転職に不安を感じる理由。不安解消のポイントと成功のカギを解説

転職は身の回りの環境が大きく変わる出来事です。転職活動中から、あるいは内定・入社後に不安を感じてしまう人は多いでしょう。本記事では不安を感じてしまう理由をまとめるとともに、不安を解消し転職を成功させるポイントを紹介します。

転職に不安を感じる理由

そもそも転職に不安を感じるには、さまざまな理由があります。ここでは『転職活動中』と『内定・入社後』の二つのタイミング別に、転職に不安を感じる理由を紹介します。

転職活動中の不安

転職活動を行っている最中に不安を感じたことのある人は、全体の7割程度に上るといわれています。その中でも、以下のような理由から不安を抱えている人がほとんどです。

  • 自分が希望する転職先に就職できるか
  • 自分自身のスキルが転職先で通用するか
  • 現在の年齢でも転職して良いのか
  • どのタイミングで退職の意思を伝えるべきか

転職活動は現在の仕事と両立しなければならないため、精神的・身体的に辛さを感じてしまう可能性があります。

さらに転職活動そのものが長期化すれば、上記のような不安だけでなく焦りも出てくるため、より一層自分を追い詰めてしまうことにもなるでしょう。

内定・入社後の不安

内定をもらった後や、入社後にも不安を感じてしまう人は一定数います。その例としては、以下のようなものが考えられるでしょう。

  • 新しい環境になじめるか
  • 希望通りの働き方ができるか
  • 仕事内容の変化についていけるか
  • 将来は大丈夫か
  • 現状が少しでも良い方向に変わるか

転職は長い社会人人生の中でも、非常に大きな変化が起こるイベントです。業界や職種が変われば仕事内容が大幅に変わりますし、少なからず身の回りの環境(生活習慣や人間関係)にも変化が起こります。

そのためスムーズに内定をもらえても、その後に起こる変化に対して漠然と不安を感じてしまうのです。

転職活動中の不安を解消するためには

不安を解消するには、これから紹介する方法を試してみることをおすすめします。『転職活動中』と『内定・入社後』、二つのタイミングに分けて紹介しますので、ぜひ参考にして不安を乗り越えましょう。

まずは転職活動中の不安を解消する方法についてまとめます。

条件にこだわりすぎない

転職活動の期間が長引いてしまっている人が持つ特徴に、『転職条件にこだわりすぎてしまっている』ことがあります。

確かに『希望に合う会社で働きたい』というのは、転職活動を行う一つの目的かもしれません。しかし、条件にこだわりすぎてしまうと、会社側も採用しにくくなってしまうだけでなく、そもそも希望に合う求人が見つからなくなってしまう可能性もあります。

会社から断られることが増えると、自分の内面を否定されたような気分に陥ってしまうでしょう。

そうならないためにも、転職先に求める条件には優先順位を決めておいたり、現実的な条件を設定したりするなど、何らかの工夫をしておきましょう。

面接などの対策をしておく

就職活動の中で、面接や書類選考で苦労した人は少なくないでしょう。転職活動においてもそれは同じです。一度、書類選考や面接でつまずいてしまうと自信が持てなくなり、その後の転職活動への不安が大きくなってしまいます。

書類選考や面接の対策はしっかりと行い、希望する会社に就職できるようにしておくことが大切です。

現在では、選考用書類(履歴書や職務経歴書など)の添削サービスもあるので、心配な人はそういったサービスを活用してみても良いでしょう。

転職活動は短期間で終わらせる

理想の転職先を探す人の中には、複数の求人に掛け持ちで応募する人もいます。

しかし、それぞれの応募先から結果を待っていては長期化してしまう恐れがあります。また希望の就職先からの結果を待っている間に他の応募先から内定が出てしまい、どうすべきかがわからなくなる可能性もあります。

そのため、転職活動を始める前には『3カ月以内で終わらせる』というように、あらかじめ転職活動を行う期間を設定しておくのがおすすめです。

仕事と両立しなければならないことによる負担や、終わりの見えない不安から解放されることでしょう。

内定・入社後の不安を解消するためには

続いて、内定時や入社後に抱く不安を解消するための方法を紹介します。

事前の下調べでギャップをなくしておく

面接前にすでに下調べは行っている人もいるかもしれませんが、面接前の限られた時間では知ることができなかった情報もあるはずです。

そのため、内定をもらった後にもう一度会社について調べておくことで、面接前とは違った視点で情報を捉えられ、入社前の不安や入社後のギャップが小さくなるメリットがあります。

ただし、口コミサイトなどを中心に調査するのはあまりおすすめしません。会社にもよりますが、悪い評価が多いと不安が大きくなってしまう可能性があるからです。

積極的にコミュニケーションを取る

入社後の『人間関係』に大きな不安を感じる人も多いでしょう。『先輩や上司と仲良くなれるだろうか』という心配を抱えている人もいるかもしれません。

しかし先輩や上司も同様に、『うまく接してあげられるだろうか』という不安を抱えているはずです。

まずは挨拶や世間話など、簡単なコミュニケーションを積極的に取っていくように心がけましょう。

素直にアドバイスを受け取る

前職での経験があると、どうしても新しい会社でのアドバイスや指摘を受け入れられない場合があります。しかし『でも』『いや、それは』と返してしまうと、人間関係が悪化してしまう恐れがあります。

また、わからないことをそのままにしておくと、後々大きなミスを起こしてしまう可能性もあります。会社には会社ごとのやり方があるため、素直にアドバイスを受け取ることも必要です。

どうしてもやり方が非効率だと感じたり、間違っていると感じたりするのであれば『以前はこういったやり方でやっていたのですが…』と、提案するような形で切り出してみることをおすすめします。

転職を成功させるためのポイント

転職は自身の環境に大きな変化をもたらすため、不安を感じるのは避けられないことです。しかし、不安は必ず感じるものだと割り切って転職先を決めてしまうと、転職活動に失敗してしまう可能性があります。

ここからは、転職を成功させるためのポイントを紹介しますので、最低限押さえておくようにしましょう。

転職する理由を明確にする

転職に成功したと感じている人は『転職理由が明確である』という特徴があります。

転職先に転職理由を伝える上で、『前職での人間関係が嫌になったから』や『環境を変えたかったから』などの理由では、説得力がありません。

以下の三つのポイントを明確にしておき、面接で応えられるようにしておきましょう。

  • なぜ今の仕事を辞めたのか
  • 応募先の会社に応募しようと感じたきっかけ
  • 転職後にその会社で何を実現したいか

また、これらについてネガティブに話しすぎないことが大切です。入社後のあなたが活躍する姿を、面接官がイメージしやすいように伝えることを意識しましょう。

スキルの棚卸しをする

面接での受け答えの内容に説得力を持たせるためにできることの一つとして、『現在自分が持っているスキルを棚卸しする』という方法があります。

前職での実績をもとに、自分が持っているスキルを整理すれば、自分を雇うメリットが会社に伝わりやすくなるでしょう。

スキルの棚卸しを行うためには、『STARフレームワーク』を使用するのがおすすめです。STARフレームワークとは、以下の四つの工程でスキル整理をするテンプレートを指します。

  1. 具体的な状況(Situation)
  2. 実行した課題(Task)
  3. 課題の実行に必要な行動(Action)
  4. 課題完了で達成した結果(Result)

STARフレームワークを活用すれば、転職の目的を明確にできるだけでなく、自分に向いている職業や適した転職先を絞り込むことにも役立つでしょう。

どうしてもスキルが思い浮かばない場合には、これまでの人生経験を洗い出した『自己年表』を作成してみることもおすすめです。

現実的な希望の条件を設定する

転職に失敗したと感じる人は理想的な会社の条件が多い、もしくは求める理想が高い傾向にあります。条件にこだわりすぎると、良い会社に入社するチャンスを逃してしまうでしょう。

『年収』『スキル』『求人要件』、三つの要素のバランスを考え、最も現実的な条件設定を行うことをおすすめします。

例えば『語学能力』を生かしたいのであれば、求人要件を基に『どの程度の語学能力が求められているのか』を確認し、自分の能力が求人要件を満たしているかを照らし合わせましょう。

そして年収の理想が高くなりすぎていないかを、業界相場や求人内容と照らし合わせながら確認していくことで、現実的な条件が見つかるはずです。

転職活動にベストなタイミング

転職活動を行うのであれば、適したタイミングがあります。ここからは、転職活動にベストなタイミングとその理由について解説していきます。

中途採用の求人が増えるタイミング

どの業界においても『求人数』には一年を通して波のようなものがあり、その波が大きくなるのが2~3月と8~9月とされています。

上記の時期には会社の期が変わり人事異動などが行われ、空いたポジションや追加された部署の人材を募集する会社が多くあります。

そのため、さまざまな会社が求人を出しており、採用率が高い時期と言えるのです。短期的に転職活動を行うのであれば、このタイミングを狙うのが良いでしょう。

しかし、この時期に出される求人は『急を要する求人』であることがあり、入社後はハードワークになる可能性があります。そういったことが心配な人は、あえて求人数が少ない4~5月ごろに転職活動を行ってみても良いでしょう。

また外資系企業への転職を狙うのであれば、新年度の人材を募集し始める10~12月ごろがおすすめのタイミングです。

在職中に転職活動をするのがおすすめ

『転職活動は在職中か退職後、どちらで行うべきか』で迷う人は少なくありませんが、よほどのことがない限り在職中に行うことをおすすめします。

なぜなら、転職活動の期間は一般的に3~6カ月かかるため、退職後に転職活動を行うと空白期間が生まれる可能性が高いからです。

さらに空白期間が長くなると、それを気にする会社が出てきたり、焦りや不安の気持ちが大きくなったりします。

焦りや不安の気持ちは転職活動が上手くいかなくなる原因にもなります。『現在の仕事を続けていることが転職活動の妨げになっている』と感じていない限りは、在職中に転職活動を行いましょう。

転職を成功させよう

転職活動には不安や心配がつきものですが、それらを解消するために焦って転職活動を行うのは良くありません。

今回紹介したように、転職の目的や転職先に求める条件、自分のスキルが転職後どのように生かせるかをしっかりと考えた上で、一つ一つの企業に向き合えば、転職活動を成功させられるでしょう。

また、転職活動には適した時期があることも把握しておきましょう。どのような企業に就職したいかに応じて、タイミングをずらしてみるのもおすすめです。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?