年収800万円を達成できる仕事は?具体例とキャリアアップ法を紹介

同世代より年収は高めなものの、年収800万円までアップさせたいと考えている人もいるかもしれません。年収800万円の生活レベルや、その年収を目指せる業界や職種、また達成するための行動を解説します。今後のキャリアを考える上での参考にしましょう。

年収800万円を稼ぐ人の割合

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年収800万円というと、高収入なイメージを持つ人も多いでしょう。実際のところ、日本において年収800万円を稼ぐ人はどのくらいいるのでしょうか。

年収800万円台の人は3%以下

国税庁が実施した『民間給与統計実態調査』によると、年収800万円台の人は全人口の2.8%という結果です。日本人の平均年収は433万円なので、平均の2倍近くの金額といえます。

全体で上位約9%に入る水準の年収であるため、年収800万円は間違いなく高収入といえます。裏返せば、年収800万円を稼ぐのはそんなに簡単ではないことがわかるでしょう。

参考:令和2年分民間給与実態統計調査 P.21|国税庁

女性の割合はさらに低い

年収800万円台を稼ぐ人の割合を男女別で見てみると、男性が4.1%、女性については0.8%でした。女性の中で年収800万円以上を稼ぐ人の占める割合は全体の2.3%のため、ひと握りの人しか到達できない金額と考えて差し支えないでしょう。

なお女性の場合、年収400万円以下の人が全体の75%以上を占めています。これは結婚や出産により、フルタイムの仕事を離れる人が男性より多いことが一因と考えられます。女性で年収800万円を稼ぐのは、男性が同じ金額を稼ぐことより難しいかもしれません。

参考:令和2年分民間給与実態統計調査 P.21|国税庁

年収800万円の生活レベル

年収800万円は高収入であることがわかりました。そんな人たちの生活レベルがどうなっているか、気になる人も多いでしょう。年収800万円の実際の生活レベルを解説します。

手取り金額は約590万円

年収800万円といっても、800万円全額が手元に入ってくるわけではありません。税金や社会保険料などを支払わなければならないためです。これらを差し引いた金額を手取りと呼びます。

年収800万円の手取り金額は約590万円です。所得税と住民税で約90万円、社会保険料で約120万円が天引きされます。社会保険料に含まれるのは、厚生年金保険料や健康保険料、雇用保険料などです。

なお日本では累進課税制度が採用されているため、年収が上がれば上がるほど課される税金も高くなります。そのため、仮に年収が2倍になったとしても、必ずしも手取りが2倍にはなるわけではない点は覚えておきましょう。

生活費や貯金額の目安

年収が800万円の場合の手取りは590万円なので、月額に換算すると約50万円です。一般的に家賃の目安は月収の1/3までとされているため、年収800万円なら15万円までが目安となります。

15万円の家賃であれば、東京23区内でもある程度の広さのある物件を借りることができます。都心にこだわらなければ、かなりの大きさの家に住めるでしょう。

また令和2年の家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)によると、年収800万円の人の約80%が毎月貯蓄をしています。貯蓄の割合として一番多かったのは、収入の35%以上でした。つまり年収800万円の人の多くが年間200万円以上貯金しているということです。

独身は余裕のある生活を送れる

独身者であれば、手取り月収である50万円を全て自分のために使えるため、余裕のある生活が送れます。特に意識しなくても、毎月10万円以上、実家暮らしであれば20万円以上を貯金することも不可能ではないでしょう。

1人暮らしの場合に大きくかかるのが食費です。外食が中心となると、その分コストが上がるため、どうしても貯蓄に回せる金額が減ってしまいます。外食だけでなく自炊をする機会も増やせば、不自由なく生活できるでしょう。

家族がいると贅沢はできない

結婚をして子どもがいる場合でも、ある程度は余裕のある生活が送れます。配偶者が専業主婦(夫)の場合でも、生活が苦しくなる可能性はそれほど高くないでしょう。

子どもがいる場合、大きな出費として考えられるのが養育・教育費です。またマイホームを購入するなら毎月ローンの返済が発生するため、それほどの贅沢はできないかもしれません。

贅沢をしなければ危なげなく生活はできるものの、子どもが複数いる場合や、もっと余裕のある生活を送りたいと希望する場合は、共働きをおすすめします。配偶者がパートタイムで働いたとしても、毎月数万円でも収入が増えれば、生活に余裕が生まれるはずです。

年収800万円を狙える業界や職業

年収800万円を狙うなら、ある程度業界や職業を選ばないと達成は難しいでしょう。年収800万円を狙いやすい業界や職業を解説するので、転職・就職活動の参考にしましょう。

金融、インフラ、情報通信業界

高収入を目指すなら、年収の相場が高い業界や仕事に就くことが近道です。

数ある業界の中でも、比較的高収入を狙いやすいのは金融・インフラ(電気・ガス・水道等)・情報通信業界です。民間給与実態統計調査によれば、上記の3業界で年収800万円以上稼いでいる人の割合は以下の通りです。

業界 年収800万円以上の割合
金融 25%
インフラ 33.7%
情報通信 20.8%

上記の業界では3〜5人に1人が年収800万円以上稼いでいます。なお、平均年収が最も低い宿泊・飲食サービス業では、年収800万円以上の人の割合は2.2%です。このように、選ぶ業界によって年収800万円を稼ぐ難易度が大きく変わることがわかるでしょう。

参考:令和2年分民間給与実態統計調査 P.24|国税庁

インセンティブが大きい営業職

稼ぎやすい職業の中で、未経験からでも挑戦しやすいのは営業職です。会社によっては、給与体系に歩合制を取り入れているところもあり、そういう会社では契約件数が増えれば増えるほど給料に反映されます。

営業職の中でも特に稼げるとされているのは、不動産や保険の営業です。不動産業界や保険業界は商材の単価が高いため、その分インセンティブも高額になります。ただし給料が高い分、個人に求められるものも大きくなるため、プレッシャーも感じやすいでしょう。

営業職は業界を問わずどの会社にも必要な人材のため、未経験でも採用してくれる会社も多くなっています。

これから年収800万を目指すには

年収800万円を稼ぐことは簡単ではありませんが、達成するためにできることはあります。年収800万円に近づく方法を三つ紹介します。

資格取得等スキルアップする

資格を取得すると、会社によっては資格手当が支給される場合があります。そのような会社では、資格を取ることが直接収入アップにつながるのです。まずはどのような資格を取れば手当がもらえるのか確認してみましょう。

資格を取得するメリットは、手当だけではありません。

資格を取ることにより、その分野についての体系的な知識が身につくため、仕事でのスキルアップにつながりやすくなります。その業務のプロフェッショナルになることで、昇進や昇給のチャンスが増えることが期待できます。

どの資格を取るか決める際は、将来的にその業務や資格の需要があるかを見据えて選ぶのがポイントです。

給与相場の高い企業に転職する

現職の会社で昇進することで年収を上げるのももちろんよいですが、上司の年収が自分の希望する金額よりも低かったら、自分が納得できる金額まで年収を上げるのは難しいでしょう。

そのような場合は、給与水準の高い会社に転職することが解決策になり得ます。同じ業界や職種でも、会社によって給与の相場は異なるため、会社が変わるだけで大幅に年収がアップする場合も珍しくありません。

しかし中には自分のスキルに自信がなく、転職に踏み切れない人もいるでしょう。そんなときはリバラボインターンシップに参加することがおすすめです。

研修中は固定給と住居が用意されるので、生活を保障されながら、一流企業に転職するためのスキルや実績を積み上げることができます。まずは一度、無料相談してみてはいかがでしょうか。

リバラボインターンシップ

副業や投資で収入を増やす

副業や投資は、収入を増やすための手段としてよく挙げられるものです。副業として昨今人気なのは、転売やライター業、動画編集などでしょう。空いた時間を有効に使うことで、月数万円程度の副収入を得ることができます。

投資で人気なのは株やFXです。株式投資は株主優待や配当を得られることが大きなメリットです。FXはレバレッジ取引によって、少額の資金でも大きな利益を稼げる可能性を秘めています。

ただしどちらの場合も、損失を被る可能性がある点には注意しなければなりません。投資を行う際は、事前の情報収集や勉強が大切といえます。

年収800万円の難易度は高いが努力次第

年収800万円は全体の上位9%に入る水準の金額です。年収が800万円あれば、余裕のある生活を送ることができ、子どもの教育にもお金をかけることができます。贅沢をしなければ、将来的に想定されるライフイベントにも十分備えられるでしょう。

年収800万円を稼げれば高給取りになれますが、そこまで達するのは簡単ではありません。もし年収800万円を目指すなら、給与水準が高い業界や会社に転職するのがおすすめです。

職務経験やスキルに自信がなければ、リバラボインターンシップで実績作りをするのもいいでしょう。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?