工場勤務がきついと感じる10の理由と3ステップの対処法

 

世間では、工場勤務の仕事って長時間労働、肉体労働、単純作業等、精神的、身体的に厳しいイメージがありますよね。

しかし、実際にきついと感じているのは、全ての工場勤務の人ではありません。

この記事では、工場勤務の悪いイメージの原因を突き詰め、工場勤務の実態をお伝えしていきます。

また、工場勤務を考えている方々に向けて、工場勤務に代わる新しい選択肢もご紹介します!

 

ユーくん

工場勤務だと比較的簡単に就職できるイメージがあるんだけど、どうなのかな・・・

ダルマちゃん

簡単に就職できるからこそ、現実を知らずに就職して辛くなって辞めるパターンが多いんだよ。

 

工場勤務がきついと感じるのは1,2次請け会社の社員

 

ユーくん

でもさあ、実際工場勤務の仕事って全部厳しくて辛いの?

ダルマちゃん

いや!そういうわけではないんだ。ここで工場勤務の種類も合わせて説明していくよ!

 

工場勤務の仕事がきついと感じる人の多くは、1次請け」「2次請け」の会社で働いている社員です。

もともと工場勤務は元々製造業に多くある勤務形態で、製造業は以下のようなステップで製品が作られています。

  1. 元請け
    大手メーカー。定年まで働く人の割合が多い。
  2. 1次請け
    メーカーグループ会社。中間管理職にはメーカーからの天下りもいる。
  3. 2次請け
    外注工場・請負、派遣会社。離職率が高い。

この中で、離職率が高いのは主に1次請け」「2次請け」の会社の工場で勤務する社員なのです。

以下が、離職につながる要因です。

  • 昇級が確約されていない
  • ボーナスが存在しない
  • 福利厚生が整っていない

 

昇給を目指せる環境自体がない上に、そもそもの給料も良くないため、将来的に続ける意味がないと考える人が多いのです。

一方で、元請けと呼ばれる大手メーカーは、働く環境が整っていて、昇級やボーナスもあるため、辞める人が少ないです。

 

ダルマちゃん

要するに、工場勤務の人が全員厳しいわけではなく、「1次請け」「2次請け」会社の社員が厳しいということだよ。

 

工場勤務がきついと感じる10の理由

「1次請け」「2次請け」の会社で働くことが厳しいことがわかりましたが、具体的にどのような状態なのでしょうか。

工場勤務に興味がある方は、就職してから実態を知るのではもう手遅れです。

事前に、工場勤務の厳しい現実を知っておきましょう。

  1. 体育科系の根性論
  2. 夜勤やシフトが不規則
  3. 単純作業が身体だけでなくメンタルも蝕む
  4. 私語厳禁の現場も多い
  5. ミスした場合の損害が大きい
  6. 残業や休日出勤が多い
  7. 身体に害のある薬品やガスを扱う
  8. 重労働
  9. 不衛生な環境
  10. 怪我の危険性が高い

 

1.体育会系の根性論が浸透しているから

工場は体育会系の職場が多く、体育会系の根性論を強要されてきついと感じる人が多くいます。

 

ユーくん
部活みたいな感じありそう、、、先輩には逆らえない職場が多そう。

 

仕事を覚えられなかったり、仕事が遅かったりすると、「気合だ!根性出せ!」と怒鳴られることは日常茶飯事です。

しかし、長く工場勤務を続けていると、その体育会系の風潮が当たり前になってそれを不思議に思うことはありません。

ただ、慣れるまではかなりきついので、この風潮が合わなかった人は早い段階で辞めていきます。

 

2.夜勤やシフトが不規則だから

工場勤務はシフト制の勤務形態が多く、夜勤もあるため生活が不規則になりきつくなる人も多くいます。

実際、2交代制、3交代制などのシフトで勤務している人が多く、生活のリズムが狂い体調管理が難しくなるのは否めません。

深夜の時間帯にかかるシフトで勤務すれば深夜手当は付きますが、それも大幅な収入UPに繋がるほどではありません。

夜中まで働いても大きく収入につながることがないため、余計きつさを感じやすいのでしょう。

 

3.単純作業が身体だけでなくメンタルも蝕むから

工場勤務の仕事内容は単純作業のものが多く、単純作業に身体とメンタルを蝕まれる人が多くいます。

毎日同じ作業だけを繰り返していると、だんだんと精神的に参ってしまいます。

 

ユーくん

毎日毎日同じ景色で同じ作業をして・・・考えただけで苦しいね。

ダルマちゃん

たとえ大好きなお菓子工場で働いていて、大好きなチョコレートを毎日箱に詰める作業を繰り返していると気が滅入ってしまうんだよ。

 

作業が身体的にきつくて辞める人もいますが、同じ単純作業を続けることで精神的にきつくなり辞める人も多いということです。

 

4.私語厳禁の場合も多いから

工場では、仕事中の私語を禁止されている職場も多く、それをストレス・苦痛に感じる人もいます。

工場勤務での作業は基本的に「周りと喋りながら和気あいあい」でなく、「黙ってそれぞれが黙々と作業を続ける」のが通例です。

特に、食品工場の場合は、衛星面を考慮し私語厳禁とルールが設定されていることが多く、余計にストレスが貯まりやすくなってしまいます。

人としゃべらずに済むという理由で工場勤務を選ぶ人も多くいますが、実際に一切喋ることができなくなると苦しいものです。

 

ユーくん

一日誰とも離さずに同じ作業を繰り返すなんて・・・正直きつすぎる!

ダルマちゃん
勤務時間はそれなりに長いし、誰とも会話ができないとなるとストレスに感じるのも無理はないよね。

 

5.ミスした場合の損害も大きいから

工場勤務の仕事は、各作業員が任された仕事を正確に行うことが非常に重要で、ミスした場合多くの作業工程に迷惑をかけてしまいます。

このプレッシャーや実際にミスしたときの対応はかなりストレスになります。

作業工程でのミス
  • 「A→B→C→D」という作業の工程の場合
  • Cの工程でミスがあると、Aからやり直しの場合有
  • 作業全体の流れがストップ
  • 他の工程担当者に迷惑をかける

「せっかく済ませたのにまたやり直し!?」と嫌な顔をされても仕方がありません。

自分のミスで他の作業員や会社に大きな損害や迷惑をかけてしまうことにプレッシャーを感じ、耐えきれずに辞める人も実際います。

 

6.残業や休日出勤が多いから

工場の中には定時にぴったり退社できる工場もありますが、残業や休日出勤を余儀なくされる工場も多くあります。

時間厳守でほぼ残業や休日出勤のない勤め先なら気持ち的に楽ですが、そうでない場合はきつく感じる人が多くいるようです。

「また今日も残業があるのかもしれない」

「次の休みに休日出勤しろって言われたらどうしよう」

このような気持ちになるのは当たり前です。

「残業代で収入をUPさせられるから、逆に残業や休日出勤歓迎!」と考える人も中にはいますが、ずっとこれが続くとかなりの負担になります。

最初は良くてもだんだんプライベートの時間がなくなって苦しくなり、辞めてしまう人がいるのです。

 

7.身体に害のある薬品やガスを扱うから

工場勤務では扱う製品は身体に害のある薬品やガスも含まれており、そのリスクを不安に感じる人もいます。

確かに、工場には作業のための機械やガス、そして薬品などがたくさんあり、操作を間違えると人体に害を及ぼす可能性が大いにあります。

危険と隣り合わせで仕事をするのは精神的に何倍もストレスがかかるもので、常に集中していなければならない環境を苦痛に感じる場合があります。

ただでさえ単純作業でボーッとしやすいのに、危険を察知できるよう集中していなければならないとなるときつさが倍増しますよね。

 

8.重労働で体力的に厳しい環境だから

夏は暑く冬は寒い工場で重たいものを運んだり長時間立ち続けることのある工場勤務は、体力的にとてもきつい仕事です。

基本的に工場勤務ではデスクワークではなく実作業が仕事なので、「常に体を酷使する」必要があります。

年齢が若いうちはあまり感じなくても、年を重ねることで体力的にきついと感じはじめる人も多いです。

 

9.不衛生な環境だから

工場勤務が嫌がられる理由の一つに、「工場が不衛生」というものがあります。

近年では以前に比べて綺麗な工場が増えているものの、やはり薄汚い工場も多く存在します。

不衛生な環境ゆえに虫が出ることも多く、女性従業員の中にはこれが耐えがたいと感じる人もいます。

職場は衛生的であるに越したことはありませんが、製造現場である工場に「クリーンな労働環境」を求めるのはまだまだ難しいのが現実です。

 

10.怪我の危険性が高いから

工場には大きな機械や危険作業が多く、怪我の危険性が高いことも大きなプレッシャーでストレスに感じる場合もあります。

ヘルメットを着用していて命拾いをしたという話は工場勤務のあるある話です。

しかし、常に怪我をしないよう万全の注意をしなければならないのが工場勤務の仕事の特徴です。

自分が怪我をしないためのリスク回避も大事ですが、人に怪我をさせないようにすることも考えなければなりません。

特に、慣れてくる頃には気が緩み、ちょっとしたうっかりミスから大きな怪我に繋がるケースも少なくありません。

毎日の仕事において、怪我のリスクと隣り合わせでいることは精神的にも大きな負担となり、この点がきついと感じる人も多くいます。

 

ユーくん

工場勤務ってただきついイメージだったけど、具体的に色々なきつさがあるんだね。

ダルマちゃん

身体的にも精神的にも強くないと工場勤務には耐えられないんだよ。だから就職する前にしっかり考えないといけないんだ。

 

工場勤務がきついと感じる方の対処法3ステップ

 

ユーくん

工場勤務に興味はあったけど、かなり厳しそうな職場だし、簡単に就職できても俺には無理だな〜

ダルマちゃん

そう感じた人は多いはず・・・実は、工場勤務を考えていた人にぴったりの業界があるんだよ。それはIT業界!

 

なぜIT業界なのか分からない方も多いと思いますが、それにはしっかり理由があります。

ここでは、工場勤務から方向転換し、IT業界への就職を現実的にする3つのステップをご紹介します!

 

1.IT業界がおすすめの理由

工場勤務とはかけ離れているIT業界ですが、実は職歴や学歴に自信がない人にとてもおすすめです。

その理由は以下の通りです。

  • 今まさに急成長中で旬の業界
  • IT業界は人手不足で就職しやすい
  • 今後出世して大きく稼げる可能性大

IT業界は目指さない手はない!というくらいにおすすめする理由が揃っている業界です。

 

ユーくん
でもIT業界なんてスキルとか経験なしに入れるものなのかな‥?
ダルマちゃん
IT業界って実は人材不足で、未経験でも採用されるケースが増えているんだよ。スキルや実績があれば目指せる企業の選択肢はかなり増えるんだ。

 

では、実際にIT企業へエントリーする方法を見ていきましょう。

  1. 未経験OKのIT企業へ
  2. スキルと実績を獲得→憧れのIT企業へ

敷居が高いように感じるIT業界ですが、未経験の人でも受け入れてくれる企業はあります。

また、有名な企業を目指すのであれば、事前にスキルと実績を積んでからエントリーする必要があります。

学歴よりも実際の現場で使えるスキルと実績を評価してくれるのもIT企業をおすすめする理由です。

 

ダルマちゃん

ただ、未経験でIT企業に飛び込むと、働きながら勉強もしなくちゃいけないから超大変。

 

2.IT企業での職種を選択

IT企業をどの方法で目指すにしても、必ず職種を選択する必要があります。

IT業界は職種によって仕事内容は全く変わってくるため、まずは職種を絞り込みましょう!

IT企業の主な職種をご覧ください。

  • エンジニア・プログラマー
  • 営業・コンサルティング
  • マーケティング・企画
  • 人事・採用

 

ユーくん

IT業界ってプログラマーみたいな人しかいないと思ってた!

ダルマちゃん

でも、IT業界で働くなら基本的にどの職種でも「プログラミングスキル」は必須なんだよ!

 

「営業・コンサルティング」「マーケティング・企画」「人事・採用」は、IT業界だけに関わらず全ての業界に通用する仕事です。

いずれIT業界からの転職を視野に入れている方にとっては、プログラミングスキルに加えて他のスキルも身につくのでおすすめです。

 

3.スキルを身に付ける環境を作る

 

ユーくん

未経験でIT企業に就職したら、給料はもらえるけど超大変だよね。

ダルマちゃん
[

そうなんだよ!どうせなら先にスキルと実績を身に付けて、最初から給料や労働環境の良いIT企業への就職を目指すべき。

/voice]

 

ただスキルを身につけてハイレベル企業への就職を叶えたい!となっても、どこでスキルや実績を身に付けたら良いか分からないですよね。

そこで活用すべきなのが、「インターンシップ」です。

ユーくん
インターンシップって勉強のイメージが強いけど、お金もらえるの?
ダルマちゃん
リバラボインターンシップ」を活用すれば、給料をもらいながらスキルと実績を積めるんだよ。

 

リバラボを通じた就職
  1. 2年間のインターンシップ
  2. 獲得したいスキルを学べるコースを選択
  3. サポートを受けながら実践して経験を積む
  4. 身に付けたスキル・実績をベースに転職
  5. 給料・労働環境の良い大手へ就職

 

リバラボインターンシップは自分が身に付けたいスキルを選んで、そのコースで経験を積めるのが特徴です。

 

▼選べるビジネススキル

 

また、インターンシップと言いながら結果を出せば、昇給していくので稼ぐ楽しみを味わうことができるのも魅力です。

 

▼給料制度

 

あなたがやるべきは、「インターンでお給料をもらいながらスキルを身につける」だけです。

その結果、2年後には今では考えられない夢のIT企業へ挑戦できるようになるのです。

工場勤務で厳しい労働環境で我慢しながらコツコツ働くよりも、楽しくポジティブにキャリアをアップさせていきませんか。

リバラボ卒業生のほとんどが最初は皆さんと同じようにキャリアや仕事に悩んでいましたが、インターンを経て社会に出て活躍しています。

 

▼リバラボ卒業生の進路

 

世の中には学歴や職歴に自信がなくてもやる気さえあれば、チャレンジできる環境があるのでチャレンジしない手はありませんよ。

 

 

まとめ

工場勤務に興味があった皆様、厳しい現実が待っていることをご理解いただけましたか。

それでも工場での勤務に興味があって就職したいという場合は、それを悩む必要はありません。

しかし、特にこだわる理由もなく、「就職しやすいから」の理由で就職を考えている人は要注意です。

  • 大手の工場勤務以外は離職率が高い
  • プライベートの時間が制限されやすい
  • 精神的、身体的に厳しい環境
  • 効率よく出世、昇給できる仕事もある
    →IT業界

やり方や考え方次第では、学歴や職歴に左右されない世界で戦っていくことができます。

ぜひ、将来を考えた上でベストな判断をしてくださいね。

リバラボでは無料相談を受け付けているので、こちらもぜひご活用ください。

 

執筆者
キャリアゲ編集部
学歴職歴を理由にキャリアや転職に悩む全ての若者を対象に、学歴がなくてもできるスキルアップや転職ノウハウを提供することで、読者の皆様にご自身の"選択肢"を発見して頂き、新たな道へ一歩踏み出せるような記事を発信している情報メディアです。


こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?