無職期間の過ごし方 | ブランク期間が何ヶ月なら転職に影響しないのか

 

無職でいる期間が長ければその分転職する際に不利になるのでしょうか。

今現在仕事をしていない人の多くが、「早めに働かないと無職ってやばいよな」と思っていることでしょう。

事実、無職期間は長ければ長いほど転職時に不利になってしまいます。

しかし、一方で無職の期間を有効活用しその後の転職を有利に進められた、というケースもあります。

今回の記事では、

  • 無職期間は何ヶ月までがセーフなのか
  • 無職期間が長いと採用担当者の目にどう映るのか
  • 無職期間を有効に活用する方法

以上の3点を中心に、無職期間について解説していきます。

今すでに無職の人や、もうすぐ無職になる予定のある人にぜひ読んでいただきたい内容です!

 

ユーくん
無職ってやっぱり何もしてなかったってみなされるわけだし、転職するときにはうまく説明しない限り印象悪そうだよね。
ダルマちゃん
そうだね。でも無職だからこそできることもあるんだ。きちんと無職期間を有意義に過ごしていれば転職時にむしろプラスになることもあるんだよ!

 

無職期間のブランクが何ヶ月続くと就職に影響するのか

実際何ヶ月以上無職でいるとまずい、という明確な線引きはありませんが、一応頭に入れておくべき目安をお伝えしておきましょう。

一般的な転職期間は2ヶ月から3ヶ月。

つまりは、3ヶ月以上経っても転職先が決まらないとなると、やや「無職期間が長引いている」と見られがちです。

 

ユーくん
3ヶ月もあれば普通なら転職先は見つかっていそうだもんね。確かに。

 

無職の期間が4ヶ月以上になると、「ここまで仕事が決まらないとなると、何かこの人に問題があるのでは?」と思われてしまう可能性があります。

期間を気にする場合は、3ヶ月以内に転職活動を完了させられるように計画的に動いていきましょう!

 

『無職期間が長いこと』を採用担当者は3つの視点で評価する

無職の期間が長くなっている人に対して採用担当者はネガティブなイメージを抱いてしまいがち。

なんとなく「印象悪そう」とは思っていても、具体的にどのような面で採用担当者からの見え方が悪くなってしまうのかが分からない人も多いでしょう。

この章では、採用担当者の目線で見た「無職期間の長い人」を3つのポイントに分けて解説していきます。

 

1.仕事への意欲・取り組む姿勢

無職でいるということは、その期間働いていないわけです。

当たり前ですが、働いていない期間が長いとなると、「働くのが面倒になっているのでは?」と思われてしまいます。

 

ユーくん
働いていない方が楽だし、楽な方へ逃げてるだけって思われるってことかぁ。

 

つまり、無職期間が長い人=キツいことから逃げてしまう癖がある人と思われるということ。

仮に採用したとしても、「ちゃんとキツいときでも最後まで向き合いやり遂げてくれるのだろうか」と不安を感じてしまうのです。

 

2.臨機応変さや柔軟性(要領の良さ)

一般的には、仕事を辞めるとなれば次の転職先へスムーズに移れるように計画しているケースがほとんど。

多くの人は退職しても割とすぐに転職活動を開始し、あらかじめ目星を付けていた企業へアプローチします。

無職期間が長いということは、明らかに「離職期間をなるべく作らない」ように計画を立てて動かなかった証拠でもあります。

採用担当者の目から見れば、「離職してこんなに期間が空くなんて、きっと計画性のない人なんだろうな」と思われても無理はありません。

計画性がない、要領が悪い、などの負のイメージは採用担当者が無職期間の長い人に対して抱く典型的な印象です。

 

3.ビジネススキルや専門スキルの低下

長い期間働いていなければ、以前は毎日のように行っていた業務から完全に離れてしまうため、スキルの低下は避けられません。

 

ダルマちゃん
勘を取り戻すことはできるだろうけど、ちょっと時間がかかっちゃうだろうからね。

 

無職期間の長い人が仮に以前の仕事で、専門的なスキルを存分に活かしてバリバリと仕事をこなしていてもブランクがあれば確実に影響が及ぶと考えられます。

採用担当者はブランクを乗り越えられるのかを疑問視し、「これだけ長く仕事から離れていたらきっとブランクを乗り越えられないだろう」と判断してしまうこともあるのです。

 

離職期間が帳消しになる2つの過ごし方

無職でいることが絶対に良くないことなのかと言えばそんなことはありません。

大切なのは、無職の期間をどう使うかです。

 

ユーくん
そうだよね、仕事してないからって毎日何もせずに過ごす人ばかりじゃないだろうし。
ダルマちゃん
そう。無職期間を有意義に使えば、無職期間が長くても不利になるどころか結果的にプラスになることだってあるんだよ。

 

この章では、無職期間が長くなっても、決して不利にならないどころか帳消し、もしくはプラスにさえなるケースについて解説します。

 

1.専門スキルを活用したサービス開発

無職期間をただ単にのんびりすごすわけではなく、前職で身につけたスキルを活かして自分なりに研究したりスキルアップに徹したりすれば話は別です。

例えば、すでにプログラミングスキルが身についている人なら、そのスキルを応用してアプリ開発を行えば、その成果を転職活動時にアピールできます。

 

ダルマちゃん
「離職期間を活用して○○のアプリ開発を行いました」、と言えば無職の期間を怠けていたようには思われないよね。

 

何か成果を出せばいいのです。

そして転職活動時にはっきりと分かりやすくアピールできるものであればなお良いですね!

 

2.専門スキルを利用した仕事(業務委託)を受ける

会社を辞めてしばらく会社勤めをしていなくても、無職期間に業務委託などで仕事を受けて働くケースもあります。

業務委託とは

雇用関係のない企業や個人から仕事を委託され、特定の業務を行うことで報酬が支払われる働き方のことを指します。

例えば、

  • Webデザインスキルを活かしてWebサイトに使用する画像を作成
  • ライティングスキルを活かしてWebライターとして記事を納品
  • プログラミングスキルを活かしてWebサイトを作成

など、自分で仕事を取りにいき完了するという会社員では経験できないことに自らチャレンジすれば、その経験を伝えることで採用担当者に好印象を与えることができます。

 

無職期間で注意したい3つの過ごし方

無職の期間に何をしていたかが重要であることはお分かりいただけたかと思います。

ここからは、一見印象UPに繋がりそう!」に見えて実はデメリットにも繋がりやすい落とし穴について解説していきます。

 

1.資格取得

資格取得は無職の期間を有意義に活用する一つの選択肢です。

しかし、資格にはさまざまなものがあります。

採用担当者への印象UPに繋げるためには、

  • 資格自体が難関であり時間をかけなければ到底取得不可能なレベルであること
  • 狙っている職種や企業に直接関連する資格であること

このどちらかに該当している必要があります。

 

ユーくん
いくら資格取得だって言っても、その資格が難易度の低いものなら「何も仕事辞めてまで取る資格じゃないよね」って思われるよね。
ダルマちゃん
そうなんだ。資格は仕事をしながら取る人もたくさんいるからね。超難関資格であれば納得してもらえるだろうけど、簡単なものではあまり説得力はないんだ。

 

2.語学留学

無職の期間を利用して、語学留学をしていたと言うケースもあるでしょう。

一見「それは良いことだ!」と思われそうですが、語学力が問われない業種であればあまりインパクトはありません。

ましてや、短期留学したもののTOECスコアが600点台など半端な結果でしかアピールできなければ語学留学した成果に説得力を持たせることができません。

語学留学していたことで無職のイメージをプラスに変えようと思うなら、

  • 目指す仕事のポジションで語学力が求められること
  • 他の応募者と差をつけられるほどの語学力が身についていること

が必須となります。

 

ユーくん
留学してたってだけで転職で有利になるとは限らないってことだね。

 

3.派遣やバイト

仕事を辞めてしまったあとに、派遣やアルバイトを経て転職活動をする、もしくは同時進行する人もいるでしょう。

転職の際にはもちろん派遣やアルバイトでの職歴をアピールすることが可能です。

しかし、「ただ無職でいるよりは派遣でもバイトでも働いているだけマシなんじゃないか」と言われればそうとも限りません。

派遣やアルバイトの職歴により採用担当者へうまくアピールができるとすれば、

  • 派遣やアルバイトの職種がこれから目指す仕事にリンクしている
  • ただ生活費を稼ぐための目的以外の明確な目的がある

以上の場合に限ります。

アルバイトをして無職の期間を食い繋ぐことは至って普通のことであり、これだけでは特に強いアピールには繋がらないことを覚えておきましょう。

 

無職期間に不安を抱える場合のたった一つの解消法

無職の期間が長くなってしまっても、その期間があることで、

  • これから狙う仕事に活かせるスキルが身に付く
  • これから即戦力として活躍できるだけの実績が積める

という状態になっているのであれば、あなたの無職期間はたとえ3ヶ月を大幅に超えようとマイナスなイメージには繋がりません。

となれば、はじめから無職の期間にスキルと実績を身につけるための行動を起こすのが賢明です

 

ダルマちゃん
きちんとスキルと実績が身に付いていれば、転職の際に無職の期間の説明もつくし企業側に好印象を持ってもらえるんだよ!

 

ここでおすすめしたいのがリバラボインターンシップ

リバラボインターンシップは、転職してさらにハイレベルの企業を目指し高年収を狙う人たちのための転職サポートサービスです。

その名の通り、インターンシップを経験することが前提となっており、

  • あなたが取得したいスキルが身に付くインターンシップの場を用意!
  • インターン後の転職活動をしっかりサポート!

という2つの大きなメリットが得られます。

 

ユーくん
そうか!だったら無職になっても、インターンで働きながらスキルと実績を積めるから、転職活動にも役立つよね!

 

インターンシップでは、スキルを身につけるだけにとどまらず、そのスキルを活かして実際の業務に携わり実績を積むことができます

ただ「スキルを持っています」というのと、「スキルを活かして実績を積みました」というのとでは与えるインパクトが全く違います。

インターン後には、前職よりもはるかにレベルの高い優良企業へチャレンジすることも可能になり、高年収も夢ではありません。

無職期間を確実に有意義に使うとすれば、リバラボインターンシップを活用する選択肢がイチオシ!

リバラボインターンシップについて、少しでも興味を惹かれたらぜひこちらから覗いてみてくださいね!

 

まとめ

「無職」というとどうしても聞こえが悪く、実際に無職期間が長ければ転職の際に不利になることは多いです。

しかし、無職の期間が長くて転職に不利になるのは以下のような場合です。

  • ただのんびりダラダラと過ごした場合
  • 狙う職種と関係のないアルバイトをしていた場合
  • 特に次の仕事と関連の薄い資格取得に励んだ場合

逆に、「無職の期間に△△のスキルを身につけて○○の実績を積みました」とはっきり明確に言える成果があれば無職期間はプラスに作用します。

大切なのは過ごし方です!

無職の期間が長くなりそうで不安を感じる方はぜひ、リバラボインターンシップの活用を検討されてみてくださいね!

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?