中退した大学に再入学することは可能?メリットやデメリットも知りたい!

大学入学後何らかの理由で大学中退の道を選ぶ人は一定数います。なかには、金銭的な事情で大学中退せざるを得なかったという人もいるでしょう。いずれの場合も、大学中退後の人生が順調であれば問題ありませんが、場合によっては、大学中退したことが就職活動に不利に働き、辞めた大学に再入学したいと考えることがあるかもしれません。では、大学中退後に再入学することは可能なのでしょうか?早速解説していきます。

中退した大学に再入学することは可能。ただし条件がある

結論から言うと、中退した大学に再入学することはできます。つまり、もう一度受験する必要がないということです。しかし、安心するのはまだ早いです。誰でも再入学可能なわけではなく、いくつかの条件をクリアする必要があるからです。

再入学可能期限が設定されている場合がある

具体的な条件としてまず挙げられるのが、退学してからの期間です。どのくらいの期間内なら再入学可能なのかは大学によって異なりますが、「退学してから2~4年以内」と定めている大学が多いです。ただし、なかには期限を設定していない大学もあるので、まずは自分が退学した大学に問い合わせてみることをおすすめします。

退学理由によっては再入学が認められない場合がある

もうひとつの条件は、退学した理由です。再入学を認めるかどうかは、教授陣の話し合いによって決められる場合が多いですが、「病気が良くなったから一から学び直したい」「在学中に産んだ子の育児がひと段落したから資格取得のためにもきちんと学びたい」などの場合、熱意が伝わりやすいかもしれません。もちろん、それ以外の理由でも再入学が認められる可能性はあります。ただし、なんらかの問題を起こした結果、自主退学ではなく除籍となった場合などは、再入学が認められないケースが多いようです。

再入学するためには基本的には書類審査と面接試験にパスする必要がある

再入学を認めてもらうためには、大学が提示する受付期間に、志願理由書や退学・除籍時の成績証明書などの書類を提出する必要があります。その後、基本的には書類審査と面接試験が実施されるので、選考料を支払います。また、面接では「退学した理由」「再入学したい理由」をきちんと話せるように準備しておくといいでしょう。

大学に再入学する時には再度入学金を支払う必要がある?

再入学に際して入学金が必要かどうかは大学によります。前期の授業料と併せて支払いが必要となるとそれなりの金額となるので、事前に準備しておくことが必要でしょう。

大学に再入学するメリットは?

続いては、中退した大学に再入学するメリットをみていきましょう。

再度受験勉強する必要がない

受験をし直して他の大学に入る場合と比較した際の最大のメリットは、再度受験する必要がないことです。一度受かっている大学だから二度目以降もすんなり受かるかというと、そうとは限りません。ブランクがあるぶん、高校時代に得た知識を思い出すだけでも大変です。

最終学歴が高卒ではなくなる

大学を中退すると、最終学歴は「高卒」となるため、場合によっては就職活動がうまくいかないこともあるでしょう。なかには、大卒であることを応募の条件としている企業もあるので、志望する企業の面接に漕ぎつけるためにも再入学して卒業したいという人はいるでしょう。

新たな気持ちで大学生活を送れる

勉強や学校生活が辛くなって退学したという人も、年齢や経験を重ねると、学ぶことや人との交流を楽しいと思えるようになる場合があります。また、一度社会に出たことによって、自分に必要な知識がわかったことから、学びたい意欲が高まった人もいるかもしれません。

大学に再入学するデメリットは?

続いてはデメリットです。

入学金や学費を捻出する必要がある

高校卒業後、大学に進学する場合は、家族が必要な費用を用意してくれることも多いかもしれませんが、再入学となると自分で負担しなければならない場合もあるでしょう。夜間部などで仕事と両立できるならまだしも、生活費を稼ぎながらの勉強となると大変なこともあるはず。

「次は退学できない」というプレッシャーがかかる

一度退学した大学に再入学した以上、「今回は卒業しなくては」と思って当然。途中で勉強が辛くて投げ出したくなっても、簡単に辞めることはできないでしょう。

就職(再就職)が遅くなる

何歳からでも就職または再就職することは可能ですが、企業によっては年齢制限を設けているところがあるので注意が必要です。

大学中退後にある選択肢

続いては、大学を中退した後、再入学するまでの期間における選択肢、もしくは再入学を目指さなかった場合の選択肢を説明します。

専門学校

大学に入学したものの、自分が学びたかったことを学べなかった場合、もしくは、短期間で必要なことだけを学んで早々に就職したい場合など、専門学校に入学する人もいます。

資格取得

なりたい職業が資格を必要とするなら、いち早く資格取得に挑みたいと考える場合もあるでしょう。難易度の高い国家資格であれば、一度や二度では受からないことも多いので、早くから試験勉強に専念したいと考える人もいるかもしれません。

就職

テキストを見ながら教室で講義を受けているより、早く実際に社会に出て働きたいと考える人もなかにはいます。ただし、大学を中退すると新卒として就職面接を受けることができないため、学歴によって不利にならないよう工夫することが望ましいでしょう。たとえば学歴や職歴が企業の求める基準に達していないなら、インターンとして経験を積んだりスキルを磨いたりすることも一手。キャリアゲでも、いち早く望むキャリアに近づけるために就活者を全力でサポートしているので、ぜひ相談してみてくださいね。

なぜ大学に再入学したいのかをよく考えることが大切

条件をクリアしていて、必要な金額も用意できるのであれば、退学した入学に再入学することはそんなに難しいことではありません。しかし、再入学が自分にとって本当に必要なことなのか、それよりもいい選択肢があるのではないかということは、十分に考える必要があります。学びたいという意欲があることはすばらしいことですが、働きながら知識や技術を身につけることも十分可能ですし、そのほうが理想の未来に速く近づける可能性もあります。さまざまな選択肢を比較しながら、自分にとってベストな道をチョイスしてくださいね。

執筆者
キャリアゲ編集部
学歴職歴を理由にキャリアや転職に悩む全ての若者を対象に、学歴がなくてもできるスキルアップや転職ノウハウを提供することで、読者の皆様にご自身の"選択肢"を発見して頂き、新たな道へ一歩踏み出せるような記事を発信している情報メディアです。


こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?