第二新卒と中途の違いは?転職にはどちらが有利?

第二新卒としての採用と中途採用は、「一度企業に入社して働いた経験がある人を採用する」という点においてはどちらも同じはず。では、企業や転職サイトは「第二新卒」「中途」の2つの言葉をどのように使い分けているのでしょうか?早速解説していきます。

「第二新卒」「中途」の定義は?

まずは2つの言葉の定義をみていきましょう。

「第二新卒」に明確な定義はありませんが、おおよそ学校卒業から3年目までとされています。「学校」とは、厚生労働省が「若年者雇用を取り巻く現状」において述べている説明によると、高校、専門学校、短大、高専、大学、大学院のこと。浪人や留年などがあるため年齢を断定できませんが、おおまかに“学校卒業から3年以内の20代”といったところでしょう。

一方の「中途」は、過去に最低1社以上の企業に就職した経験がある求職者のこと。こちらも明確な定義はありませんが、社会人経験が3年以上あることをおおまかな定義としているところが多いようです。

以上のことから、「社会人経験が3年未満か3年以上か」はひとつの目安となることがわかります。

参考:若年者雇用を取り巻く現状(厚生労働省)

第二新卒としての転職と中途採用、どちらが有利?

(出典) photo-ac.com

第二新卒としての転職と中途採用のどちらが有利ということはありません。

企業側が「長期的視野を持って育てていける若手」を求めているなら第二新卒が有利といえますが、即戦力を求めているのであれば、はなから中途採用に力を入れるでしょう。

参考:第二新卒の就職・転職活動のやり方を理解する

第二新卒の求人を狙ったほうがいいのはどんな人?

続いては、第二新卒の求人を狙った方がいいのはどんな人なのかを考えていきましょう。

第二新卒の求人に応募できるということは、基本的には一社目の会社での社会人経験は3年以内。基本的なビジネスマナーなどは身についていますが、ひとつのことを極めているというレベルには達していない場合が多いでしょう。

しかしそのぶん柔軟性が高く、新しいことにもチャレンジしやすく、転職を機にまったく違う業種や職種を選択する人もいます。これまでの社会人経験のなかで、やりたいことや自分に向いていることが見つかった人にとってぴったりの転職タイミングだといえるでしょう。

中途採用の求人を狙ったほうがいいのはどんな人?

社会人経験が3年以上あれば、ある程度の知識やスキルだけでなく、なんらかの実績を残している場合が多いでしょう。中途採用に積極的な企業も、即戦力として活躍してくれる人材に出逢えることを期待しているため、経験や実績が豊富であれば有利と言えます。

とりわけ、同じ業界の企業への転職であるほど有利ですし、入社した後も、前の職場での経験を活かしやすいのがメリット。よりやりがいのある仕事に出逢える可能性も高いでしょう。

第二新卒として転職活動することのメリットは?

第二新卒として転職活動することのメリットとしてまず挙げられるのは、前述の通り、未知の分野にチャレンジできることです。企業側も、即戦力となるようなスキルは求めていないため、社会人としての最低限のビジネスマナーさえ身につけていれば、自分の可能性を広げられるといえます。

第二新卒として転職活動することのデメリットは?

まず、新卒でもなく中途でもないということを自覚することが不可欠。社会人経験ゼロの新卒とは異なり、前の職場での経験を活かすにはどうすればいいかを考えることも必要ですし、中途とは異なり、知識やスキルが豊富ではないぶん、やる気をアピールすることも大切です。

中途採用の求人に応募することのメリットは?

前の職場での経験を活かすだけでなく、そこに新しい職場のやりかたをうまく取り入れながら、自分なりの方法を模索していくこともできるなど、やりがいを感じられるシーンが多いでしょう。また、企業側が前の職場での活躍を評価してポストを用意してくれた場合などは、給与などの条件がよくなることが多いのも大きなメリットといえます。

中途採用の求人に応募することのデメリットは?

前の職場への在籍期間が長ければ長いほど、新しい職場になじむのに時間がかかる場合があります。また、新しい職場のやり方に慣れなかったり、不満を感じたりすることもあるかもしれません。

第二新卒、中途採用のどちらが有利かではなく、自分のタイミングを大事にしよう

「第二新卒のほうが転職のハードルが低そう」「今すぐ行動を起こすのはめんどくさいけど、中途採用ならそのうち動けばいいか」などのネガティブな理由でキャリアを決めても、決して満足することはありません。

5年後、10年後、20年後にどんな仕事に携わっていたいか、どんな人と仕事していたいかを考えることで、自ずと転職のタイミングが見えてくるはず。転職より先に、今の職場で知識やスキルを磨くべきなのか、それとも新しい環境に身を置いたほうが大きく成長できそうなのか、一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

執筆者
キャリアゲ編集部
学歴職歴を理由にキャリアや転職に悩む全ての若者を対象に、学歴がなくてもできるスキルアップや転職ノウハウを提供することで、読者の皆様にご自身の"選択肢"を発見して頂き、新たな道へ一歩踏み出せるような記事を発信している情報メディアです。


こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?