が可能です。

人員の用意が難しい場合は、スケジュール管理ツールをメンバーでシェアすると、進捗状況を可視化でき効率的にプロジェクトを進められます。

討論者型(ENTP)の自己成長のための道筋

前節では討論者型(ENTP)の強みや弱みについて解説しましたが、長期的に自己成長するには別な視点も必要です。自己成長するうえで起こりうる試練や、さらに高みを目指すための対策を理解しましょう。

自己啓発のための戦略

クリエイティブ性を活かして、アイデアや考えを他者へ効果的に伝えるスキルを磨きましょう。想像力豊かなENTPの頭の中には、日々さまざまなアイデアが浮かびます。しかし、アイデアがたくさん生まれても、一人ですべて実行することは不可能です。大きなプロジェクトを実現させるには、相応のスキルを持った人やアイデアに共感してくれる協力者が必要となります。

アイデアを実現させるためには、他者に考えを共有するタイミングを作りましょう。具体的には、SNSやブログでの発信、プレゼンテーションの開催が考えられます。ENTPのカリスマ性により共感する人が集まり、一人では達成できないことでも実現が可能です。

長期的な自己改善のためのヒント

ENTPが長期的な自己改善を行うには、自信過剰の克服として尊敬できる人にフィードバックを求めるようにしましょう。カリスマ性を持つENTPですが、自分のアイデアや能力を過大評価し他者からのアドバイスを無視しがちです。第三者からの視点を受け入れずにいると、ビジネスや人間関係がうまくいかない原因となります。

自信過剰な面を克服するには、他者からのフィードバックを受け入れる姿勢が必要です。フィードバックを求める相手には、自身よりも知見が深いと感じられる人物を選びましょう。多角的な視点から物事を考える練習をすると、自己認識能力が高まり冷静な判断ができるようになります。過去の失敗や誤りに気づけると、今後の判断がより現実的で精度の高いものとなるでしょう。

討論者型(ENTP)を分析しキャリアパスに役立てよう

討論者型(ENTP)は、常に新たなアイデアを模索する、クリエイティブで革新的なタイプです。型にはまらないフレキシブルな思考力を持ち、難しい課題に対しても仕組みを理解しながら解決に導きます。

ただし、計画性がなく自信過剰な面があるため、スケジュール管理が得意な人からのサポートやツールの活用によりバランスをとるのがオススメです。

討論者型(ENTP)に向いている職業や自己成長の方法を知り、今後のキャリアパス形成に役立てましょう。

執筆者
キャリアゲ編集部
学歴職歴を理由にキャリアや転職に悩む全ての若者を対象に、学歴がなくてもできるスキルアップや転職ノウハウを提供することで、読者の皆様にご自身の"選択肢"を発見して頂き、新たな道へ一歩踏み出せるような記事を発信している情報メディアです。


こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴職歴や環境にハンデを抱えている方を応援する就労支援サービス「リバラボ」を運営しています。

リバラボの特徴は、以下の3つのステップで大手や成長企業への着実なキャリアアップを可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①インターンシップを活用してキャリアアップ
リバラボ内で1~2年間の実務インターンを行い就労実績や収入実績を積み上げ(平均年収400万円以上) インターン後の優良企業への転職まで支援するサービスです。社宅完備等の福利厚生も充実しています。
②キャリア派遣を活用してキャリアアップ
提携先(大手/上場/成長ベンチャー)企業にて社員転換を前提としたトライアル就労が可能な形態です。 期間内であれば複数の企業で実績を積むことができ、自身と企業のカルチャーマッチを 確認してから社員になれるので早期離職することなく着実なキャリアップが可能となります。
③職業紹介を活用してキャリアアップ
未経験、学歴職歴を問わず募集をしているポテンシャル採用に力を入れている企業を厳選し 貴方のキャリアを大きく飛躍するためにマッチする企業をご紹介いたします。
現状の社会では、学歴や職歴などの環境でハンデを抱えてしまうとハイキャリアへの道は狭き門となってしまいます。

しかし、学歴職歴に自信のない方への支援でエキスパートである「リバラボ」であれば 貴方の状況や特性に合わせて、ハイキャリアの実現までを3つの支援サービスでサポートしています。

『学歴はないけど福利厚生が充実した大手企業に就職したい』
『短期離職を繰り返してしまったが自分に合う成長企業で活躍したい』
『学歴職歴に傷があっても上場企業に就職したい』
など、そのような思いがありましたら

リバラボ」で一度、無料のキャリア相談を受けてみてはいかがでしょうか?