高卒で理想の転職を実現する方法は?業界選びと転職のコツを紹介

体力仕事ではなく、オフィスワークに就きたいと思っているものの、大卒向けの求人ばかりで困っている高卒の人は多いのではないでしょうか?高卒で理想の転職を実現する方法やおすすめの業種、転職の流れも紹介するので、ぜひ転職を成功させましょう。

転職でも学歴は影響する?

新卒採用において学歴が大きな影響を持つことは、暗黙の了解といってもよいでしょう。では、転職市場で学歴は重視されるのでしょうか?転職市場における学歴の重要度を解説します。

学歴不問の求人は4割程度

学歴不問の求人は、全体の4割程度を占めているといわれています。加えて、大卒以上の学歴を条件とする求人は44%です。つまり、高卒の場合は、全体の約半分の求人に応募できないことになります。

ただし、学歴を条件とする企業の意図としては、肩書きを重視するというよりは、『地頭力』を推し量る指標としているケースが多くなっています。地頭力が高いと業務を覚えるスピードも早く、パフォーマンスも出しやすいといわれているためです。

見方を変えれば、学歴がなくとも地頭力が高いことをアピールできれば、採用のチャンスは広がるでしょう。

人手不足で学歴条件は緩和傾向

近年では、学歴不問とする求人の数が増加傾向にあります。要因はさまざまですが、特に人手不足の影響が大きいと考えられます。

新卒など人材の採用がうまくいっていない企業も存在し、学歴条件を緩めて採用の間口を広げるところもあるようです。

また、企業によっては、学歴ではなく実績やポテンシャルを重視するところもあります。そのような企業は、学歴と仕事の能力は関係ないと考える傾向があります。

体力が求められる職場では、むしろ高卒や中卒の若い人材の採用に積極的なところもあるでしょう。

選考での重要度は低め

結論から言うと、選考において学歴はそこまで重要ではありません。では、選考においては何が重視されるのでしょうか?

選考において企業が特に重視するのは、仕事に対する熱意やコミュニケーション能力、社会人としてのマナーなどです。中途採用においては、新しい職場で応用できる業務経験なども重視される傾向にあります。

つまり、書類選考や面接時のアピール次第で、合格する可能性は十分にあるといえるでしょう。

高卒でも不利にならない仕事・業界の特徴

大卒以上の学歴が求められる求人は多くありますが、中には高卒でも不利にならない仕事や業界もあります。学歴で不利になりにくい仕事や業界の特徴を解説します。

学歴よりも実力重視

業界の中には、学歴よりも実力が重視されるところがあります。そのような業界では成果を出せば正当に評価されやすいので、モチベーションも保ちやすいでしょう。

コミュニケーション能力を求められる営業系の職種や、専門的な技術を求められる職種は実力主義の傾向が強くなっています。

特に営業職の場合は、インセンティブ制度により成果を出せば出すほど収入が上がるところが多いので、学歴に関係なく高収入を目指せます。

人手不足のため未経験者を受け入れている

人手不足が深刻で猫の手も借りたいほどの状況にある企業は、未経験者の採用に積極的なところも多いでしょう。また、人手不足の他にも、以下の理由で未経験者を受け入れている企業もあります。

  • 新卒採用で必要な人数を採りきれなかった
  • ポテンシャルに期待している
  • 若手を採用したい

このような企業では、仕事への熱意や将来性を見込んで人材を採用するケースが多くなっています。また、未経験から一人前に育てるために、しっかりとした研修制度を整えている企業が多いのも特徴です。

業界問わず転職は若いほど有利

「若手はスキルがないから転職に不利」と考えていませんか?実は、年齢が若いほど転職は成功しやすいのです。

20代前半などの若い人材のスキルが未成熟なことは、企業側も把握しています。裏を返せば、中途半端なスキルや知識がない分、一から育成しやすいともいえるでしょう。

そのため、企業側も長期的に育てることを前提に、若手の採用に注力しているケースが多くなっているのです。

30代以降になると、ポテンシャルよりもスキルや実務経験が重視され始めるので、転職をするなら早い方が可能性が広がるでしょう。

高卒におすすめの業種

高卒の人が転職をする際、狙い目となる業種を解説します。高卒でも転職しやすい業界に絞って転職活動を行うことで、転職の成功率は高まるでしょう。

実力主義でスキルが身に付く「IT業界」

エンジニアやWebデザイナーに代表される『IT業界』は、実力主義の業界の一つです。

IT業界では技術力で評価されるため、スキルを身に付ければ学歴に関係なく稼ぐことが可能です。高い技術を身に付ければ、フリーランスとして独立することも不可能ではありません。

しかし、IT業界はトレンド技術の移り変わりが激しいことが特徴です。自分の持っている技術が陳腐化して、それだけでは稼げなくなる日が来る可能性は十分にあります。

そのため、市場から必要とされ続けるには、現状に満足せず継続的にスキルを習得する姿勢が必須でしょう。

人手不足で若手需要が高い「介護業界」

近年の少子高齢化の影響を大きく受けているのが、『介護業界』です。人手不足だけでなく、力仕事の側面があることから、若い人材の需要が高くなっています。そのため、未経験でも挑戦しやすい業界となっており、高卒でも歓迎されるでしょう。

企業によっては資格を必要とするところもありますが、資格がなくても就職可能な企業も多く存在します。入社後に資格取得をサポートしてくれる企業もあり、キャリアパスを描きやすい業界です。

成果次第で高収入が期待できる「不動産業界」

『不動産業界』は実力主義の色が強く、成果次第では20代で年収1000万円稼ぐことも夢ではありません。業界自体の人材の流動性が高く、未経験者も広く受け入れていることもあり、高卒でも十分に挑戦するチャンスがあるでしょう。

不動産業界の、特に営業職の給与体系は『基本給+インセンティブ』となっているケースがほとんどです。そのため、成約を取れば取るほど給料となって返ってきます。

しかし、不動産業界では商材の単価が高い分、成約までの難易度は高く、さらにはノルマも課されるためプレッシャーも大きいでしょう。バリバリ稼ぎたい人におすすめの業界といえます。

安定重視なら「公務員」

安定した雇用と給料を望むなら、『公務員』を目指してみてもよいでしょう。公務員は、業績不振や新型コロナウイルスなどの外的脅威によって解雇されることはなく、定年まで雇用が保証されているのが魅力です。

また、公務員の給料は等級ごとに一律で決まっています。社会情勢により改変の可能性はあるものの、将来の収入の予測が立てやすく、ライフプランも描きやすいでしょう。

公務員試験には難易度の差はあるものの、受験資格に学歴などの条件はありません。そのため、高卒でも試験に合格すれば公務員になることができます。

難易度が高い転職は?

高卒の人は学歴のハンデがある分、手段を選んで転職活動を行うことが大切です。転職の難易度が高くなってしまう、代表的な例を二つ紹介します。

自分の希望と企業の求める条件にギャップがある

自分の実力以上の収入を希望しているなど、希望する条件と自分の市場価値にギャップが生まれていると、転職の難易度は上がってしまいます。市場価値とは、市場から見た自分の評価のことを指します。

また、給料の高い求人は人気も高く、他の優秀な人材に競り勝って内定を取るのは難しいでしょう。そのため、まずは自分の市場価値を把握し、実力に見合った企業に応募することが重要です。

転職サイトの中には、簡易的に自分の市場価値を診断できるものがあるので、調べてみるとよいでしょう。

学歴や経験重視の企業・職種

大卒就活生に人気の業界や求人ばかりに応募しても、転職は成功しにくいでしょう。中には、学歴や経験を重視する業界があることも事実です。特に下記の業界は、学歴を重視する傾向にあります。

  • マスコミ(マスメディア・新聞・広告代理店)
  • 金融
  • 商社

上記の業界は大卒にも人気のため、学歴にハンデがある状態では不利になってしまいます。求人に応募する際は、学歴や経験をどれだけ重視しているかを確認し、不利だと思ったら応募を避けるのが無難です。

転職までの流れ

転職活動をしたいものの、具体的なやり方が分からず困っている人も多いでしょう。ここでは、転職の大まかな流れを解説します。

平均転職期間は3カ月から半年

転職活動はあまり時間をかけすぎると、モチベーションの維持が難しくなってしまいます。転職活動にかける平均的な期間は、3カ月から半年です。

仕事をしながら転職活動をする場合は、毎日1時間くらい転職活動に時間を割くことが望ましいでしょう。また、面接は週に1回程度が妥当なペースかもしれません。

中には、今すぐ現職を退職したい人もいるでしょう。しかし、転職活動が長引く可能性も考慮し、退職時期は慎重に見極める必要があります。

転職活動開始から入社までの流れ

転職活動を始めてから、新しい企業に入社するまでの大まかな流れは、以下の通りです。

  1. 準備
  2. 応募書類の作成
  3. 求人への応募
  4. 面接
  5. 内定獲得
  6. 現職を退職

いきなり求人に応募するのではなく、まずは事前準備として情報収集と自己分析を行いましょう。しっかり準備をすることで、自分に合った企業を選ぶことができます。

応募書類は、『履歴書』と『職務経歴書』の2種類です。特に職務経歴書は、自分の能力や経験をアピールする書類なので、しっかりと作り込みましょう。

次に、自己分析と収集した情報をもとに、自分にマッチしそうな企業に応募していきます。面接に進む前には、マナーの確認やよくある質問への回答の準備をすることが大切です。

晴れて内定をもらったら、現職の退職手続きをし、新しい企業への入社となります。

退職前・退職後に転職するメリット・デメリット

転職活動をする際、現職で働き続けながら行うか、先に退職するか迷う人もいるでしょう。どちらの場合もメリット・デメリットがあります。

退職前に転職活動をする大きなメリットは、収入を確保し続けられることです。また、経歴にブランクができず、税金などの手続きを自分で行う必要がありません。

ただし、転職活動をする時間を捻出しづらいので、急募の求人に応募できないなどタイミングをつかむのが難しい点がデメリットです。

一方、退職後に転職活動をする場合は、何よりも転職活動に多くの時間を割くことができます。そのため、面接日程の調整もしやすく、転職活動にスピード感を出せるでしょう。

しかし、その間は収入が途絶えてしまうので、転職活動が長引くと精神衛生上よくありません。さらに、ブランクにより転職が不利になっていくと、妥協が生まれてしまうこともあるでしょう。

転職活動の準備

いざ転職活動の準備をしようと思っても、何から始めればよいのか分からない人も多いでしょう。転職活動の準備としてするべきことを、二つ解説します。

自己分析をし自分自身を見つめ直す

自己分析とは、自分の価値観や強み・弱みを理解する作業を指します。転職先で活躍するためには、自分の強みを生かせる職場に入る必要があります。

給与や休日などの条件面のみで転職先を選んでしまうと、仕事にやりがいを感じられずに転職を繰り返す、といった悪循環に陥ってしまう可能性があります。

また、面接で自分をうまくアピールするためにも、自分自身のことを知る作業は欠かせません。転職活動を始めるなら、自己分析は最初にやるべき作業といえるでしょう。

業界・職種を研究し求人を探す

世の中には、多種多様の業界があります。中には自分の知らなかった業界で、自分が活躍できるところがあるかもしれません。

自己分析で明らかになった自分の強みや価値観をもとに、自分が活躍できそうな業界を研究しましょう。

業界研究をしっかりと行っていれば、面接でも業界に理解があることをアピールできます。さらに、入社後によいスタートダッシュを切るためにも、業界・職種についての理解を深めることは重要です。

面接を通過するコツ

書類選考を通過したら、次は面接が控えています。面接に突破するためのコツを紹介するので、ぜひ実践しましょう。

働く意欲や適性をアピールする

高卒の転職の場合、未経験歓迎の求人や学歴不問の求人が狙い目となります。そのような求人を出す企業は、面接で候補者のやる気を重視する傾向にあります。

そのため、面接では仕事に対する熱意をアピールしましょう。「自分には短所しかない」と思う場合でも、見方を変えれば長所になり得ます。

例えば、『仕事が遅い』という短所がある場合、正確さが求められる職場では『慎重である』という長所に変わります。できるだけポジティブな内容をアピールすることで、面接での印象がよくなるでしょう。

転職理由は前向きに

転職面接で必ずといってよいほど聞かれるのが、転職理由です。転職理由は必ず前向きな内容を答えましょう。

ネガティブな回答をしてしまうと、「弊社でも不満があると退職してしまうのではないか」と、採用担当者に懸念を抱かれてしまいます。

そのため、仮にネガティブな理由で退職をする場合でも、できるだけポジティブな内容に変換して回答することがポイントです。

ポジティブな退職理由の例としては、『新しい領域にチャレンジしたい』『以前から興味のあった分野で仕事がしたい』といったものです。その考えに至った背景もよく聞かれるので、併せて準備しておくとよいでしょう。

転職先が決まった後の流れ

晴れて転職先が決まったら、入社に向けて諸々の手続きをします。転職先が決まった後の流れを解説します。

内定受諾と雇用契約の締結

転職先から内定をもらったら、内定受諾をする前に必ず労働条件を確認しましょう。通常は、内定の通知と一緒に『労働条件通知書』が送られてきます。

労働条件通知書が届いたら、面接時の説明や求人票の表記と異なる点がないかを確認します。企業によっては入社日当日に渡すところもありますが、その場合は代わりとなる書類をもらえないか聞いてみましょう。

また、内定受諾の連絡をするときは、トラブル回避のため内定を受ける旨をはっきりと伝えることが重要です。内定受諾の連絡後は、雇用契約の締結を行います。

現職場へ退職意思を伝える

転職先への入社が決まったら、現職の退職調整を行います。多くの企業では、退職意思は1カ月前に通告するよう決められているでしょう。

退職意思は、直属の上司に伝えるのがマナーです。口頭で「大事なお話があるので、お時間をいただけないでしょうか」とアポを取りましょう。

なお、直属の上司を飛び越えて退職意思を伝えるのはNGです。上司の管理能力が疑われ、顔に泥を塗る行為と捉えかねられません。また、上司より前に同僚に伝えるのも、トラブルの元となるので避けましょう。

仕事の引き継ぎと入社準備

現職との退職交渉がまとまったら、退職までの期間で後任への仕事の引き継ぎを行います。仕事の引き継ぎは、現職での最後の大仕事です。

引き継ぎが甘いと、退職後も後任から問い合わせを受けるなどのリスクがあり、転職先での業務にも支障を来してしまう可能性があります。

また入社前には、転職先から必要書類の提出を求められることがあるので、忘れずに対応しましょう。現職の退職時に渡される書類の中には、転職先に提出するものも含まれていることがあるため、大事に保管することが大切です。

転職活動で注意したいこと

転職活動を行う上で注意したいことを、三つ解説します。転職活動を成功させるためにも、注意点をしっかりと押さえましょう。

志望企業や業界について広く情報を得る

情報収集は、抜かりなく行うことが大切です。インターネットで調べるだけでなく、実際に説明会に足を運んで企業の雰囲気をつかみましょう。

情報収集がおろそかになると、入社前と入社後のギャップを感じてしまい、転職を繰り返すことにもなりかねません。

企業研究をする際は、事業内容とビジネスモデルを把握しておきたいところです。また、社長の名前やその企業のSNS・ブログまでチェックしておくと、志望度の高さが伝わるでしょう。

雇用条件をきちんと確認する

企業には、労働者に対して雇用条件を書類で通知する義務があります。この書類を『労働条件通知書』と呼び、特に下記の情報は書面で通知するよう定められています。

  • 雇用期間
  • 有期雇用の場合の更新時期
  • 就業場所、業務内容
  • 始業・就業・休憩時間、休日、残業の有無
  • 給料の決定方法と支払い時期
  • 退職について

内定をもらったら、事前に聞いていた情報と労働条件通知書の内容に相違がないか確認しましょう。万が一、企業側に書類の提示を渋られた場合は、ブラック企業の可能性があるため入社を控えるのが得策かもしれません。

業界・職種や条件を絞りすぎない

転職活動において、業界・職種は絞りすぎないようにすることが大切です。業界・職種を一つに絞った方が、転職活動がうまくいきやすいと思う人もいるかもしれませんが、必ずしもそうとはいえません。

業界・職種を一つに絞ってしまうと可能性の幅を狭めてしまい、なかなか転職先が決まらないといったことになりかねないためです。一つに絞るのではなく、二〜四つ程度の業界・職種を見るのがおすすめです。

また、条件にこだわりすぎてしまう人もいるでしょう。特に初めての転職の場合は、『理想の職場』を探してしまいがちです。

しかし、条件を絞りすぎると、どの求人もイマイチに見えてしまい、なかなかエントリーできない状況に陥ってしまう可能性があります。

特に高卒の場合は応募できる求人に限りがあるため、ある程度は条件を緩めることも大切です。条件を絞るときのコツは、『絶対に譲れない条件』と『妥協できる条件』を明確にすることです。

そうすることで絞りすぎを防げると同時に、自分に合った職場も見つかりやすくなるでしょう。

転職活動がうまく進まないときの対策

転職活動がうまくいかないときは、どうすればよいのでしょうか?転職活動が行き詰まったときの対処法を、三つ解説します。

スクールや資格取得でスキルアップする

選考になかなか通過しない場合、もしかしたら現在のスキルでは足りていないのかもしれません。その場合は資格を取得したり、スクールに通ってスキルを身に付けたりすることで、転職活動がうまくいき始める可能性があります。

高卒におすすめの習い事や資格の例は、下記の通りです。

  • 英会話
  • 簿記
  • ファイナンシャルプランナー
  • ITパスポート

オフィスワークを目指している場合は、パソコンスキルは身に付けておきたいところです。マイクロソフト社の『Office』を使いこなせることを証明する『MOS』を取得すれば、パソコンスキルが十分に身に付くでしょう。

転職支援サービスを利用する

大卒に比べてハンデのある高卒の場合は、転職のプロに頼ることで転職活動をスムーズに進められるでしょう。

転職支援サービスは、転職の相談に乗ってくれるだけでなく、自分に合った求人の紹介や面接の日程調整も代わりに行ってくれます。転職に関する情報収集もできるので、2〜3社は登録しておきましょう。

また、自分のスキルに自信がなく、転職活動に不安がある場合は、インターンシップに参加するのもおすすめです。リバラボインターンシップの参加者の多くは、高卒など学歴やスキルに自信を持てない人たちです。

そういった状態からでも、一流企業に就職するためのスキルを身に付けることができます。研修期間は職務経歴として記載でき、研修中は固定給も支給されるので、興味がある人は1度無料相談に申し込んでみましょう。

リバラボインターンシップ

若者向けハローワークを利用

正社員採用を目指す、おおむね34歳までの若い世代のための『わかものハローワーク』を利用するのもおすすめです。

わかものハローワークでは、担当者がマンツーマンで正社員就職に向けたサポートを行ってくれます。就職に向けたセミナーやグループワークを実施してくれるだけでなく、入社後も定着のための支援を行ってくれるところも特徴の一つです。

わかものハローワークは全国25カ所、東京都内には3カ所あるので、近くの場所を調べてみましょう。

自分の強みを知り相性のよい求人へ応募しよう

大卒以上を条件としている求人は全体の約半数あり、高卒の人はハンデを抱えながら転職活動をしなければなりません。

しかし、学歴不問の求人も4割程度あり、そういった選考では学歴の重要度はさほど高くないので、しっかりと対策を行えば転職活動を十分成功させられます。

転職活動を行う際は、まず自己分析と業界研究を徹底して行いましょう。業界・職種や条件は絞りすぎず、面接では仕事に対する熱意をアピールすると好印象につながりやすくなります。

行き詰まったときは一旦スキルの習得に励むか、転職支援サービスの力に頼ってみましょう。

リバラボインターンシップでは、これまで多くの高卒の人が転職活動を成功させてきています。一流企業で通用するスキルを身に付けたい人は、1度無料相談に申し込んでみましょう。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?