高卒の初任給 | 大卒の初任給や生涯賃金と徹底比較

 

「高卒だとやっぱり大卒と給料で差があるよね」

高卒と大卒では給料が違うことは分かっていても、どのくらいの差があるのかを把握できていますか?

高卒は高校を出たら働いてすぐに給与をもらえますが、大学進学を選べば給与どころか入学費や学費など出費がかなり多いです。

しかし、大卒と高卒で生涯もらえる給与を比較した際、大学進学の方がコスパの良い選択だと言えるんです。

そこで、今回の記事では、高卒と大卒の具体的な初任給、生涯年収などを徹底的に比較していきます。

最後には、高卒の人が大逆転を起こす可能性の高い方法もご紹介します!

 

ユーくん
高卒と大卒の生涯年収って、どれくらい差があるのかイメージつかないなあ…!

ダルマちゃん

実は結構大きな差があるんだよ。詳しく説明していくから、しっかり聞いておくんだぞ!

 

高卒の初任給と大卒の初任給を徹底比較

まず、高卒の初任給と大卒の初任給を徹底比較していきます。

初任給

企業に就職した初年度の給料

この章では、以下二つの観点から初任給を比較していきます。

  • 男女別の高卒・大卒の初任給
  • 企業規模別の高卒・大卒の初任給

では、具体的にみていきましょう!

 

男女別の平均初任給(令和1年度)

男女別の平均初任給の差をみていきましょう。

 

▼(男)高卒と大卒の平均初任給

高卒 大卒
168.9万円 212.8万円

参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」より

 

▼(女)高卒と大卒の平均初任給

高卒 大卒
164.6万円 206.9万円

参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」より

 

▼(男女計)高卒と大卒の平均初任給

高卒 大卒
167.5万円 210.2万円

参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」より

 

高卒・大卒の平均初任給の差は、男性43.9万円、女性42.3万円です。

同じ企業に勤めても、1年目にすでにこれだけの差があります。

高卒は大卒よりも4年間早く社会に出ることができますが、その4年間で40万円もの差を埋めることは現実的にほぼ不可能です。

4年間働き続けた高卒よりも、大学卒業後1年目の人の方が給料が良いのが現実ということです。

 

男女別の初任給の分布(令和1年度)

次に、高卒・大卒の男女別の初任給の分布をみていきましょう。

初任給の平均値を見ただけでは、「実際どのくらいの初任給をもらっている人が多いのか」が分かりにくいところがあります。

そこで、この表を見ていただきましょう。

 

▼初任給の階級、性、学歴別新規学卒者数割合

参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」より

 

初任給の分布を見ると、以下のような特徴が浮かび上がってきます。

  • 大卒男性で初任給が100万円台の割合は20%もいない
  • 高卒男性で初任給が200万円以上なのは全体の3%のみ
  • 大卒女性で初任給が180万円未満の割合はわずか9%のみ
  • 高卒女性の85%ほどは初任給が180万円を下回る

 

ユーくん
高卒と大卒って初任給の分布がもう全くかすりもしないほどかけ離れてるんだ…
ダルマちゃん
その通り。大卒だと男女共に200万円を超えることは多いけど、高卒は200万の壁はほぼ超えられないんだ

 

高卒と大卒の初任給の差は、想像以上にかけ離れているものです。

ちょっとショックを受けてしまう人もいるかもしれませんが、これが現実なのでまずは受け止めましょう!

 

企業規模別の平均初任給(令和1年度)

次は、企業規模別の平均初任給を高卒と大卒で比較していきます。

ここでは、小企業・中企業・大企業の3つのカテゴリー別に、平均初任給を高卒と大卒で比較していきます。

以下が、この記事での企業規模の定義です。

  • 小企業
    常用労働者10〜99以上の企業
  • 中企業
    常用労働者100〜999人以上の企業
  • 大企業
    常用労働者1,000人以上の企業

 

▼(男女計)企業規模別初任給の比較表

大学卒 高校卒
大企業 213.1万円 168.5万円
中企業 208.6万円 166.1万円
小企業 203.9万円 168.6万円
企業規模計 210.2万円 167.4万円

 

▼(男)企業規模別初任給の比較表

大学卒 高校卒
大企業 215.9 169.1
中企業 211.1 167.6
小企業 206.0 171.8
企業規模計 212.8 168.9

 

▼(女)企業規模別初任給の比較表

大学卒 高校卒
大企業 209.7 166.9
中企業 205.2 163.6
小企業 201.8 163.8
企業規模計 206.9 164.6

※参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:企業規模別にみた初任給」より

 

これらの表から、以下の特徴が読み取れます。

  • 企業の規模が大きいほど、高卒と大卒の初任給の差が大きい
  • 高卒は企業規模が変わっても初任給に差が出にくい

 

ユーくん
高卒なら大企業に就職したところでたいして初任給が高くなるわけじゃないってことか…
ダルマちゃん
まさにその通り!逆に大卒は企業の規模で10万円くらい初任給に差がつく点が大きな違いだね!

 

初任給と学歴(高卒や大卒)の関係性

次に、初任給と学歴の関係性を紐解いていきます。

前の章で、学歴によって初任給には確実に差があることが分かりました。

  • 初任給の平均額では男女共に高卒と大卒で40万円の差
  • 大企業ほど初任給の差が高卒と大卒で大きい

企業が人材を採用する際には、「学歴」が重視されているのは今も昔も変わりません。

企業が、高卒に比べて大卒の人をどう捉えているかをご紹介します。

  • 大卒の方が忍耐強さがある
  • 大卒の方が「目標達成に向けてやり切る力」がある
  • 大卒の方が問題解決能力が高い

大学受験〜卒業までには、受験や単位取得など必ず努力が必要となります。

その努力をした上で、「大学卒」の資格をとったことを企業は評価しているのです。

 

ユーくん
高卒は書類審査で落ちることが多いよね。面接まで行きつかないケースはすごく多いし…。
ダルマちゃん
残念ながらそれが現実なんだ。大卒以上でなければチャレンジさえできない企業も多い。特に大企業はその傾向が強いんだ。

 

初任給の良い大企業に就職できるのは、基本的に大卒の人がほとんどです。

仮に高卒で大企業に就職できたとしても、大卒と同じ給料がもらえることはなく、初任給には大きく学歴が関係していることが分かります。

 

高卒の生涯賃金と大卒の生涯賃金を徹底比較

高卒と大卒の初任給を比較してその差を理解したところで、ここからは生涯賃金についてです。

高卒が社会に出て、一生をかけて稼いだ生涯賃金と大卒の生涯賃金の差はどのくらいなのでしょう。

この章では生涯賃金の差を高卒と大卒で細かく比較していきます。

 

生涯賃金の内訳

生涯賃金で高卒と大卒を比較する前に、まずは生涯賃金の内訳を確認しておきましょう。

生涯賃金の内訳
  • 60歳までの収入
  • 退職金
  • 61歳以降の収入

次の章からは具体的に男女・学歴(高卒・大卒)別に生涯賃金を比較していきますよ!

 

男女別の生涯賃金(退職金を含まない)

男女別の高卒と大卒の生涯賃金の差は以下の通りです。

 

▼(男性)大卒と高卒の生涯賃金比較(退職金を含めない)

学歴 生涯賃金
高卒 2億5500万円
大卒 2億8970万円
高卒と大卒の差 3470万円

※参考:ユースフル労働統計2019「生涯賃金」より

 

▼(女性)大卒と高卒の生涯賃金比較(退職金を含めない)

学歴 生涯賃金
高卒 1億8540万円
大卒 2億4660万円
高卒と大卒の差 6120万円

※参考:ユースフル労働統計2019「生涯賃金」より

 

生涯賃金で比較するとその差はかなり大きくなりますね。

男性における生涯賃金は高卒と大卒で3470万円、女性においては6120万円もの差があります。

生涯賃金の差が3000万円から6000万円にもなれば、その生活レベルは大きく変わることが容易に想像できます。

 

男性の生涯賃金(退職金を含む)

次は、男性における大卒と高卒の生涯賃金退職金を含む金額で比較していきます。

 

▼(男性)大卒と高卒の生涯賃金の比較(退職金を含む)

60歳までの収入 退職金 61歳以降の収入 生涯賃金合計
高卒 2億1140万円 1400万円 2900万円 2億5440万円
大卒 2億6920万円 1890万円 4000万円 3億2810万円
高卒と大卒の差 5780万円 490万円 1100万円 7379万円

※参考:ユースフル労働統計2019「生涯賃金」より

 

退職金込みで男性の生涯賃金を見てみると、総額で比較したときには7379万円もの差がついてしまうことが分かりました。

 

ユーくん
7000万円ってすごい金額…

 

7000万円も差があれば、老後の暮らしも高卒と大卒では大きく変わりますね。

この表からさらに細かな点に注目すると以下の点にも注目せざるを得ません。

  • 高卒と大卒では退職金だけで約500万円も差がある
  • 高卒と大卒では61歳以降に稼げる収入が1100万円も違う

大卒は高卒よりも稼げると知っていても、ここまで大きな違いがあるとは思わなかったという人がほとんどでしょう。

やはり、大卒は稼げる!これは紛れもない事実なのです!

 

高卒で初任給が低くても大逆転する方法

 

ユーくん
正直あれだけ差があると、時間がかかっても大学受験して卒業して就職した方が良いような気もするなあ・・・

ダルマちゃん

高卒は何をやっても大卒を追い越すことはできないと感じちゃうよね。でも、まだ大逆転を起こす方法が残っているんだよ。

 

実際高卒の学歴でも、大卒と同じ、それ以上の収入を得ている人は確かに存在しています。

  • 専門スキルを持っている人
  • 専門分野でスキルを活用し実績を積んだ人

 

ユーくん

みんな専門スキルがある人たちばかりだね…!普通の高卒だと厳しくない?

ダルマちゃん

実は一般的な高卒の人でもスキルを磨いて活躍できる方法があるんだよ。

 

高卒で大逆転を狙う人にぴったりな方法としてご紹介したいのは、「リバラボインターンシップ」です。

リバラボ自体がインターンシップを受け入れているので、受け入れ先企業を自分で探す手間がありません。

高卒で学歴や職歴に自信がない人が実践の場で経験を積むことで、本来なら考えられなかった転職が可能になります!

他の類似サービスと比較しても、リバラボインターンシップはかなり条件が良いことが以下の表からも分かります。

 

▼類似サービスとの比較

 

実際に2年間のインターンシップを終えた先輩たちは、転職・入社・起業など様々道に進んだ実績があります。

現場で様々なスキル・実績を積むことで、希望の職に就職できる可能性が高いということです。

 

▼先輩たちの様子

 

つまり、リバラボインターンシップを活用すれば、高卒でも大卒に負けないハイレベル就職が目指せるようになるのです!

高収入だけでなく、希望の職種に就ける可能性が高まります。

大学に行く予定がないのであれば、このリバラボインターンシップを活用しない手はありませんよね。

 

まとめ

今回の記事では、高卒と大卒の初任給の差や、生涯年収の差についてお伝えしてきました。

  • 【男性】高卒と大卒の初任給の差 43.9万円
  • 【女性】高卒と大卒の初任給の差 42.3万円
  • 【男性】高卒と大卒の生涯賃金の差 3470万円
  • 【女性】高卒と大卒の生涯賃金の差 6120万円

高卒では、大卒並みに稼ぐことはほぼ難しいことが分かりますよね。

しかし、これを挽回する方法があることもあなたは今知っています!

今から成功を目指すなら、インターンを活用するなどして専門スキルを身につけ、実績を積みましょう。

高卒だからと言って、あなたの目指す未来が実現しないというわけではありません。

今から行動を起こすことができれば、あなたの未来はここから大きく変わっていきますよ。

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら