高卒男性と結婚する前にチェックすべき5つのこと | 学歴別の結婚率データを徹底調査

 

結婚を考えている相手の学歴に関しては、「それほど気にならない」女性も多いものの、中には学歴を理由に結婚を見直すことになるケースもあるのが事実です。

今現在、交際している男性が高卒のあなたにとってみれば、「大卒でなくても問題ない」と思えることかもしれません。

しかし、高卒の男性が大卒の男性に比べて劣っていると見られることがあるのは紛れもない事実。特に親世代や親戚からの見え方は良いとは言えません。

今回は高卒男性との結婚を考えているあなたへ、

  • 高卒男性の結婚事情
  • 結婚するべき高卒男性の見極め方
  • 親や世間一般の目線で見る「高卒との結婚」

 

ユーくん
学歴が高卒だからといって結婚すべきじゃないと思われたら悔しいよね
ダルマちゃん
そうだね。でも高卒の男性にもいろんな人たちがいるんだ。結婚後に困ることがないように、「結婚相手として適しているかどうか」を見極めるのは大事なことなんだよ。

 

高卒の結婚率 | 学歴別で結婚率データを見てみる

結婚と学歴には一体どのような関係性があるのでしょう。

このデータは、結婚している夫婦の妻と夫の学歴についてまとめたものです。

 

▼妻が中卒の場合

夫の学歴 割合(%)
中卒 26.7
高卒 55.6
専門卒 4.4
短大卒
大卒 11.1
大学院卒

 

▼妻が高卒の場合

夫の学歴 割合(%)
中卒 8.4
高卒 51.2
専門卒 12.2
短大卒 4.6
大卒 22.2
大学院卒 0.8

 

▼妻が大卒の場合

夫の学歴 割合(%)
中卒 0.3
高卒 16.2
専門卒 7.8
短大卒 3.2
大卒 57.9
大学院卒 14.2

参考:社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査(夫婦調査)」

 

このデータからわかることは、妻の学歴と夫の学歴を比較すると「同じくらいか夫の方が学歴が高い」ということです。

つまり、女性は結婚相手に自分と同じかもしくは少し上の学歴を持つ男性を選んでおり、男性目線で言えば「自分よりも学歴の良い女性と結婚するケースはレア」となります。

 

ダルマちゃん
高卒の女性は高卒の男性と結婚する率が最も高く、大卒の女性は同じく大卒の男性と結婚する率が最も高いんだ。

 

学歴重視で相手を選んでいる人はそれほど多くないと思われている今の世の中でも、女性は自分が高卒であれば高卒以上の男性、大卒であれば大卒以上の男性を結婚相手として選んでいることが分かる興味深いデータですね。

 

高卒男性と結婚したい時に確認すべきチェックリスト

高卒だからと言って将来出世できない、この先安定した仕事に就くことができない、などというわけではありません。

ですが、高卒の男性と結婚を考えるなら、必ず見ておきたいチェック項目があります。

なぜなら、高卒男性の中には、

  • 高卒だからという理由で何も頑張ろうとしない
  • 大卒にはかなわないからと初めから出世欲がない
  • 頑張ることが好きではない

という結婚後に苦労することが目に見えているような人も実際にいるからです。

結婚後に「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためにも、ここで紹介する5つの項目はきちんとチェックしておきましょう!

 

学歴を言い訳にしていないか

あなたの彼がもし学歴を言い訳に「どうせ高卒は〜」という言葉をよく口にするようであれば要注意です。

高卒の学歴を言い訳にしている男性によく見られる傾向には以下のようなものがあります。

  • 大卒の友人との交流を持とうとしない
  • 「高卒だから〜は無理」と断言している

大卒の人と交流しないのは、彼が自分が高卒であることをコンプレックスに感じている証拠です。

 

ダルマちゃん
大卒で出世している人や順調に地位を固めていく人の話を聞きたくないあまりに、自分と同じ高卒の仲間で周りを固めて守りに入ってしまうんだ。

 

生活に困らない程度の収入を得ているか

高卒=高収入は目指せない、とはじめからあきらめ、低収入で重労働の仕事を「仕方なし」に続けている高卒男性も少なくありません。

結婚するなら生活に困らない程度の収入を得ている相手を選びたいのは、ごく自然なこと。

あなた自身が結婚してもなお仕事を続けるにしても、その先出産や育児により今まで通りに働けなくなる可能性は大いにあります。

彼の収入だけで生活が成り立つかどうかは結婚を考える際の重要な判断材料になります。

 

ダルマちゃん
高卒が稼げないわけではないんだ。高卒で稼ぐためには大卒の人たちよりも明確な「専門スキル」や「実績」が必要なだけ!
ユーくん
なるほどね。でも高卒でそんな専門的なスキルや実績を身につける方法って何?

 

高卒でも大卒に負けないほど稼げるようになれば、結婚後の生活も安泰です。

ここで紹介しておきたいのが、リバラボインターンシップ。

あなたの彼がもし、「重労働で低賃金」の仕事で疲弊しているようなら、ぜひリバラボインターンシップについて紹介してあげましょう!

 

リバラボインターンシップとは、

  1. インターンシップを活用して専門スキルを身につけ、実績を積む舞台を用意
  2. インターン後に身につけたスキルと実績を武器にハイレベル転職を目指す

この2点を総合的にサポートしている転職サービスです。

仕事を見つけるお手伝いをする転職サービスならいくらでもありますが、まずスキルと実績を身につける環境を整えて、身につけた後の転職までをサポートしているサービスは他にありません。

 

ユーくん
へぇ!リバラボインターンシップを活用すれば、高卒でも大卒に負けないハイレベルの転職が可能になるのか。
ダルマちゃん
そう!結婚後の生活を心配する必要もなくなるから、とってもおすすめなんだよ!

 

これまでにない、新しい転職サービスについてもっと知りたい方は、ぜひこちらを覗いてみてくださいね!

 

将来的な地図が描けているか

あなたの彼に、具体的な将来設計があるのかどうかも確認しておきたいポイントです。

なぜなら、高卒者の多くは学歴を理由に初めから高望みをしない姿勢を貫いており、この先「こんな風になりたい!」という将来の夢や目標がない人が多いのです。

あなたの彼がもしも、

  • 「いつまで今の仕事を続けるの?」
  • 「この先やってみたいことは?」

といった質問に回答できないようなら、将来設計ができていないと考えられます。

将来設計のない男性と結婚してしまうと、

  • 今の生活レベルが今後上がっていく可能性が極めて低い
  • 万一失業した場合に、これからのことを考えられず路頭に迷う

などのリスクがあるため、この先の結婚生活が不安でいっぱいになってしまいます。

 

向上心を持って努力しているか

向上心があるとないとでは、彼のこの先の未来は大きく変わります。

高卒の彼に向上心があり、「学歴が高卒でも成功できるように何をすべきか」を考え、実際に努力して一生懸命取り組んでいるのなら、彼がこの先成功する可能性は大いにあります。

しかし、「とりあえず今生きていけるんだからいいや」と現状に満足し、将来のために何の努力もしていないのであれば、それは大きな問題です。

向上心があるかどうかは、以下のポイントで見極めることができます。

  • 収入を上げるための方法を常に考えリサーチしている
  • より安定した生活を送るためにも今のままではいけないと自覚している
  • 具体的な目標(年収など)を決め、何年後にどうなりたいかが明確になっている

これらにあてはまる彼なら、高卒でも将来は有望です。

逆に、今のままで満足している彼ならこの先が心配。結婚相手としてふさわしいかどうかはもはや分かりません。

 

精神年齢が極端に低くないか

高卒にありがちな特徴の一つに、「精神年齢が低い」というものがあります。

大卒だから精神的に大人であると一概に決めつけるわけにはいきませんが、実際に大卒の男性と結婚した女性の中には、

  • 彼が精神的に大人で、頼り甲斐があると感じる
  • 問題があっても彼が解決してくれると信頼できる

と感じている人が多いもの。

大学に行けば、高校では経験することのない多くのことを経験できます。それらの経験を通して、精神面における成長を遂げることができる点は、大学に通うメリットでもあるのです。

高卒の彼の精神年齢が低いかどうかを見極めるポイントを挙げておくと、

  • 相談事をしたときにきちんと考え、アドバイスをくれるかどうか
  • 困難と対峙したとき、背を向けずに真っ向から対処しようとしているか
  • 彼と一緒にいて包容力があると感じられるか

などが参考になります。

これらにあてはまらない彼なら、きっと彼の精神年齢は低いと考えられます。

 

ダルマちゃん
結婚相手の精神年齢が低いのは問題なんだ。一緒にいてより安心感が得られるのは、精神的に大人の男性だからね。

 

高卒男性との結婚を反対する親目線

高卒の男性との結婚を考えていることを親に話すと、頭ごなしに否定されるケースは珍しくありません。

「なんでそんなに否定的なのよ!」と憤る気持ちは分かりますが、ここはひとまず親の目線になって考えてみましょう。

親目線で、我が子が高卒の男性と結婚するかもしれないとなった場合に考えられる懸念事項を挙げてみました。

  • 高卒=努力ができない人間なのではないか
  • 高卒=優良企業に就職できないのではないか
  • 万一失業した場合、就職先が見つからないのではないか
  • 娘がこの先ずっと共働きしなければ暮らしていけないのではないか

このような思いが親の頭の中にたくさん浮かんでくるものです。

だからこそ、親は高卒男性との結婚をよく思わず、反対してくることが多いのです。

 

ユーくん
高卒だと結婚しても楽な生活をさせてやれないと思われるってことか…。

 

娘の結婚相手として望ましいのは一般的に以下の3つを兼ね備えている男性です。

  • 思いやり
  • 経済力
  • 真面目な性格

真面目に働き、思いやりがあり、収入が良い男性であれば「娘の結婚相手」として申し分ないのです。

 

ダルマちゃん
親の目線で、娘が幸せになれそうな結婚相手を考えたら、この3つは欠かせないんだよ。

 

相手が高卒の男性でも、親から見て「娘を幸せにしてくれそうな男性」と判断されるためには、彼が真面目で優しい性格の持ち主であることが大前提。

その上で

  • 十分な経済力があることを示す
  • この先高収入を見込める仕事に就く可能性が極めて高いことを示す

このどちらか一方をアピールすることができれば親の心配も解消されるというわけですね。

 

高卒男性との結婚は世間からどう思われているのか

高卒男性と結婚する女性に対する世間の見方についても解説しておきましょう。

簡潔に言うと、高卒男性との結婚は世間から

  • 中卒よりはよほどマシ、でも大卒と比べると大きく劣る
  • 中の下、中の中、くらいの生活しかできなさそう
  • 一生共働きだろう

などのイメージを持たれています。

実際、大卒と高卒では年収に大きな差があります。

 

▼高卒と大卒の平均年収

平均年齢 月額給与 賞与 年収
高卒 44.4歳 296900円 673700円 4236500円
大卒・大学院卒 40.5歳 398900円 1290900円 6077700円

参考:「2017年 賃金構造基本統計調査

 

大卒の方が平均年収で比較すると180万円以上も上回っていますね。

高卒と聞いたときに、「稼げなさそう」と思われるのも無理はありません。

 

ダルマちゃん
高卒の男性と結婚したら、この先楽な生活はあまり期待できない、と思われる理由はまさにこの年収差なんだ

 

高卒でも大卒並み、もしくはそれ以上に安定した収入を得ている人はもちろん存在します。

あなたが高卒男性と結婚するからと言ってこの先苦労すると決まったわけではありません。

しかし、世間の目線はとてもシビアで、「高卒は皆似たり寄ったり、極端に成功する人はほぼいないだろう」と思われていることも知っておく必要があります。

 

まとめ

高卒の彼との結婚を親に反対されたという女性の多くは、「高卒なんて別に恥ずかしいことじゃないし、なんでそんなに反対されなきゃいけないの?!」と思うものです。

しかし、ここで解説した通り、親目線や世間一般的な目線では「高卒は大卒に比べて劣っている、結婚するなら大卒の方が良いに決まっている」と見られているのは事実です。

大切なのはあなた自身が彼と結婚して幸せになれるのかをきちんと見極めること。

  • 学歴を言い訳にせず、向上心を常に持っている
  • 安定した収入がある
  • 将来設計が明確にある
  • 精神的に成長している

これらの条件に当てはまっている彼なら、高卒であろうとこの先の未来は明るいと思って良いでしょう。

万一あてはまらない項目があれば、あなた自身が彼との結婚について今一度慎重に考え直してみる良い機会です。

結婚は一生のこと。後悔することのないよう、正しい選択ができるように見る目を養っておきたいものですね!

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら