御社と貴社の使い分け方は?知っておきたい敬語の基本を解説

会社を示す言葉には、使い分けが求められます。採用面接や履歴書を応募する前に確認しておきましょう。特に使う機会が多い『御社』と『貴社』の使い分けや読み方、例文を紹介しながら、間違いやすい敬語も知っておきましょう。

御社と貴社は何が違う?

取引先や採用前の会社を指す言葉には、『御社(おんしゃ)』と『貴社(きしゃ)』があります。一体、何が違うのでしょうか?主な使用場面や、間違えたときに問題があるのかも知っておきましょう。

話し言葉と書き言葉の違い

『御社』と『貴社』は、どちらも会社に対して敬意を表す言葉です。『御』は『御覧(ごらん)になる』などの尊敬語にも使われるとおり、敬意を表すときに使います。

『貴』は『貴殿(きでん)』『貴君(きくん)』など、同じく敬意を表すときに使われます。会社に対しても『貴』という文字を使うことで、「私はあなたの会社に敬意を持っています」と表現できるのです。

一般的に、話し言葉には『御社』、書き言葉には『貴社』と使い分けるのが一般的です。なお、どちらの言葉を使うときも、『御社様』のようにさらに敬称をつける必要はありません。敬意を表す言葉に敬称をつけると、二重敬語になります。

間違えた場合は選考に影響がある?

面接中に混乱してしまい、「御社と言うべきところを貴社と言ってしまった…」ということがあるかもしれません。普段使っていない言葉だからこそ、間違いは起こるものです。

もし間違えても、選考に大きな影響があるとは考えにくいでしょう。『御社』が広く使われるようになったのは近年のことで、もともと話し言葉でも『貴社』が使われていた流れもあります。

しかし、一般的な企業では『御社』と『貴社』を日常的に使い分けています。違和感を持たれる可能性は高く、会社によっては『ビジネスマナーを知らない』ということが選考を左右するケースもあるでしょう。

一つの間違いで判断されるとは限りませんが、なるべく間違えないように注意は必要です。

シーン別の使用例文

実際に、『御社』と『貴社』はどのようなときに使えばよいのでしょうか。主な利用シーンと具体的な例文を紹介します。

御社の使い方

『御社』という言葉を使うシーンは、面接中や採用担当者と話すときです。面接だけでなく、会社説明会に参加したときにも質問の機会があります。

「御社の企業理念の意味ですが…」「御社ではどのような評価制度を取り入れていますか?」など、質問をするときにも使いやすいでしょう。

「御社が開発された○○という商品ですが、△△機能はとても画期的だと感じました」など、会社や商品について述べるときにも使えます。『あなたの会社』と言いたいときは、御社と言い換えてみましょう。

貴社の使い方

貴社は、主に『エントリーシート』『履歴書』『メール』でのやり取りで使用します。

例えば、メールで求人に応募するときは、「貴社の求人情報を拝見し、○○職に応募したいと考えています」と伝えましょう。

エントリーシートや履歴書では、志望動機の欄に「貴社の○○というサービスに興味があり、△△として働きたいと感じている」と書くこともできます。

話し言葉と書き言葉が異なるだけで、『あなたの会社』という意味合いは同じです。応募する会社について話をしたいときは、積極的に使用しましょう。

そのほかにも知っておきたい敬語の違い

ビジネスシーンでは、日常的に使うことが少ない敬語が多数出てきます。面接や履歴書で迷わないためにも、基本的な単語の意味は知っておきましょう。御社と貴社以外に知っておきたいビジネス用語について解説します。

御社や貴社以外を使用する場合

企業によっては、会社に対する敬語表現が異なるケースがあります。学校・銀行・病院など、一般の会社とは異なる組織では、『御社』『貴社』は使わず、それぞれの組織に合わせた言葉を使いましょう。

学校では『御校(おんこう)』『貴校(きこう)』、銀行では『御行(おんこう)』『貴行(きこう)』です。銀行の場合、慣例的に『御社』『貴社』が使われるケースもあり、OBや現社員に確認するのが望ましいでしょう。

病院では『御院(おんいん)』『貴院(きいん)』が使われますが、話し言葉では発音が難しく『○○病院様』と言い換えるケースもあります。

そのほか、組合・協会・法人・宮内庁でも組織名の手前に『御』と『貴』をつけます。例えば○○省の場合、『御省』『貴省』と呼びます。

弊社と当社の違い

『弊社(へいしゃ)』と『当社』は、どちらも『自分が勤める会社』を指す言葉です。弊社は『謙譲語』であり、自分の会社をへりくだって言うときに使われます。対して、当社は『自分の会社』を指し示す一般的な言葉です。

はっきりとしたルールはありませんが、『弊社』は主に取引先や顧客に対して使われます。『当社』は自社内での会合や、ホームページでの商品紹介などへりくだる必要がないときに使う言葉です。

どちらの言葉も、採用前の時点では使用しません。現在勤めている会社の話をする場合は、『現職』または『前職』と説明しましょう。

御中と様の違い

書類の応募やメールのやり取りでは、会社や個人に敬称をつける必要があります。『御中(おんちゅう)』と『様』は、敬称の中でも一般的なものです。

御中は『特定の個人名が分からないとき』に使います。『○○株式会社御中』『○○株式会社 人事部御中』と、会社名や部署名の後に使いましょう。

『様』は、個人名の後につける敬称です。『○○株式会社 人事部 ○○様』のように、宛先がはっきりしているときは『様』を使います。

なお、役職名がある個人に敬称をつけたいときは、『○○部 部長 ○○様』が一般的です。○○部長様と書くと、敬称が二重になるので注意しましょう。

会社を指す敬語をきちんとマスターしよう

採用面接や履歴書では、相手の会社を指す言葉を使う機会があります。『御社』と『貴社』はよく使われる表現です。

話し言葉では『御社』、書き言葉では『貴社』と覚えておき、間違えないように注意しましょう。簡単な言葉を覚えるだけで、「ビジネスマナーを知っているんだな」と判断してもらえるはずです。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら