専門卒が後悔する5つの理由と後悔しなかった3つの理由

専門卒のあなたは専門学校を卒業して良かったと思いますか?それとも後悔していますか?

専門学校を卒業して、目指していた職業に就くことができた人もいれば、なかなか就職先が見つからずに困っている人もいます。

今回は、専門卒で後悔している人と後悔していない人のそれぞれの理由をまとめて解説していきます。

この記事を読むことで、

  • 専門卒で後悔する人としない人の違い
  • 専門卒で後悔する人の救済策

を知ることができます!

特に、今現在「なんで専門学校を選んだんだろう、他の道を選べば良かった!」と後悔している人にはぜひ読んでいただきたい内容です。

なぜなら、この記事では「後悔する人におすすめしたい逆転転職の方法」を紹介しているからです。

最後までしっかり読んでくださいね!

 

ユーくん
専門学校って、専門分野について学べるから、その分野の就職がスムーズにいきそうなイメージだけどな。そんなにうまくは行かないってことかぁ。
ダルマちゃん
もちろん専門学校を卒業したことで、憧れの職業に就くことができた!という人もたくさんいるよ。ただし、そんな成功者ばかりではないのも事実なんだ。

 

専門卒で後悔する5つの理由

専門卒で後悔している人の理由は大きく5つ挙げられます。

この章では、専門卒がどのような点で専門学校に通い卒業したことに対して後悔するのか、具体的な理由を紹介します。

専門卒で後悔する理由1.応募できる求人が少ないと感じるから

専門学校を卒業すれば、就職が決まりやすいだろうとイメージしていたけれど、実際に就職活動をすると、応募できる求人が少ないと感じた人は少なくありません。

なぜなら、大卒と比較して、大手求人サイトの専門卒向け求人件数はかなり少ないからです。

以下は、2020年10月現在の、リクナビとマイナビに掲載されている求人件数をまとめたものです。

 

▼求人サイト別「大卒・専門卒」対象の求人件数比較

大卒向け求人件数 専門卒向け求人件数
リクナビ 11108件 5702件
マイナビ 27315件 16979件

参照:リクナビ2021マイナビ2021

 

大卒と比較すると、専門卒向けの求人は圧倒的に少ないことがお分かりでしょうか。

 

ユーくん
え!専門卒向けってこんなに少ないの?大卒の方が2倍くらい求人数があるんだ!

 

専門卒向けの求人件数が少ない理由としては、「専門学校卒はその専門分野でしか優遇されない」ことが考えられます。

そのため、専門分野に関わる職種への就職には有利になっても、それ以外の職種や業界においては、専門卒に何のメリットもないということになるのです。

例えば、美容師になりたい人が美容の専門学校を卒業することには大きな価値があります。

しかし、専門学校の専門分野外で就職したいと考えるようになったのなら、その時点で専門卒の肩書きはあなたの価値を高めることはないということなのです。

 

ダルマちゃん
結局、幅広く多くのことを学んだ大卒の方が、人材としては価値が高いとされてしまうんだ。

 

専門卒で後悔する理由2.目的なく専門学校に進学したから

専門卒が後悔する理由に、「専門学校をもっとよく選ぶべきだった」という点もよく挙げられます。

専門学校に通う目的が、

  • 特定の分野に関わる仕事に就きたいから
  • その分野に関する知識を身につけ、就職に役立てたかったから

と明確にあれば、あなたはきっと専門卒という資格を活かして就職することができたのではないでしょうか。

しかし、専門卒に通う理由が、「とりあえず高卒よりはいいか、行ける専門学校にとりあえず行っておこう」などの曖昧なものだった場合、卒業後に専門卒の資格を活かせる可能性はかなり低いです。

 

ダルマちゃん
目的なく専門学校に「なんとなく」通っても、就職に活かすことはできないんだ。
ユーくん
そうだよね。専門学校で身につけた知識を活かせる就職先ならまだしも、そうでなければ専門卒って何の意味もないよね・・。

 

専門卒で後悔する理由3.授業内容が狭く浅いから

専門学校にもいろいろなところがあるものの、案外多いのが「思ったほど専門的な内容に関するスキルは身につかなかった」という声。

専門学校を選んだ目的が、「専門分野の知識やスキルを身につけて将来の就職に役立てたい」ということだったのに関わらず、結局基礎的な知識しか身につかずに2年間通った意味が果たしてあったのか疑問に感じるケースは少なくありません。

 

ユーくん
専門学校って専門的な内容をしっかり学べるところだと思ってたけど、そうでもないってことか。それは時間とお金の無駄になっちゃうよね。
ダルマちゃん
専門学校では1年目に座学、2年目で実践という流れになることが多いんだけどね。即戦力として役に立つほどの技術を身につけるなんてのはかなりレアなんだよ。

 

例えば、プログラマーやエンジニアに憧れるあなたが、IT関連の専門学校に通ったとします。

あなたはきっと

  • プログラミングのスキルがしっかり身につくはずだ!
  • 就職したらすぐに戦力となれるくらいの技術を身につけて卒業できるはずだ!
  • 独学では到底無理なレベルのスキルが身につくはずだ!

と期待に胸を膨らませるでしょう。

しかし現実には、なかなかそこまでの技術レベルまで到達することはありません。

卒業時には、

  • WEBの基礎知識が身についた
  • プログラミングが何なのかは分かった
  • ITスキルにはどのようなものがあるのかは分かった

というレベルには達するでしょう。

ですが、スキルを駆使して実際の業務をこなせるまではたどり着かないことがほとんどなのです。

 

専門卒で後悔する理由4.真面目がバカにされる環境だから

専門学校に通う人の中には、明確な目標を持っている人も当然いますが、そうでない人もたくさんいます。

目的もなく専門学校に進学した人が多くいるとなれば、真面目にコツコツと専門学校で勉強している人さえも一括りにされ、「専門行ってる人って遊んでるだけでしょ」などと馬鹿にされることも珍しくないのです。

 

ユーくん
でもなんか、確かに専門学校って勉強できなくても簡単に入れそうなところが多いイメージだし、分からなくもないかも‥。
ダルマちゃん
そういうイメージを持つ人が多いんだ。だから専門卒の学歴は人からの見え方がいまいち良くないんだよ。

 

せっかく目的をもって専門学校を選んだのに、専門学校のイメージが良くないがために、「真面目に勉強」していても馬鹿にされるとなれば、専門卒という肩書きに嫌気が差してしまうのも頷けますね。

 

専門卒で後悔する理由5.大卒と比較して雇用条件が悪くなるから

就職先を探す際に、各企業の求人票を見ると、初任給が学歴ごとに記載されているのをよく見かけます。

  • 大卒
  • 高卒
  • 専門卒

というように、学歴ごとに初任給が明記されているときに気になるのが「大卒との金額差」です。

「なぜ同じ仕事をするのに最初からこんなに給料が違うんだ!」と嫌な気持ちになるでしょう。

さらに、学歴による違いは初任給のみにとどまらず、その後の出世コースにも影響を及ぼすことがあります。

 

ダルマちゃん
大卒だったら幹部候補として入社できても、専門卒は幹部候補にはなれない、なんてこともザラにあるんだよ。

 

このように、大卒との初任給やポジションの差を目の当たりにした時に、専門卒であることに対して後悔の念が大きくなったという意見は非常に多いです。

 

専門卒でも後悔しなかった3つの理由

専門卒でも後悔しなかったという人もいます。

この章では、先ほどと逆に「なぜ専門卒で後悔しなかったのか」という点に注目して、後悔しなかった理由を3つ紹介していきます。

 

専門卒でも後悔しなかった理由1.専門領域に絞ってスキルを磨くことができたから

そもそも専門学校に通った理由が、その専門分野に強い情熱があり、その分野以外での就職は考えていないという真剣な思いがあったという場合には、専門学校に通う価値が大いにあったと言えます。

なぜなら、専門学校では専門領域の勉強を早い段階で始めることができ、その知識や得たスキルを活かして就職活動を有利に運ぶことが可能になるケースがあるからです。

 

ユーくん
なるほどね!それなら「専門学校に行ってよかった!」と思えるだろうね。

 

要するに、曖昧な目的意識ではなく、明確な目的を持って選んだ専門学校なら、その2年間を将来の就職活動にもしっかり役立てることができるため、後悔は残りにくいということです。

 

専門卒でも後悔しなかった理由2.大卒よりも早く実務経験を積み上げられるから

大学生が基本4年間大学に在学することになるため、専門学校生よりも社会に出るタイミングは2年遅れてしまいます。

もっと言えば、専門学校では専門分野の勉強のみを2年間みっちり行うため、その後卒業して就職することで、「専門分野の知識をスピーディーに身につけ、大卒よりも早く社会に出られる」ということ。

この点において、専門卒が「大学じゃなくて専門学校を選んで良かった!」と感じることもあります。

 

ダルマちゃん
この2年間の違いって案外大きいんだよ。特に若い頃の2年間は貴重!スタートダッシュをきめて出世ルートを大卒よりも早く進み出すことができるんだ。

 

学歴をそれほど重要視しないベンチャー企業などにおいては、スキルを持った専門卒が若いうちに出世できるケースも珍しくありません。

大卒者が入社してくるときには、既に同い年の専門卒が「マネージャー」や「リーダー」へ昇格している、というわけですね。

 

専門卒でも後悔しなかった理由3.同世代よりも精神年齢が高くなるから

社会に出るのが大卒よりも早い専門卒。

大卒よりも2年早く社会人デビューをしているわけですから、大卒よりも早い段階で精神的に「大人」になることができるのは専門卒のメリットでもあります。

 

ユーくん
確かに大学生ってやっぱり「学生」なわけだし、社会人とは心構えが違うよね。
ダルマちゃん
そう。案外大卒よりも専門卒や高卒の方が「しっかりしてるね!」「大人だね!」と言われることが多いんだ。

 

社会に出れば、学生の頃には経験しなかった

  • 会社という組織の一員として責任を持って働く
  • 自分より遥かに年上の上司と日常的に接する

などの機会を持つことになるのですから、精神的に成長せずに社会で上手くやっていくなんてことは不可能です。

就職して社会に出ることで精神的に大きく成長できたと感じる中、同世代の友人がまだ大学生でバイトや飲み会に明け暮れているのを見ると、優越感に浸る専門卒も少なくありません。

 

専門卒で後悔している方が検討すべき『逆転転職』

ここまで読んでいただいて、あなたは「後悔している専門卒」と「後悔しなかった専門卒」のどちらにより共感しましたか?

あなたがもしも専門卒に対して後悔しているのであれば、これからお話しする「逆転転職」についてしっかり読んでいただきたいです。

なぜなら、この章では専門卒で就職活動がうまく行かない人を救う「逆転転職」という救済案について解説していくからです。

まだあなたはここから挽回できます!内容をしっかり頭に入れてくださいね。

 

逆転転職とは?

逆転転職という言葉を使っていますが、逆転転職の意味についてまず説明しておきたいと思います。

ここで言う逆転転職とは、「不満のある現状を打破して、満足できる優良企業への転職を実現すること」を差します。

逆転転職を叶えれば、

  • 今よりも高収入!
  • 今よりも周りから羨ましがられる!
  • 今よりも社会的地位がUPする!

という素晴らしいメリットだらけの毎日が現実となります。

 

ユーくん
そりゃいいよね!でも問題は本当に逆転転職なんてできるの?ってことだよ。

 

確かに、逆転転職を叶えるには必要な条件があります。

今すぐに優良企業に手当たり次第履歴書をばら撒いたところで、書類選考さえ突破できない、面接でかすりもしない、など屈辱的な結果になるだけです。

逆転転職を叶えるためには、

  1. 目指す業界や職種を絞り込む
  2. その業界や職種に必要なスキルを知る
  3. 必要スキルを身につけ実績を積み上げる
  4. 優良企業へ転職活動を始める

という順番で着実に進めていく必要があります。

そして、この通りに進めることで、あなたは今の不満を100%解消できる「逆転転職」を実現することができるのです。

 

ダルマちゃん
スキルや実績を身につける、というところに関して「どうやって?」と思った人がほとんどだよね。ここは心配しなくて大丈夫!今からとっておきのサービスを紹介するよ!

 

逆転転職を可能にする全く新しいサービス

逆転転職を可能にするために必要なのが、「必要なスキルと実務経験」なのであれば、それらを手に入れる方法を探さなくてはなりません。

ここであなたに紹介したいサービスが、リバラボインターンシップです。

 

ユーくん
インターン?じゃあ就職する前にインターンを探すってこと?

 

インターンシップとは、働きながら業務に必要なスキルを身につけて実績を積み上げることができるシステムです。

(※お給料をもらえる有給インターンと、そうでないものがありますが、ここでは有給インターンのことを差しています。)

リバラボインターンシップが行うサービスは以下の2点です。

  • あなたが目指す職種・業界に必要なスキルを身につけるインターンの場を用意
  • インターン後の転職活動までをひっくるめてフルサポート

つまり、あなたは自力でインターンシップの機会を探す必要もなければ、インターン後の転職活動の進め方が分からず一人で悩む必要もないのです。

 

ダルマちゃん
インターンシップも、転職サポートも、全部リバラボインターンシップがサポートしてくれるからね!

 

あなたがやらなければならないことをまとめると、以下の通りです。

  1. 進むべき業界や目指す職種を決める
  2. 必要なスキルが何かを知る
  3. リバラボを利用してインターンシップを開始する
  4. インターンでしっかりスキルと実績を身につける
  5. インターン後に目指す企業への転職活動をする
  6. 優良企業へ就職し、逆転転職を叶える!

よくある転職サービスでは、「今のあなたのスペックに合った就職先を見つける」ことはできても、「あなたのスペックを上げて、目指せる企業のレベルをUPさせる」部分はあなたが自力で行う必要があります。

リバラボインターンシップは、今のあなたでは目指すことが難しいハイレベル転職を叶えるお手伝いをしている転職サービスなのです。

 

ダルマちゃん
リバラボインターンシップを利用して、インターンでスキルと実績を積み上げ、憧れのハイレベル企業へ就職していく人はたくさんいるんだよ!

 

これまでにない新しいサービス、リバラボインターンシップについて気になったら、是非こちらも覗いてみてくださいね。

サービスの魅力をより深く知ることができますよ!

 

専門卒で後悔しないために行動を!

専門卒の中には、専門卒であることに対して後悔している人もたくさんいます。

その多くは、

  • 目指す就職先へ就職が叶わなかった
  • 専門卒が理由で給与が低い
  • 専門卒であることを周りから馬鹿にされる

などが理由となっています。

この状況を打破して成功するために、逆転転職を目指す方法があります。

ここで紹介した逆転転職の方法を実践して、実際に学歴に関わらず高い成果を上げている人がいます。

あなたも逆転転職を叶え、充実した人生を送りたいと思ったら、行動を起こしましょう。

「あのときやっておけばよかった」と後悔することがないようにしましょうね!

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?