高卒低年収から年収2000万に成り上がる!高収入の職種とは?

年収2000万円を稼げるビジネスパーソンになりたい、という野望を持っている人もいるでしょう。年収2000万円の生活レベルや、その年収を稼げる職業、稼ぐために大切なポイントを解説します。夢をあきらめたくない人は参考にして行動しましょう。

高卒でも年収2000万稼げる?

高卒でも年収2000万円は目指せるものなのでしょうか。高卒労働者の平均年収も確認しながら、見ていきましょう。

高卒労働者の平均年収

厚生労働省が公表した『令和2年賃金構造基本統計調査』をもとに試算すると、男女合わせた高卒労働者の平均年収は約300万円、大卒の平均年収は約400万円で、100万円ほどの差があることがわかります。

年収2000万円というと高卒労働者の平均年収の6倍程度の金額であるため、データを見ると稼ぐことがかなり難しい収入帯と思ってしまうかもしれません。

参考:令和2年賃金構造基本統計調査の概況|厚生労働省

簡単ではないが不可能でもない

厚生労働省が実施する『2019年国民生活基礎調査』によると、年収2000万円以上の所得がある世帯は全体の1.2%という結果です。

つまり年収2000万円を稼ぐ人は日本人の上位1.2%に入るということを意味するので、決して簡単なことではないと想像できるでしょう。

しかし、年収2000万円を稼いでいる人が存在することも確かな事実なので、決して不可能なわけではありません。高収入を稼げる仕事には、人がやりたがらない仕事か、代えがきかない仕事の二つがあるといわれています。

長期的に高収入を稼ぎたいのであれば、自分にしかできない仕事をすることが大切です。

参考:2019年国民生活基礎調査の概況 P.10|厚生労働省

年収2000万円世帯の生活レベル

年収2000万円を稼いでいる人がどのような生活をしているのか、気になる人もいるでしょう。年収2000万円の生活レベルを解説します。

年収2000万円世帯の手取り額

年収2000万円の手取り額は、約1300万円です。単純に月額に換算すると約108万円です。

日本では累進課税制度が採用されているので、年収が高くなるほど所得税などの税率が上がります。年収2000万円の場合は、所得税と住民税で年間約500万円を納めているのです。

扶養家族がいる場合は一部が所得から控除されるため、納める税金が減り、その分手取りが増えます。配偶者と子どもが1人いる場合は、独身と比べて手取りは約20万円増えます。

4人家族の生活費は月約50万円

世帯年収が2000万円で、大人2人子ども2人という家族構成の場合、生活費として毎月約50万円必要といわれています。年収2000万円世帯の標準的な支出を以下に見てみましょう。

項目 金額
食費 12万円
水道光熱費 3万円
家具・家事用品費 2万円
衣料費 3万円
保健医療費 2.5万円
交通・通信費(自動車含む) 7万円
教育費 3.5万円
趣味・娯楽費 7万円
その他雑費(交際費など) 14万円

食費に12万円も費やしている点が大きな特徴です。節約のために家計を切り詰める必要はなく、ストレスフリーな生活を送れていることが見て取れます。毎月これだけの出費があっても、月に50万円程度残るのは羨ましい限りでしょう。

妥協せずマイホームを購入できる

年収が2000万円あれば、どの程度の家が購入できるのでしょうか。一般的に住宅ローン借入額の上限は、年収の6〜7倍程度までといわれています。つまり年収2000万円なら、約1億円台まで借入できることになります。

年収2000万円世帯が住宅を購入するときに投入する、自己資金の平均額は約4400万円です。自己資金を投入すれば、自分の理想通りの家を妥協することなく購入できるでしょう。タワーマンションを購入することも夢ではありません。

年収2000万に手が届く職種例

年収1000万円であれば、一般企業でも手が届く場合が多いですが、年収2000万円を実現できる仕事となると、かなり限られてきます。年収2000万円を稼げる可能性のある職種を三つ紹介します。

独立もできる「経営コンサルタント」

コンサルティング業界は年収水準が高いことで知られています。その中でも最上流とされる戦略系の経営コンサルタントであれば、年収2000万円を稼げる可能性があります。

コンサルティングファームに勤務していても手が届く可能性がありますが、コンサルティング業界は実力主義の世界のため、2000万円を稼ぎ続けることは簡単ではありません。

一方で、独立してコンサルタンティングを事業として行えば、より手が届きやすくなるでしょう。会社によって中抜きされる分がなくなり、売上が全て自分の収入となるためです。

歩合制で稼ぎは天井知らず「営業職」

営業職も『売ったもん勝ち』の実力主義の世界です。営業職で年収2000万円を稼ぐには、インセンティブが必須といえます。インセンティブとは売上や成約数に応じて、通常の給料に上乗せして支払われる報酬のことです。

つまり営業職として成果を出し続けられれば、青天井に収入を伸ばすことも可能です。高給取りの営業職が生まれやすい業界としては、商材単価の高い生命保険や不動産、M&Aが挙げられます。

営業職は求人も多く出されているため、挑戦しやすい職種でもあります。

発想力で一発逆転「アプリ・ゲーム開発」

アプリ開発が得意なら、エンジニアとして年収2000万円を目指す方法もあります。

会社員として稼ぎたいなら、大手のゲーム会社や開発会社に入るのが近道でしょう。フリーランスの場合は、高単価の案件を数多くこなすことで、年収2000万円を達成できる可能性があります。

いずれの場合も、なにより技術力が重要です。また、その業務での経験年数や実務経験も求められるでしょう。一方で年齢が若い方が好まれる場合もあるので、若くして経験を積んだ人が有利といえます。

年収2000万稼ぐために必要なこと

普通に生活しているだけでは、年収2000万円にはなかなか届かないでしょう。年収2000万円を稼ぐためにやるべきことを三つ紹介するので、ぜひ今日から実践してみましょう。

目標と実行プランを明確にする

ただ漠然と「稼ぎたい」と思っているだけでは、収入は上がらないでしょう。今よりも収入を上げたいなら、明確な目標とそれを達成するためのプランを立てる必要があります。

目標とプランを立てた結果、もしかしたら今までやっていたことをあきらめなければならないかもしれません。きついと感じることを毎日する必要が出てくる場合もあるでしょう。しかし一度目標を立てたら、それに徹底して集中することが大切です。

貪欲に知識を吸収する

収入を上げるためには、自分を成長させなければいけません。具体的には貪欲に知識を吸収する姿勢が重要です。そのためには継続的に読書をするとよいでしょう。

どんな本を読むか迷ったら、まずは自分が今やっている仕事に関する本を読むのがおすすめです。仕事にダイレクトに生かせて、その仕事のスペシャリストになるのに役立つでしょう。

なお、世界的にも有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏は、1日の労働時間の8割を読書に費やしているといわれています。

同じ志を持つ仲間を作る

自分を変えたいなら、環境を変えることも重要です。具体的には同じ志を持つ人たちや、自分よりも成功している人たちと付き合うとよいでしょう。自分より成功している人とつながることで、その人たちの考え方や視座を吸収できます。

同じ志を持つ仲間と出会うには、リバラボインターンシップに参加するのもよいでしょう。リバラボインターンシップは、スキルや学歴がない状態から一流企業に就職できるレベルのビジネススキルを身につけられるプログラムです。

参加者の多くが自分の学歴やスキルに自信がない人たちです。同じ思いを持つ仲間たちと、一緒に成長してみませんか。

リバラボインターンシップ

思い描く人生に向かって踏み出そう

年収が2000万円あれば、ストレスフリーかつ裕福な生活を送れる可能性が高いでしょう。ただし年収2000万円を稼ぐまでは、険しい道のりが待っているかもしれません。多くの人が途中であきらめてしまうからこそ、最後までやりきった人だけが達成できるのです。

同じ目標を持つ仲間たちと一緒に成長したいなら、リバラボインターンシップがおすすめです。まずは無料相談に申し込んでみてはいかがでしょうか。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?