【3段階降格から幹部に】元・不動産営業が挑戦した人生を変える選択

 

一刻も早く会社を辞めたいと思っても、「とりあえず3年は働くべき」という声もあり、「早期離職は不利」と考える人が多いです。

しかし20代はまだまだチャンスがあり、いくらでもキャリアチェンジを成功させることができます。

実際に今回インタビューをした高山さんは、不動産営業を半年で辞めて、学歴や職歴に自信を持てない人向けの就職支援プログラム「リバラボインターンシップ」に参加。

研修生時代は3段階降格など、挫折を経験したものの、現在はサービス全体を管理する幹部となり、会社から責任のある仕事を複数まかされています。

今回はそんな高山さんが、どのようにキャリアチェンジを成功させたのか、その秘訣を聞きました。

不動産業界に飛び込み、鬼のように電話アポを繰り返す日々

教育学部出身の高山さんは、新卒で不動産業界に進みます。

高山さん

大学で将来の進路を考えてた時に、将来は不動産や株とか、権利収入で生活するのが理想だなって思ったんですよ。

でもいきなりは難しいので、まずは不動産のことを知ろうと思って、大学卒業後は不動産業界に進みました。

高山さんが担当していたのは、ワンルーム投資マンションの営業。

自分のデスクに座り、毎日600-1000件ほどの電話を、かけ続けていた高山さん。

しかしアポは取れて月に1回程度。

ユーくん
これは辛い… せめてもう少し反応が欲しいよね

毎日同じ時間に出社し、99%断られる電話をかけ続け、昼はサイゼの500円ランチを食べる…

単調で面白くもない日々に嫌気をさしながら、過ごしていたといいます。

高山さん

毎日が退屈すぎて、しんどかったですね…。

このままこの退屈な毎日を送り続けるのかと思うと不安だし、何も感動がないまま将来を迎え、人生を終えたくないなと。

それで、ネットワークビジネスを始めることにしたんです!

衝撃の出会いでビジョンが明確に

もともとフットワークの軽い高山さんは、ネットワークビジネスを楽しく取り組んでいたそう。

しかし偶然リバラボの人事と出会い、衝撃を受けたといいます。

高山さん

人事といろんな話をしているうちに、自分の中途半端さを思い知らされましたね。やってることと、言ってることが違うというか。

結局「周りから良く見られたい」っていう、”見栄”ばっかり人間だなって気づいたんですよ。

周りからの評価や、見栄を気にしていたことに気づいた高山さんは、

人事と話すうちに「実力のある大きな人間になりたい!」という希望を持つようになります。

高山さん

今までの人生を振り返ると、辛いことから逃げてたんですよね。

だから100%で成功できそうな道にばかり進んでいて…

でも人事と出会って、そんな中途半端な自分を変えたい!って強く思ったんです。

そのために、リバラボに参加するのがいいチャンスだなと思いました。

半年間で3段階降格 山あり谷ありの研修生時代

リバラボに入ることでより人間的にも成長でき、キャリアのステップアップが見込めると考えた高山さん。

すぐに半年勤めた会社を退職し、リバラボの営業コースに参加しました。

ダルマちゃん
24人いた同期は、一年後には3人しか残っていなかったらしいよ

リバラボにはさまざまな役職があり、最初は「TRAINEE(トレイニー)」から始めます。

<リバラボの役職・給料制度>

毎日の仕事ぶりを評価され、「CHIEF MANAGER(チーフマネージャー)」までトントン拍子に昇進していった高山さん。

しかし、なかなか思うように部下を育成できず、苦労したそう。

いくら一生懸命教えても成果につながらず、

なんと半年間で、一気に3段階下の「MEMBER(メンバー)」まで降格したのだとか。

ユーくん

それまで順調だったのに、いきなり3段階下に落ちるのは、かなりダメージ大きいよね…。

普通だったらくじけて、辞めたくなっちゃうよ。

高山さん

さすがに半年間で3段階一気に落ちた時は、ストレスで胃が痛くなって、食事がほとんどできないくらい追い込まれていましたね。

今振り返っても、一番キツかった時だったと思います。

でもリバラボに参加する時に「絶対に最後までやり切る!」と決めて参加したので、目の前のことに、一つひとつ取り組んでいきました

コツコツと努力を積み重ねた結果、彼は再び「CHIEF MANAGER(チーフマネージャー)」まで返り咲くことになりました。

ダルマちゃん

相当落ち込んだと思うけど、それでも努力を重ねられる高山さんはすごいね。あと一度失敗しても、またチャンスを与えてくれる環境があるって、素晴らしいことだよね。

社員としてリバラボ全体の管理を担当

現在はリバラボを運営する株式会社3Backsの社員として、リバラボ全体の管理を行なっている高山さん。

東京や埼玉・千葉などの各支局の売上から、個人売上を把握し、それぞれに合わせた目標設定やモチベーション管理を担当しています。

一度大きな挫折を経験しているからこそ、その人に寄り添い、適切な言葉がけや接し方を心がけているといいます。

ユーくん

研修生時代の苦しい経験があるから、一方的な管理じゃなくて、

研修生に自然と寄り添うことができるんだろうね。

「実力のある大きな人間になりたい」とリバラボに参加した高山さん。

実際にリバラボに入って、どのような変化があったのでしょうか?

高山さん

昔の自分と比べると、「リバラボに入ったからこそ成長できたな!」と実感することが多いですね。

特に結果が出ないときに「ダメだ…」と思っても、なんとか踏みとどまれる力がついたと思います。

どんなに苦しい状況でも「よくなる方法があるはず!」と、前向きにチャレンジできるようになった高山さん。

ダルマちゃん
思ってるだけじゃなくて、行動に移したからこそ、彼は自分や未来を変えられたんだね!

社会の変化が激しい中、この先どうなるかは誰にも分かりません。

勤めている会社が来月潰れる、という可能性もゼロではないのです。

少しでも人生や自分のキャリアに不満や不安を抱いているなら、一歩でも行動に移してみては?

リバラボは「人生を変えたい」「自分を成長させたい」と思っている人の挑戦を応援し、一緒に成長を目指す場です。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら