高卒でIT企業に就職する際の課題と対策 | IT企業に入社後のキャリアも徹底解説

 

高卒のあなたが、「いつかは大企業転職を実現したい!」「高年収を目指したい!」と考えるなら、IT業界への就職を検討されてみてはいかがでしょうか。

IT企業は学歴をあまり重視せず、実力さえあれば出世も目指しやすく、高年収も叶えやすいことで知られています。

 

ユーくん
でも高卒でIT企業に就職すること自体が難しいんじゃないのかな?
ダルマちゃん
高卒でもIT企業への就職は十分目指せるし、現実的な選択肢なんだよ!

 

今回は、高卒にこそ目指して欲しい、IT企業への就職について解説します。

この記事を読むことで、

  • 高卒でIT企業への就職はなぜ可能だと言い切れるのか
  • 高卒で優良IT企業への就職を叶えるための方法
  • 高卒が活躍できる具体的なIT業界の職種は何か
  • IT企業へ就職した後のキャリア

について理解を深めることができます。

しっかり読み込んで、今後の参考にしてくださいね。

 

高卒でもIT企業に入社できる3つの理由

高卒でIT企業への就職を目指すこと自体が難しいとイメージする人は少なくありません。

ですが、冒頭でお伝えした通り、高卒でもIT企業は十分に目指せる現実的な選択肢なのです。

この章では、なぜ高卒でもIT企業への就職を目指せるのか、その理由について解説していきます。

 

IT人材の就職者は将来的に伸び続けるから

IT人材の就職者がこの先もずっと増え続ける傾向にあるなら、必然的に「IT業界は目指しやすい企業」と言えます。

就職先として検討する業界が、「年々人材が減っている」となると、その業界への就職の難易度は上がってしまいますよね。

つまり、「業界全体の人材が増加傾向にある」ほど就職しやすい業界と考えられるのです。

 

▼IT人材供給の試算結果

出典:経済産業省委託事業「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 IT人材需給に関する調査」

 

このデータを見ると、IT人材全体の総数は2030年まで増加傾向にあることが分かります。

 

ユーくん
てことは、ITで働く人たちの数はこの先もしばらく増え続けていく見込みなんだね!

 

将来的にIT人材の数が伸び続けるということは、それだけITの仕事が「時代に合っており、需要が多い」ということを物語っています。

 

先進国のIT産業の労働生産性が急激に伸びているから

労働生産性とは、労働量にたいしてどれだけの成果が生み出されているのかを数字で表したものです。

つまり、「労働生産性が高い=1人の労働者が生み出す成果が大きい」ということ。

IT産業の労働生産性を、日本を含む先進国4カ国で比較したデータをご覧ください。

 

▼情報通信業の労働生産性の時系列比較

出典:経済産業省委託事業「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 IT人材需給に関する調査」

 

このデータから分かることは以下の通りです。

  • 日本以外の先進国はここ10年で労働生産性を急激に伸ばしている
  • 特にドイツの成長幅が極端に高い
  • 現在の労働生産性が10年前とほぼ変わらないのは日本だけ

 

ユーくん
日本は先進国なのにIT産業の労働生産性が低いんだね。
ダルマちゃん
そうなんだ。だからこそ、他の先進国に追いついていくために、日本は今国全体でITを後押ししていく流れになってきているんだよ!

 

つまり、日本のIT産業は今のままではいけないということなのです。

ですが、これは裏を返せば大きなチャンス。

なぜなら、今から日本は本腰を入れてIT産業を成長させようとしていくことが確実に分かっているからです。

 

ダルマちゃん
国が力を入れる業界なら、当然求められる人材も増えていく。だから学歴にかかわらず「ITを成長させる人たち」が求められる時代になっていくんだよ。

 

コロナを期にIT化が進んでいるから

今、世の中の動きとしてIT化が急激に進んでいる理由の一つに、新型コロナウィルスによるリモートワークがあります。

これまで、オフィスに通勤して仕事をするのが当たり前だった企業が、次々にリモートワークを導入し、自宅など職場以外の場所で勤務するスタイルが一気に普及しましたね。

 

ダルマちゃん
コロナは、これまでの日本ではなかなか根付くことがなかったテレワークの文化を、強制的に日本に浸透させたというわけだよ。

 

リモートワークを積極的に取り入れているのがIT業界。

コロナの影響を受けても業務が滞ることなく進み、社員が問題なく仕事を続けられるIT業界。

多くの人が「どんなときでも生き残れるのがIT業界なのかも」と思うようになったものです。

 

ユーくん
コロナをきっかけに、多くの人がIT業界への就職を考えるようになったってことか。
ダルマちゃん
そう。そしてITの需要はコロナで急激に伸びているから、必要とされるIT人材も急増しているんだ!

 

今の時代に最も求められているIT人材。

学歴が高卒でも、これだけの需要があれば「仕事が見つからない」という事態になることも考えにいため、ITは高卒が積極的に目指すべき業界だと言えるのです。

 

高卒が優良IT企業に就職するための課題と対策

高卒でIT企業を目指すといっても、成長する見込みの薄い会社や、ブラック企業の疑いのある会社を選んでしまっては元も子もありません。

あなたが目指すべきは、優良IT企業です。

しかし、優良IT企業は当然働きたいと思う人の数も多くなるため、高卒ですんなり何の経験もなく入れるほど甘くはありません。

この章では、高卒でいかにして優良IT企業を目指すのか、その具体的な方法について紹介します。

 

【課題】IT企業に入社できるITスキルと実績が必要になる

そもそもIT企業に入社するためには、ITに関わるスキルや実際にIT関係の仕事をしてきた実績が必要です。

未経験でも選べるIT企業はありますが、その数はとても少ないので実際にはかなり厳しいです。

 

ユーくん
うーん、そうか。となるとやっぱり高卒でいきなりIT企業を目指すのは厳しいってことだな。でもスキルと実績なんてどうすればいいんだろう‥。

 

【対策】ITスキルと実績を積み上げられる環境を選ぶ

全くの未経験で目指せるIT企業がかなり少ないなら、「全くの未経験」でなく、「スキルと実績のある人材」にあなた自身が変わればいいわけです。

 

ユーくん
じゃあとりあえず、今狙える未経験OKのIT企業に就職するの?
ダルマちゃん
それだと結果的に遠回りになってしまうことが多いんだ。大丈夫だよ!これからとっておきの方法を紹介するから!

 

ITスキルと実績を身につけるのに適した方法、それはインターンシップの制度を利用することです。

そこで紹介したいのがリバラボインターンシップ!

リバラボインターンシップなら、

  • リバラボで働きながら平均よりも高いお給料がもらえる
  • スキルと実績が積み上げられる
  • インターン期間が終了したら優良企業に転職できる

という、確実性の高い流れで優良IT企業への就職を目指していくことが可能になるのです。

 

ユーくん
下手に未経験で就職できるIT企業を探しまくるよりもこっちの方が良さそうだよね!給料ももらえるんだし!
ダルマちゃん
リバラボインターンシップのすごいところは、インターン後の転職までしっかりサポートしてくれる点なんだよ。

 

実際に、リバラボインターンシップを活用し、高年収を叶えた先輩たちはたくさんいます!

インターンから転職までをフルサポートしてくれる、リバラボインターンシップについて、ちょっとでも興味が湧いたらぜひこちらのページも覗いてみてくださいね!

 

高卒でもIT企業で活躍できる職種3選

高卒でIT企業への就職を目指すにあたって、IT企業に勤める職種にはどのようなものがあるのかを知っておくことも大切です。

この章では、3つの職種を紹介します。

ここで紹介する3つの職種は、IT企業で活躍できる見込みの高い職種ばかりを選んでいます。

それぞれの仕事内容を理解し、まずはどの職種を目指すべきかを決める際に参考にしてくださいね。

 

営業

 

ダルマちゃん
IT企業における営業職は「IT営業」などと呼ばれています。

 

IT営業の仕事
  • IT関連の製品やサービスを販売
  • 顧客(個人もしくは企業)とのコミュニケーション役
  • 顧客のニーズをエンジニアなどの技術者に伝える

 

営業職と言えば、高いコミュニケーション能力やプレゼン能力が求められる仕事です。

IT営業は、営業に必要なスキルに加えて、ITに関する専門知識を広く深く持っておくことが必須となります。

 

ダルマちゃん
IT営業は将来的にマネジメント職に就いたり、さらに高い影響力を持つITコンサルタントに転職したり、その後のキャリアパスも魅力的なんだよ!

 

プログラマー / エンジニア

IT企業の代表格と言えば、プログラマーやエンジニアといった技術職。

プログラマーとエンジニアもまた、高卒が活躍できる可能性を大いに秘めている職種です。

 

IT営業が活躍できる理由
  • 営業がいなければ契約を取ることができないから
  • 営業は技術職と顧客の橋渡し役で会社にとって重要な存在だから
プログラマーの仕事
  • プログラミング言語を用いてシステムを作る仕事
  • システムエンジニアが作成した仕様書通りのシステムを作成する役割を担う
システムエンジニアの仕事
  • システムの設計・製造・テストまでを一貫して行う
  • 顧客のニーズを明確にしシステムの仕様を確定する仕事

 

ユーくん
ということは、プログラマーよりもエンジニアの方がレベル的に高いってことだね。
ダルマちゃん
そう。プログラマーはIT技術職の登竜門。まずはプログラマーを目指すのが一般的なんだよ。

 

プログラマーもエンジニアも、IT業界の中で常に安定した需要があるのが特徴です。

その理由は、プログラマーやエンジニアがいなければITに関わる製品やサービスを作り出すことができないからです。

高卒でも、スキルと実績さえあれば高年収が狙える職種で、活躍の場が多いため、積極的に狙いたい職種です。

 

採用 / 人事

 

ダルマちゃん
人材に関わる重要な職種として忘れてはならないのが採用・人事の職種です。

 

採用・人事の仕事
  • 採用に関わる企画から採用活動の実施
  • 昇進や部署移動などの人員配置
  • 新人教育
  • 査定にかかわる制度の管理や整備

 

採用・人事の仕事はどの業種でも必ず必要とされるものであり、IT企業も例外ではありません。

IT企業の採用・人事の職種を選ぶべき理由としては

  • 今成長過程にあるIT業界なら会社自体が今後大きく成長していく見込みがある
  • 人材が増加傾向にあるIT業界では特に採用・人事のための人材が求められている

 

ダルマちゃん
人事や採用関連の仕事はどの業界でもできるんだ。でもIT企業を選ぶことで、活躍できる見込みがさらに大きくなるんだよ!
ユーくん
たしかに、これから多くの人たちがIT業界での就職を希望するとなれば、採用に関わる仕事や新人教育に関わる仕事も増えていくもんね!

 

高卒でIT企業に入社した後の3つのキャリア

高卒でIT企業に就職した場合、その後のキャリアパスとしてはどのような道があるのでしょうか。

就職は目先のことだけを考えてするものではなく、その就職を経て将来的にどの道へ進んでいきたいかまでを明確にして就職先を選ぶことが大切です。

ここでは、IT企業へ就職した場合のその後のキャリアパスを3つ紹介します。

 

1.社内で社員をマネジメントするポジションになる

IT企業に就職した後のキャリアパスの中に、ITのマネジメントを担うポジションがあります。

マネジメントとは、

  • チーム内のメンバーの育成をする
  • 戦略を立てて実行する際の司令官となる

肩書きとしては

  • マネージャー
  • リーダー
  • 課長
  • 部長

などの役職を与えられる人たちですね。

 

ダルマちゃん
役職がつけばもちろん給料もUPするんだ。

 

さらにマネジメントの部分で功績を上げれば、会社の役員や経営者まで登り詰めるケースもあります。

ここまでくれば大出世となるわけですが、IT業界においては出世に学歴が影響しないことが多いため、高卒でも十分にチャンスはあります。

 

2.独立してフリーランスになる

いつかは独立したいと考えてIT企業へ就職する人もいれば、働きながら「独立する道もあるかもしれないな」と考えるようになる人もいます。

ITは、独立起業しやすい分野でもあります。

例えばシステムエンジニアが独立するとなれば、

  • 法人を設立して起業する
  • フリーランスになり個人事業主として仕事を請け負う
  • フリーのコンサルタントに転身する

などの方法があります。

就職先で十分なITスキルと実績を身につけていれば、その先独立しても仕事に困ることはありません。

独立することで、会社員の頃よりも大幅に年収をUPさせている例も珍しくありません。

 

3.本業を複数持つ複業社員として経験を積む

 

ダルマちゃん
複業とは、複数の仕事を持つことを言います。
ユーくん
複業?副業じゃなくて?

 

「複業」とよく混同される言葉に「副業」がありますが、その違いは以下の通りです。

  • 複業…複数の仕事を掛け持ちしつつ、メイン・サブなどの順位をつけない働き方
  • 副業…メインとなる本業がある前提で、サブとなる別の仕事も行う働き方

 

ダルマちゃん
複業は、言ってみれば全部が本業という認識なんだ。

 

IT企業に就職した後のキャリアパスには、複業をすることでさらなる経験を積むという道があります。

IT業界における複業のメリットは、

  • 短期間で複数の仕事を経験できるため早くスキルアップができる
  • 結果的に身に付くスキルや実績が増える
  • マルチタスクのスキル向上が見込める

1つの企業では学ぶことができなかったことが、もう1つの企業から学べるケースは少なくありません。

複業をすることで、仕事量が増えるため負担は大きくなりますが、その分得られるものも大きいということ。

複業をすることでさらに成長できれば、より幅広いジャンルの業務を請け負うことができる万能プレーヤーとしてさらに活躍の場を増やしていくことができるでしょう。

 

まとめ

ITと聞くと、「経験のない自分には到底無理」と勝手に決めつけてしまいがちですが、実際には高卒が活躍するフィールドとしてITはとてもおすすめの選択肢なのです。

今回の記事では、以下の内容について解説しました。

  • IT業界はこれから成長する見込みが大きいからこそ目指すべきである
  • IT企業に入るためにはまずスキルと実績を身につけるのがおすすめ
  • IT企業で目指すべき職種は営業・プログラマー/エンジニア・人事/採用
  • IT企業に就職したらその後はさらに魅力的なキャリアパスが待っている

高卒でも学歴にかかわらず出世しやすいIT企業。

これから大きく稼いでいきたい!成功したい!という人にはとてもおすすめできる選択肢です。

ぜひ今後の就職先の候補の一つに加えて、検討してみてくださいね!

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら