2chでフリーターが語った老後までの人生とフリーターが抱える問題点

 

「フリーターを続けると、この先一体どうなっていくんだろう」と、この先の自分の人生が見えず不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

年齢を重ねてもなおフリーターを続けていくと、さまざまな場面で「フリーターでいること」が障害となることがあります。

今回は、2chに書かれているフリーターの生の声をもとに、フリーターとして生きていくことや、その問題点について今一度見直してみたいと思います。

 

この記事で分かること
  • フリーターを続けるとどのような場面で困るのか
  • フリーターが「やっぱり正社員には敵わない」と感じるのはどんなときか
  • フリーターのままだとなぜ結婚に支障が出るのか

 

ユーくん
フリーターって悪くないと思うんだよね。
ダルマちゃん
とりあえず、という気持ちでフリーターになる人はとても多いんだ。でも実際フリーターの人生がどんなものなのかを知ることはとても大事だよ!フリーターの問題点もきちんと理解していこう!

 

2chのフリーターが語った老後までの人生

フリーターとして生きていくことを長いスパンで見てみましょう。フリーターの人生についてフリーター自身がどう感じているのか、ここで2chの投稿を参考にしながらまとめていきたいと思います。

20代のフリーター

20代のフリーターの書き込みを見ていると、以下のような内容のものが多いことに気づきます。

  • 正社員になった方がいいとは思うけれど、まだいいかと思っている
  • 正社員として働き始めた友人よりも自分の方が収入が高いことは少なくないので結構気分が良い
  • 周りにまだフリーターがいるので焦りは感じていない

 

30代のフリーター

30代になると状況は大きく変わり始めます。ネガティブな書き込みが多いですね。

  • 周りのバイト仲間が年下ばかり(20代)になりちょっと居心地が悪い
  • 社会人の友人たちが出世し始めるため焦りを感じる
  • そろそろヤバイと感じて正社員を目指して就活するもどこも採用してくれない
  • 周りの友人は結婚したり家を買ったり良い車に乗ったりしているのに自分は何も変わっていないことに不安を感じる

 

40代のフリーター

さらに40代になるとますます落ち込む要素が増えてしまいます。

  • 安定した生活をするには正社員になっておくべきだったことを確信する
  • せめて稼ぎだけでも良くしたいと、体力仕事や夜勤のバイトばかりを狙い疲弊する
  • アルバイトさえも見つからなくなってくる
  • 学生時代の友人に対して羨望や嫉妬の感情が芽生えて完全に疎遠になる

 

50代のフリーター

さらに50代になると人生諦めモードに。

  • 生活していくことが精一杯で、夢も希望もなくなった
  • 早くに就職して結婚した友人は子供も成人し始めているのに自分には老後の面倒を見てもらえる人もいない
  • 高齢のためにアルバイトでさえ採用されなくなり、今のバイトを続ける以外に道がなくなった

フリーターとして生きていくということは、このような人生を歩むことです。今のあなたはまだ年齢も若いため、これから考えられるリスクについてなかなか知ることができません。

しかし、2chを見るとここで紹介したような、読んでいて怖くなるほどの絶望感たっぷりの書き込みがとても多いことが分かります。

 

2chで垣間見えるフリーターが抱える6つの問題点

フリーターとして生きていくことの何が一体問題なのでしょうか。今のうちから問題点が分かっていれば行動も必然的に変わるはず。ここでは、2chを参考にフリーターの問題点を6つ紹介していきます。

問題点を知れば、なぜフリーターでいることがこの先の人生において苦労や絶望を生み出すことになるのかがよく分かります。

耳の痛い話ばかりになりますが、ここはしっかりと読み進めていただきたいです!

 

20代はフリーターを楽観視してしまう点

はっきり言って、20代のフリーターは自分の現状に満足し、新入社員として低い給料で必死に働いている正社員を下に見てしまう傾向があります。

  • 一生フリーターでも別に良いんじゃないかと思うほど生活はしっかり成り立っていると感じる
  • そもそも正社員よりも自分の方が給料がいいし、別に正社員でいる必要性はないと思っている
  • 周りの正社員を見ていると、自分よりも苦労してたくさん働いているのに、自分より稼げていない。だからフリーターの方がいいんだよ、と思えて仕方ない

確かに、フリーターも正社員も収入はそう変わらないのが20代。ここで、「このままフリーターでも十分じゃん」と錯覚してしまうケースは多いです。

 

フリーターは20代で年収のピークを迎えてしまう点

フリーターの年収は年々上がっていくわけではありません。ですが、20代のうちからそれに気付くことができる人はごくわずか。

気付いた時にはすでにフリーターを長く続けすぎていて、正社員を目指すのがものすごく難しくなってしまうのです。

  • 月給15万とかで正社員として働くなら今のままフリーターでいた方がいいに決まってる
  • 結婚しないなら別にフリーターでも生活に困ることはないだろうし、別に問題ない

確かに正社員は初任給が低く設定されていることも多く、正社員になったら稼げるようになると実感できるわけではありません。しかし、正社員の魅力は「確実に給料がUPしていく」点にあります。この点はフリーターと大きく異なります。

フリーターの収入は正社員と違ってほぼ上がらないことがフリーターを続けることの問題点の一つであると言えますね。

 

フリーターは30代からバイト先で肩身が狭くなる点

フリーターと言えば若い年齢層の人たちが多いものです。自分自身の年齢が上がっていけばいくほどに、周りとの年齢差が生まれて馴染みにくくなるのも問題点として挙げられるでしょう。

  • 学生や20代前半のバイト仲間と一緒のレベルで働くことが辛くなってきた
  • 30代なのにフリーターでいることで、周りから嫌味を言われることが多い
  • 自分だけ30代で、周りは大学生が多い職場。正直話も合わないし肩身が狭い

職場での居心地の良さはとても重要です。居心地が悪ければ仕事も楽しくなくなり苦痛になっていきます。周りに相談するにも正社員の友人ばかりで誰にも話せず精神的にストレスを感じるようになってしまいます。

 

人間関係が狭くなってしまう点

フリーターでいると人間関係が限定されてしまう点も問題点として挙げられます。

  • 正社員で働く友達とはなんとなく会いづらくてだんだん疎遠になる
  • 親戚が集まる場に行くのがすごく嫌。そろそろちゃんと就職したらどう?って言われるし、同年代のいとこ(正社員勤務)といつも比較される

フリーターでいることで周りのフリーター仲間とばかり交流を深めるようになるのがフリーターの特徴でもあります。そして、親戚や親と顔を合わせるのが嫌になるという意見もとても多いですね。

こうして、友人や家族・親戚との距離がだんだん開いていきます。

 

年収が壁になって進められないことがある点

フリーターでいることで、恋人との結婚話が進まなかったり、大きな買い物をするためにローンを組むことができなかったりと思わぬ障害を生むことも少なくありません。

  • 相手の親がフリーターと結婚なんてありえないと反対してきた。このままじゃ彼女とだめになるかも
  • 同年代の友人たちは家を買ったり不動産を買う人もいるが、自分にはとてもじゃないけどできない

結婚する際に自分がフリーターのままだと、相手の家族に猛反対を受けるケースがあります。年収が少なく、将来長い目で見た時に「安定」の2文字からかけ離れているフリーターは、イメージが悪いのです。

また、大きな買い物をする(家や車など)ほどの年収もなければ、ローンを組もうにも審査落ちばかりで結局実現しないという例も多いです。

 

老後に支給される年金額が少ない点

フリーターでいることの問題点として忘れてはならないのが、「将来受け取れる年金額が少ない」という点。特に若いうちには思いつかないことかもしれませんが、とても大事なことです。

厚生年金なしの場合、受け取れるのは国民年金のみ。具体的な金額で言うと月に65,000円程度しか受け取ることができません。

余程貯金しておかなければフリーターの老後はかなりキツくなると思っておいて間違い無いですね。

 

2chの30代フリーターが『正社員との差』を語った

30代になると、フリーターは20代のときとあきらかにレベルの違う「不安感」をおぼえるようになります。

正社員で働く友人たちと自分の差を目の当たりにして、だんだんと自分はだめなのかもしれない、と思うようになるのです。

貯金が全然できない。生活していくことはできてもこのままでは将来が絶対ヤバいことになると確信した。正社員の友達は家を買ったり車を買ったりしてるのに、ローンも組めない自分にうんざり。

同級生が結婚したり子供ができたりする話を聞くのが正直苦痛。自分はまだフリーターなのに、正社員組は着々と人生を歩んでいる感じで置いていかれた感がすごい。

20代のときは正社員と比べても変わらないくらいの収入もしくはそれ以上の収入があったのに、30代になるとどんどん追い越されていくのがフリーターです。

正社員なんて名前だけだと思っていたのが、いよいよ現実的にフリーターとの決定的な差を見せつけられて苦しむのが30代フリーターの通る道です。

 

2chの30代フリーターが『バイトの現実』を語った

30代のフリーターがバイトについて思うこと。それは「居心地の悪さ」です。以下の書き込みを見てみましょう。

バイト先の学生たちと全然話が合わない。同じ30代が多いバイト先を教えて欲しいくらいだ。今のバイト先は、学生と他に明確な目的があるとかそんな奴ばかりで無理。

年下の正社員に偉そうにされるし、地元の同級生に愚痴ってしまおうかと思ったら、みんな案外就職して結婚してたりするからさらに落ち込む。

結局のところ劣等感を感じることが職場でも多くなってくるのが30代。周りと話が合わず孤立してしまったり、年下の社員から下に見られて自尊心を傷つけられたりとさんざんですね。

 

2chの30代フリーターが『結婚』を語った

30代にもなれば結婚している人も多いものです。フリーターでいることは結婚にも大きく影響します。こちらの書き込みを見てみましょう。

フリーター相手に結婚する女なんているの?ボーナスもなければ退職金も出ない。普通の生活レベルのお金さえギリギリなレベルなんだから、結婚するなんて厚かましいと正直思う。

これは女性の意見ですが、フリーターの男性と結婚することに対してここまで辛口な意見を持つ人もいるということがお分かりいただけたかと思います。

実際にフリーターのまま結婚しようとしてうまくいかなかったケースもあります。

付き合っていた彼女にプロポーズしてOKしてもらえたんだけど、その後親に猛反対。フリーターと結婚するなら縁を切るとまで言われた彼女が選んだのは自分と別れることだった。このときほどフリーターでいたことを悔やんだことはない。

本人同士が良くても親が反対すればなかなか進めることができないのが結婚話。親は我が子の幸せを願うあまり、「経済的に安定している人」を子供の結婚相手に選ぶもの。フリーターなど論外だと考える親たちはとても多いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。2chを見ていると心がどんよりと曇ってしまうような投稿が多いですね。フリーターとしての今の生活に満足していても、長い目で見れば大変なリスクがあることはもうお分かりですね。

今回の記事の内容をまとめると

  • 20代のうちは正社員よりも稼げることも多く、調子に乗りがちなのがフリーター
  • 30代になると一気に状況が変わり焦りや苛立ち、不安を感じるようになる
  • 40代のフリーターはバイトを見つけるのも一苦労、いまさら正社員にもなれず八方塞がり
  • 結婚さえもダメにしてしまうフリーターの恐ろしさ

以上の内容となります。今現在フリーターで快適に暮らしているあなた、今から今後のことを考えなくてはあなたのこの先の人生も危うくなってしまいます

まだいまなら巻き返せます。ここから行動を起こすか起こさないかはあなた次第ですが、自分の幸せを考えれば今のままではいけないことは明白ですよね!

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら