工場勤務社員が行うべき転職準備と逆転転職の3STEP

工場勤務の仕事をしている人の多くは、「経験とスキルを活かして転職するならまた工場勤務しかない」ために工場勤務から抜け出せなくなってしまうケースが多いものです。

しかし、これからの時代の流れを考えると、工場勤務よりも目指す価値のある職種や業界があります。

今回の記事では、

  • 工場勤務の仕事を辞める際にやるべきこと
  • 工場勤務以外の仕事に逆転転職するための方法

についてまとめていきます。

今現在工場勤務をしていて、「このままではいけない!」と感じている方必見の内容ですよ!

 

ユーくん
工場勤務からの転職って難しいのかな。
ダルマちゃん
そうだね。でもここで紹介する逆転就職の方法でチャレンジすれば成功率は格段にUPするよ!

 

工場勤務から転職を決める前にするべき2つのこと

工場勤務を辞めて転職しようと考えるときには、あらかじめ覚悟しておくべきことがあります。

それは、「仕事を辞めてから100%転職活動に打ち込まなければ優良企業への転職は不可能!」ということ。

片手間で転職活動をしながら工場勤務を続けても、思うような成果は期待できないのです。

となれば、あなたはまず転職活動の第一歩となる、「今の工場勤務を辞めること」から始める必要があります。

というわけで、この章では工場勤務を辞める前にやるべきことについて解説していきます。

 

1.退職理由を明確にしておく

会社に対して退職の意向を伝えると、必ずと言っていいほど起こること、それは「全力で止められる」という状況。

理由は明確ですね。

せっかく仕事を覚えて毎日働いてくれていた人が一人でも辞めてしまうのは会社にとって痛手でしかないからです。

ここで重要なのは以下の2点です。

  • 退職理由をポジティブかつ明確に伝える
  • 将来進むべき道に向かうには退職せざるを得ないこと、その理由を伝える

これらを盛り込めば会社は理解を示しやすくなります。

下手をすれば退職の意思があることを伝えただけで、伝え方によっては揉めてしまうこともあるため最新の注意を払いましょう。

 

ユーくん
きついから辞める、給料が安いから辞める、という理由はネガティブな理由だよね。だからNGってことか。
ダルマちゃん
そう。退職理由は「自分が目指したい将来のキャリア」を軸に、前向きに語るのが大前提だよ!

 

2.メールもしくは口頭で上司に時間を作ってもらう

退職理由をばっちり考えたら、いよいよ上司に伝えるときです。

ここでのポイントは、

  • まずは直属の上司にアポを取る
  • 退職日に関しては会社規定に従う

直属の上司を飛ばしてさらに上の人に退職の意向を先に伝えるのは間違いです。

必ず直属の上司にアポイントを入れてください。

また、よくあるのが「退職日で揉めるケース」です。

退職日に関しては会社規定に従えばいいと考えられますが、時期的に忙しい繁忙期に退職日が重なれば、その分会社への迷惑がかかります。

なるべく双方にとって最も適切な時期を選ぶように心がけましょう。

 

ダルマちゃん
当たり前の話だけど、いきなり他に人がいるところで「辞めます」なんていうのは論外だよ!

 

工場勤務社員が行うべき4つの転職準備

工場勤務の仕事を退職したら、ここからはいよいよ転職活動に集中するときです!

これからの人生を大きく左右する転職活動ですから、しっかりと集中できる環境を作り慎重にことを進めましょう。

この章では、転職活動に向けての準備のポイントを4つ紹介します。

 

1.収入がなくても3ヶ月間は暮らせる貯金があるか確認する

一般的に、転職活動は1ヶ月そこらでサクッと決まるケースはごくまれです。

そのため、転職活動にじっくり打ち込むにあたりその間の生活費を十分に持っておく必要があります。

ここで基準となるのは3ヶ月。

3ヶ月は無収入で生きていけるだけの貯金があるかどうかを確認しておいてください。

転職活動中に十分な生活費があれば、

  • お金の心配をせずに転職活動に打ち込める
  • 転職活動がスムーズに進めば余ったお金はそのまま貯金できる

など、メリットはとても大きいです。

 

ダルマちゃん
仮に転職したい希望の企業の目星がついていても、そこにあっさりと転職できるとは限らないからね。
ユーくん
たしかに。備えあれば憂いなし、って言うしやっぱりお金は必要だよな。

 

2.徹底的に自己分析を行う(自分を知る)

工場勤務を辞めてこれからあなたがどうなりたいかを考えるときに、必ずやるべきことが「自己分析」です。

自己分析をすることで以下のメリットが得られます。

  • 自分のやりたいことや得意なことが分かる
  • 自分が目指すべき道が明確になる
  • 自分に合わない転職先を選ぶリスクを回避できる

あなたはなぜ工場勤務の仕事を選んだのでしょう?そう聞かれて回答に困ってしまう人もきっと多いのではないでしょうか。

この質問に即答できない人は、「自己分析をせずになんとなく工場勤務を選んだ」と言えます。

自己分析をせずに選んだ仕事がたまたま自分にぴったりだった!というケースもありますが、確率としてはかなり低いです。

今後あなたが「やっぱり自分には別の道があるかも」と考えて再度転職する必要がないように、今回は自己分析を徹底的に行い、自分がやるべき仕事の条件を明確にしていきましょう。

※自己分析の方法については「フリーターから正社員を目指せる3つのルートと正社員になる確実な方法」『自分が戦うフィールド(職種や業界)を選ぶ』の章に詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

 

3.転職したい業界に必要なスキルを確認

どの業界を目指していくかが決まったら、その業界を目指すにあたり持っておくべきスキルを確認しておく必要があります。

なぜなら、そのスキルを最初から持っていることで転職先への就職が決まりやすくなるからです。

例えば、あなたが今後デスクワークの仕事に就きたいとします。

デスクワークと言えば、

  • ミーティングでプレゼンをする
  • プレゼン資料を作成する
  • データを読み正しく理解する

などの業務が予想されますが、これらに必要なのは平たく言えばITスキルです。

パソコンを使って仕事をするなら、基本的なITスキルが求められますし、ITスキルなしにデスクワークをするのは不可能です。

また、ITスキルを身につけてIT業界への転職を考えるとなると、

  • プログラミングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 論理的思考

などが必要スキルとなります。

これらのスキルはIT業界の基本スキル。

特にITの技術職を目指したい人ならプログラミングスキルは基本中の基本スキルなので、身につけておきたいところです。

 

ダルマちゃん
IT業界ではさまざまなスキルがあるけど、この3つの基本的なスキルがあるだけでも転職のしやすさはかなり変わるんだよ!

 

4.スキルの習得や資格取得

目指す業界、それに必要となるスキルが把握できたら、ここからは実際にその必要スキルを身につける方法を知る必要があります。

工場勤務をしている人の多くは、仮にIT業界を目指すにしてもITスキルを何一つ持っていないかもしれません。

働きながらITスキルが簡単に身につけば良いのですが、工場勤務の仕事をしながらITスキルの勉強をするなんて方法は現実的ではありません。

 

ダルマちゃん
仮にITスキルを身につけても、実務経験がなければ評価されないことが多いんだ。

 

あなたに必要なのは、必要スキルの取得とアピールできる実務経験です。

ここでおすすめしたいのが、リバラボインターンシップ。

 

ユーくん
仕事を辞めてインターンシップを始めるってこと?なんかピンとこないけど。。

 

インターンシップが素晴らしいのは、

  • 有給インターンなら給料をもらって働きながらスキルを身につけられる
  • スキルを身につけるだけでなく、そのスキルを使って働いた実績が残せる

という2点。

ただ単に独学でスキルを身につけるのとは大きな違いです。

リバラボインターンシップをおすすめする理由としては、

  • あなたに必要なスキルを取得できるインターンを用意してくれる!
  • 働きながらしっかりスキルを身につけることができる!
  • インターン後にはスキルと実績を持って転職活動できる!(サポートあり!)

以上の3点です!

 

ダルマちゃん
ありがちな、インターンはなんとか終わったけど、そこからの就活の進め方がわからない‥。なんて悩みとも無縁なんだよ。
ユーくん
転職までサポートしてくれるって嬉しいよね!

 

かゆいところに手が届く、「サポートが充実しているこれまでにない転職支援サービス」、リバラボインターンシップについては、こちらから詳しくその内容をご覧いただけますよ。

 

工場勤務社員が逆転転職を成功させる荒技3ステップ

工場勤務社員のあなたがこれから逆転転職を可能にするには、ただがむしゃらに転職活動をするのではなく、これからお話しする3つのステップを確実に踏んでいく必要があります。

逆に言えば、ここでお話しする3つのステップ通りに転職活動を進めることで、あなたは今の時点では「無理っぽいな」、「どうせ採用されないだろう」としか思えないハイレベルな企業への就職が可能になるということです!

大まかな流れは

  1. 目標設定
  2. インターン→転職の方法を選択
  3. 実際にインターンをスタートさせる

以上の3ステップです。

ではそれぞれの項目について細かく解説していきましょう!

 

1.目標とする企業を妥協せずに設定する

まず初めにやるべきことは、目標設定です。

ここでのポイントは「難しいだろうから‥」などの理由で妥協しないこと。

目標はとても大切です。心から目指したいと思うゴールをしっかり見据えましょう。

転職先選びのよくある失敗例として、

  • コネがあったから楽に入社できると思い選んだ仕事が自分の好みに合わなかった
  • 多くの仕事を早い段階でたくさん任せてもらえると聞いていたが結局ただの無茶振りだった
  • 憧れていた外資企業に転職したが社風が合わなかった

などがあります。

これらに共通するのは、そもそも「自分にあった仕事」を理解できていなかったこと、そして「転職先企業のリサーチ不足」が原因になっている点です。

先ほど解説した通り、自己分析を徹底的に行えば転職先として目標にする企業は自ずと見えてきます。

企業を選ぶ際には、

  1. 自分の強みを活かせる仕事ができる
  2. その企業に就職した後のキャリアパスが見える
  3. リサーチを行った上で「その企業で働きたい」と確信できる

これらに当てはまる企業を選ぶ必要があります。

今働きたい!という気持ちだけではなく、その企業に就職したらそれ以降自分がどのようなキャリアパスを辿っていきたいのか、先のことまでを考えるのが大切です。

 

ダルマちゃん
仮に自己分析の結果浮かび上がるのが「難しそう」な業界や職種でも諦める必要は一切ないんだよ!

 

2.インターンシップから希望の企業に転職を考える

ここの見出しと次の見出しの区別がしづらく、内容がずれているかもしれません。「インターンから希望の企業に転職を考える」というのが、若干わかりにくくなんとなく自信のない内容になってしまったところがありますが、一旦このまま出させていただきます。

目指す業界や仕事が絞り込めましたね。

ここからは、あなたの目指す次の業界に必要なスキルをインターンでしっかり身につけて自分のスペックを上げていくのです!

今のあなたのスペックは、「工場勤務あがりで、工場勤務に携わった実績と作業に関するスキルを持っている」ところにとどまっています。

これでは、IT業界を目指すにしろ「全くの未経験」とみなされるため、確実に不利です。

インターンでスキルを身につければ、あなたのスペックは大きく変わり、「すぐに活躍できるスキルと実績を持った魅力的な人材」となるので、転職の成功率は飛躍的に上がります。

というわけで、ここであなたがやるべきことは、「必要スキルを絞りインターンでそのスキルを身につける」ことです。

こうすることで目標とする企業を、現実的に射程圏内に見据えることができるようになります。

 

3.最適なインターンシップを探す&参加する

インターンシップを活用するなら、先ほど紹介したリバラボインターンシップがおすすめです!

この時点であなたは、

  • 目指す業界や職種
  • 必要なスキル

が明確になっています。

あとは実行のみですね!

リバラボインターンシップを活用すれば、あなたに必要なスキルを身につけられるインターンの場を用意してもらえますが、あなた自身がやるべきことがもちろんあります。

それは、

  1. インターンで最大限学べるものは学び、より多くのスキルと実績を積むこと
  2. インターン中に目標とする企業をいくつか候補に絞り込んでおくこと

以上の2つです。

インターン後には、なるべく早く転職ができるよう、インターン中から準備をしておくことは非常に重要なポイントです。

 

ダルマちゃん
つい目の前のことに夢中になりがちだけど、しっかりその先の転職について常に意識を向けておくことだね!

 

リバラボインターンシップを活用して、全く別の業種からIT業界などのスキルを要する専門職へ転職する人はたくさんいます。

リバラボインターンシップについて「実際どうなの?気になる」と思ったらこちらからぜひ覗いてみてくださいね!

 

まとめ

工場勤務の仕事は多くの経験やスキルが身に付くものの、それらが「工場勤務でしか活かせない」という致命的な特徴を持ち合わせているのが特徴です。

これからあなたが目指したいのはどんなキャリアでしょうか。

  • 社会的にもっと認められたい!
  • 皆が羨むような企業で働いてみたい!
  • とにかく高収入を目指したい!
  • 専門スキルを身につけなければできない仕事がしたい!

など、さまざまな思いがあることでしょう。

今、工場勤務でこの先他の業種への転職に活かせるスキルが全くなくても問題ありません。

これからあなたが工場勤務から逆転転職を叶えるための方法はこの記事でお伝えした通り。

行動を起こすか起こさないかはあなた次第です。

確実に言えることは、「工場勤務からやみくもに転職活動してもいい結果は生まれない」ということ。

目標を見据えて計画的に進めていくことで、今からあなたが目指せるたくさんの道が見えてきます!

工場勤務の将来に疑問を感じ、「そろそろ重い腰を上げなきゃ」と感じているそこのあなた、時間は限られています!1日でも早くスタートしてくださいね。

 

執筆者
キャリアゲ編集部
学歴職歴を理由にキャリアや転職に悩む全ての若者を対象に、学歴がなくてもできるスキルアップや転職ノウハウを提供することで、読者の皆様にご自身の"選択肢"を発見して頂き、新たな道へ一歩踏み出せるような記事を発信している情報メディアです。


こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?