高卒でも年収1000万稼ぎたい!必要な資格とキャリアアップへの道筋

『年収1000万円』は、誰もが一度は憧れる収入でしょう。しかし、現在の収入が低い人が目指せるものなのでしょうか。年収1000万円のライフスタイルや、稼げる業界を解説します。転職に役立つ資格も紹介するので参考にしてください。

年収1000万でかなうライフスタイル

年収1000万円の生活がどのようなものか、気になる人もいるでしょう。年収1000万円の手取りや生活水準を解説します。

手取りは750万前後

年収1000万円と言っても、全額がもらえるわけではありません。年収からは税金と社会保険料が引かれるため、年収1000万円の場合、手取りは約750万円です。

日本では累進課税制度によって、年収が高いほど所得税も高くなる仕組みです。しかし、扶養家族などがいる場合は控除を受けられるため、税金が安くなり手取りが増える場合があります。

年収1000万円で適用される税率は高いため、控除によって税率が低くなる人とそうでない人では、手取りの金額は数十万円変わることもあるでしょう。

お小遣いや貯金額に余裕がある暮らし

年収1000万円の手取りが約750万円とした場合、月給に換算すると約62万円です。生活費を除いても、自由に使えるお金として約20万円は手元に残るでしょう。

年収1000万円あれば特に大きな心配をせずとも、裕福な暮らしができて、老後の資産形成も考える余裕があります。都心部の高級マンションに住むことも可能です。

しかし、年収1000万円の場合、収入制限にひっかかり、児童手当や高等学校等就学支援金制度といった公的支援を受け取れません。また、累進課税制度により、年収がさらに増えても手取りがわずかしか増えないといったデメリットもあるので、注意が必要です。

未経験から高収入を目指せる業界と職種

年収1000万円を狙える仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。特に未経験からでも挑戦が可能で、高収入を目指せる仕事を三つ紹介するので、ぜひ参考にしましょう。

不動産業界の営業職

不動産業界の営業職は、努力次第で高収入を得られるポテンシャルを持った職種です。

不動産業界の営業職では、契約数に応じて売上げの数%〜数十%を還元する『インセンティブ制度』を取っている会社が多くあります。

不動産は一件成約したときの売上げが高いため、数多く成約できれば年収1000万円も夢ではありません。しかし、商材の単価が高い分、成約の難易度は高く、成績次第では平均月収以下しかもらえない月もあるでしょう。

生命保険業界の営業職

生命保険業界において、特に外資系会社の営業職であれば、年収1000万円を狙いやすいでしょう。稼げる仕組みは不動産業界と同じくインセンティブ制度によるもので、特に外資系の生命保険会社は完全実力主義の文化が強いようです。

生命保険業界で結果を出せば、高収入を得られる可能性が高まります。ただし、生命保険は単価が高いことに加えて無形商材であるため、有形商材に比べて高い営業力が求められ、簡単ではありません。

そのため、営業の結果により、年収の差がはっきりと生まれやすいことも特徴の一つです。

IT業界のエンジニア職

エンジニア職はスキルを習得すれば、学歴に関係なく高収入を目指せる職種です。

最初はプログラマーやテスターなどシステム開発における下流工程から経験を積むことになりますが、スキルを習得し、要件定義などの上流工程に携われるようになることで、高収入を狙えます。

高収入を狙いやすい企業は、企業や公官庁のITシステムを構築・運用・サポートする『大手SIer』や、自社開発を行っている企業です。大手SIerは品質が担保され、投資力の高いクライアントから受注しやすいため、エンジニアへの給料が高くなる傾向があります。

また、自社開発を行っている企業は優秀なエンジニアを雇う傾向があるため、高待遇を受けることが期待できるでしょう。

転職に役立つおすすめの資格3選

年収1000万円を目指して転職活動をするなら、資格という武器を持っておきたいでしょう。転職に役立つ資格を三つピックアップして紹介します。

経理スキルが身に付く「日商簿記検定」

簿記とは、企業の財政を記録することで、全ての企業にとって必要な業務であると言っても過言ではありません。そのため、簿記ができる人材の需要は高く、特に評価されやすいポイントは『日商簿記2級以上』を持っていることです。

簿記と言っても、必要とされる計算スキルは四則演算です。そのため、難しい数学の知識がなくても合格は狙えます。

難易度は高くなりますが、日商簿記1級を取得できれば税理士の受験資格も得られます。今後の転職などを考えると、持っておいて損はない資格と言えるでしょう。

経験を積めば独立もできる「FP」

FP(ファイナンシャルプランナー)は、お金にまつわる知識を幅広く身に付けることができる資格です。主に金融業界へ転職には有利になります。また、FPで勉強する知識は、仕事だけでなくプライベートでも役に立ちます。

転職で武器にするなら、FP2級の受験がおすすめです。2級を受験するにはいくつか条件がありますが、一番近道なのは、日本FP協会が実施するAFP認定研修を修了することでしょう。

またFPは独立や開業を目指せる資格であることも、メリットの一つです。

IT業界で評価が高い「基本情報技術者」

エンジニアでの転職を狙うなら、『基本情報技術者』がおすすめです。エンジニアの登竜門とも言える資格で、取得すればIT業界で活躍する上で必要な知識があることを証明できるでしょう。

ベンチャー企業より大手企業への転職に有利に働く傾向にあります。技術力を重視されやすいベンチャー企業に比べて、大手企業では採用基準をはっきりとさせたいという意図から、資格取得者を優遇するケースがあるためです。

年収1000万円を超える職業に就く方法

年収1000万円以上を稼げる企業に入るためには、押さえるべきポイントがあります。以下の三つのポイントを押さえて、ぜひ年収1000万円を目指しましょう。

市場価値の高いスキルを磨く

まずは、市場価値が高いとされるスキルを磨きましょう。スキルを身に付ける際は、専門性の高いものや、希少性の高いものを選ぶことがおすすめです。

例えば、IT業界なら、AIやビッグデータなどの先端技術を身に付ければ、希少価値が生まれるでしょう。

また、スキルアップの一つとして資格を取得することで、資格手当が付くケースもあります。今後に生かせるスキルが身に付くだけでなく、収入も上がるので一石二鳥と言えるでしょう。

年収が高い業界へ転職する

年収の相場は、業界によって大きく異なります。そのため、年収1000万円を狙うなら、給与水準の高い業界への転職が有効な手段です。年収が高い業界としては、以下が挙げられます。

  • 金融業界
  • 不動産業界
  • インフラ業界
  • IT業界

一方で、飲食やサービス業などは年収水準が低い傾向にあります。年収水準が低い業界から、年収水準が高い業界に就職するだけでも、年収1000万円を稼ぐことは可能でしょう。

インターンシップを利用する方法も

まずは焦らずに実務経験を積むことも、年収をアップさせるには大切なことです。現在、働いている会社の業務が自身の市場価値をアップさせるなら、数年経験を積んでからの転職でも遅くはないでしょう。

もし、現在のスキルに自信がないなら、リバラボインターンシップへの参加がおすすめです。一流企業で求められるスキルを、最長2年間かけて習得できるプログラムになっています。

研修期間は職歴として履歴書に書くことも可能です。また、研修中は固定給が支給され、住居として寮も利用できるので、生活を心配することがなく研修に集中できるでしょう。

リバラボインターンシップ

キャリアプランを練って高収入を目指そう

年収1000万円を目指すなら、戦略的にキャリアプランを練る必要があります。年収1000万円を稼げる職業や業界は絞られるため、まずはどういったキャリアで収入アップを狙うかを計画しましょう。

計画が決まったら、自分のスキルを磨いたり、資格を取ったりして、自分の市場価値を高めていきましょう。自分でスキルを身に付ける自信がない場合は、リバラボインターンシップに参加して実務経験を積むことがおすすめです。まずは一度、無料相談に申し込んでみましょう。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?