システムエンジニアの年収は高い?年収アップのコツや転職方法も紹介

転職を検討している中で、システムエンジニアに興味を持った人もいるでしょう。システムエンジニアの平均年収や高収入のエンジニアになる方法、転職のコツについて解説します。未経験からシステムエンジニアになる方法も紹介します。

システムエンジニアの平均年収

「システムエンジニアは稼げる」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実際のところ、システムエンジニアの年収は高いのでしょうか。平均年収をもとに確かめていきましょう。

全体の平均は500万円以上

厚生労働省による『賃金構造基本統計調査』を見ると、2019年におけるシステムエンジニアの平均年収は約569万円です。月給の平均は約38万円で、年間賞与が約113万円となっています。参考までに、過去5年間の平均年収の推移を見てみましょう。

年度 平均年収
2019年 569万円
2018年 551万円
2017年 550万円
2016年 547万円
2015年 592万円

過去5年間の推移を見ると、2015年には600万円近くにまで達していることがわかります。2016年には一度落ち込みましたが、それ以降は徐々に上昇傾向にあります。

参考:賃金構造基本統計調査 職種DB第1表|厚生労働省

年齢別の平均年収

システムエンジニアの年収は、年齢別で見るとどのような推移をするのでしょうか。男性の年齢別の平均年収を以下の表にまとめました。

年齢 平均年収
20〜24歳 313万円
25〜29歳 403万円
30〜34歳 497万円
35〜39歳 550万円
40〜44歳 609万円
45〜49歳 623万円
50〜54歳 682万円
55〜59歳 690万円
60〜64歳 461万円

システムエンジニアの年収は年齢とともに順調に上昇し、ピークを迎えるのは50代後半で、その後は減少しています。特に20代前半から後半、そして30代前半にかけては上昇幅も比較的大きいようです。

参考:賃金構造基本統計調査 職種DB第3表|厚生労働省

男女別の平均年収

システムエンジニアの平均年収を、男女別で見てみましょう。

性別 平均年収
男性 584万円
女性 497万円

男女では年収に約100万円の開きがあることがわかります。男性は50代後半に年収のピークを迎えますが、女性の場合は40代前半がピークで、その後は減少傾向です。

システムエンジニアの男女比は5:1で、男性社会であることが、年収に差が生じている背景にあるかもしれません。

参考:賃金構造基本統計調査 職種DB第1表|厚生労働省

システムエンジニアの年収は高い?安い?

システムエンジニアの年収は、果たして高いといえるのでしょうか。2019年における全職種の平均年収は436万円、システムエンジニアは569万円であることから、一般的には高収入といってよいでしょう。

また全職種の平均年収を男女別で見ると、男性が540万円、女性が296万円です。このことからも、システムエンジニアの年収は男女ともに平均以上であることがわかります。

なおシステムエンジニアの平均年収は、40代前半男性の全職種の平均年収とほぼ同水準です。

参考:令和元年分 民間給与実態統計調査 P.15|国税庁

高年収を稼ぐシステムエンジニアになるには?

システムエンジニアは、稼げる人とそうでない人の差が大きい職業でもあります。高年収を稼ぐエンジニアになるためのポイントを二つ解説するので、ぜひ今後のキャリア形成に役立てましょう。

スキルを身につける

市場から必要とされるエンジニアになるには、幅広い知識を身につけることが大切です。アプリケーションやインフラだけでなく、最新技術にも敏感にキャッチアップすることで、希少性を生み出せるでしょう。

また要件定義や基本設計といった、システム開発の上流工程を経験するのも有効です。システム開発に一気通貫で携われるようになることで、プロジェクトマネージャーや一次請けの会社を目指せるようになります。

コミュニケーション能力も必要

エンジニアと聞くと、パソコンに向かって黙々と作業するイメージを持つかもしれません。しかしどちらかというとそれはプログラマーと呼ばれる、実際にコードを打ち込む作業をする人に当てはまります。

システムエンジニアはむしろ、プログラマーに指示を出したり、クライアントとシステムの仕様を詰めたりするのが主な仕事です。

クライアントの望む通りのシステムを作るためには、ズレなく意思疎通を図る必要があるため、システムエンジニアにはコミュニケーション能力が欠かせません。

システムエンジニアに転職するコツ

システムエンジニアは転職でも人気の職種の一つです。システムエンジニアに転職する際のコツを二つ解説します。

下調べをきちんと行う

まずは応募する企業の下調べをきちんと行うことが重要です。

IT業界は人手不足が叫ばれる業界の一つです。そのため中には十分な研修を実施せず、入社後すぐに現場に出すような会社も存在します。特に未経験の場合は、慣れない業務を任され大きなプレッシャーを感じてしまうでしょう。

また応募先の企業とのすり合わせも大切です。入社後、事前に聞いていた業務と異なる業務を任されるケースも少なくありません。自分の希望する業務が入社後にできるのかしっかりと確認しましょう。

自己分析でアピールポイントを明確に

転職を成功させるには、応募先の企業に自分が採用する価値のある人材であることをアピールしなければなりません。そのためにはまず自分のスキルを棚卸しし、採用担当者の印象に残るように内容をまとめましょう。

特に未経験の場合は、コミュニケーション能力をアピールするとよいでしょう。コミュニケーション能力はどの職場でも生かすことができ、システムエンジニアでも重宝されるスキルです。

またすでにプログラミングについて学習している場合は、自作アプリを作って見せるのも効果的です。

未経験からシステムエンジニアを目指すには

システムエンジニアは未経験からでも挑戦できます。未経験からシステムエンジニアを目指す際のポイントを二つ解説するので、ぜひ役立ててください。

資格を取得して知識を増やす

まずは資格を取得して知識を増やすことが挙げられます。初心者におすすめの資格は、『基本情報技術者』です。ITに関する基礎的かつ幅広い知識を証明できる資格で、国家資格でもあります。実際にエンジニアで保有している人も多いでしょう。

ITに関して完全な初心者の場合は、基本情報技術者の簡易版ともいえる『ITパスポート』を受けるのもよいでしょう。

ITパスポートは教養を身につける意味合いが強く、IT業界以外からも多くの人が受験している資格です。自分の知識レベルに合わせて勉強してみましょう。

リバラボインターンシップへエントリー

座学による知識習得も大切ですが、やはり実務経験があると転職活動においても高評価につながりやすいでしょう。未経験から実践的なスキルを身につけたい場合は、リバラボインターンシップへ参加することをおすすめします。

リバラボインターンシップは、固定給と研修中の住居を用意してもらいながら、一流企業に合格するためのスキルと実績を作れるプログラムです。参加者の多くが高卒や中卒など、学歴やスキルに自信が持てない人たちです。

リバラボインターンシップは、スキルや学歴がない状態からでも、一流企業に合格する人材を多数輩出しています。まずは無料相談に申し込んでみてはいかがでしょうか。

リバラボインターンシップ

まずは一歩を踏み出そう!

システムエンジニアは平均年収も比較的高く、未経験からでも挑戦しやすい職業の一つです。システムエンジニアとして高収入を目指すなら、継続的かつ幅広いスキルアップと、高いコミュニケーション能力の習得を心がけましょう。

未経験から挑戦する場合は、基本情報技術者などの資格を取ることもおすすめですが、やはり実績を作った方が近道といえます。

リバラボインターンシップでは、多くの人が未経験の状態から一流企業に就職しています。固定給と住居が与えられ生活も保障されているので、ぜひ一度無料相談に申し込んでみましょう。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?