メーカー営業の仕事内容とは?求められるスキルとやりがいを紹介

メーカー営業には、ルート営業と新規営業の2種類があります。メーカー営業の中でもルート営業の割合は高く、主な訪問先として法人を訪問します。今回はメーカー営業の仕事内容や求められるスキル、メーカー営業のやりがいについて解説します。

メーカー営業の仕事とは?

メーカーとは自社で製品を作る企業のことで、メーカー営業の仕事は自社で作った製品を売り込むことです。メーカー営業は『ルート営業』と『新規営業』の2種類に分けられます。

ルート営業

ルート営業とは取引実績のある顧客に、営業を掛けていく仕事です。その他にも顧客の要望をヒアリングすることや、製品の開発に携わりアフターケアまで行う業務もあります。

メーカーの多くはBtoB(Business to Business)であり、訪問先は個人の消費者ではなく法人です。定期的に訪問して顧客の状況を確認しつつ、顧客と信頼関係を築いていきます。

ルート営業は、新規営業を行うよりも精神的な負担は軽いでしょう。そのため、営業の仕事が未経験だとしても活躍できる可能性があります。

新規営業

新規営業とは飛び込み営業によって、営業を掛けるスタイルを指します。新たな顧客を獲得するために、新規客を開拓することが目的となります。新たに顧客と接点を作ることから始めるため、ルート営業と比べると精神的な負担は大きくなります。

メーカー営業の中で、新規営業の比率は高くありません。またセキュリティー意識の向上から、飛び込みで営業を掛けても不審に思われ、良い成果を出すのは難易度が高くなるでしょう。

ルート営業と新規営業との違いを理解して、メーカー営業に関する理解を深めていきましょう。

メーカー営業の特徴

握手

メーカー営業の特徴を理解するために、メーカー営業と商社営業の違いを解説します。

商社営業との違い

メーカー営業と商社営業の違いは、自社の製品を製造しているかどうかです。メーカーは独自の製品を製造しています。

メーカー営業の仕事は、自社で製造した製品を売り込むことです。売り込むためには、自社で製造した製品に対して深い知識が求められます。

一方で商社営業の仕事は、仕入れた商品を売ることが仕事です。商社の特徴を生かし、さまざまなメーカーの製品を仕入れた商品をセールスします。

商社営業は、メーカー営業のように取り扱う製品には制約がなく、クライアントの要望に合わせた製品の提案ができます。

良くも悪くも仕事が単調

メーカー営業の仕事は大きな変化が起きにくく、仕事が単調になりがちです。変化が起こらないために、メーカー営業に対して「つまらない」「きつい」と感じる方もいるでしょう。

一方で仕事が単調である方が、「楽だ」と感じる人もいます。仕事が単調な方が力を発揮できる人は、メーカー営業に向いているでしょう。

メーカー営業の仕事量はある程度安定していて、急な残業が多いわけでもなく無理のない働き方ができる職種です。

メーカー営業のやりがい

メーカー営業の仕事は単調かもしれませんが、やりがいのある仕事です。自分が出した成果が分かりやすいことや、提案した内容がうまくいったときにやりがいを感じやすいでしょう。

成果が分かりやすい

メーカー営業のやりがいは、自分の頑張りが成果という形で現れるため分かりやすいことです。頑張れば頑張るほど自分の成果として反映され、やりがいを感じるのではないでしょうか。

営業は、ノルマが課せられる仕事です。ノルマが達成できたのか達成できなかったのか、厳しく評価される世界です。そのため目標を達成したときには、達成感があります。

得られた成果が、インセンティブとして還元される企業もあります。成果を挙げた分だけ、年収をアップさせることができるでしょう。

提案が通り受注できたときのうれしさ

顧客に対して長期で営業活動を行い受注が実現したときは、達成感や充実感が生まれてやりがいを感じることでしょう。

製品の受注をするまでには、以下のステップを踏んでいきます。

  1. クライアントに対して商品の要望をヒアリング
  2. 見積提案の作成
  3. 価格交渉
  4. サンプル品の提供
  5. 社内で製造した製品を評価する
  6. クライアントからの評価を受ける
  7. 製品を受注する

製品によって受注までには、約半年以上掛かることもあります。長く携わってきた製品が、目の前で完成したときの光景は、言葉では表せないような喜びを感じるでしょう。

メーカー営業に求められるスキル

メーカー営業を行うためには、さまざまなスキルがあると便利です。特にスケジューリングスキルや、コミュニケーションスキルが求められるでしょう。

スケジュールを管理する能力

メーカー営業にとって、スケジュールを管理する能力は大切です。

なぜなら提案から納品するまでのスケジュールに不備があれば、信用問題につながるからです。納期を守れなければ、次回からの契約はなくなるでしょう。

管理するスケジュールは納期だけでなく、自社製品の在庫管理や製品の製造にどれくらいの時間がかかるかなど多岐にわたります。

加えて大きなクライアントでなければ、複数を担当することになります。クライアントごとにスケジュールを管理する能力も求められます。顧客の信頼を裏切らないためにも、スケジュール管理は適切に行う必要があります。

コミュニケーション能力・提案力

メーカー営業では社内・社外で多くの人と接するため、コミュニケーション能力が求められます。顧客とのやり取りや、顧客からの要望を社内で共有することもあるでしょう。さまざまな職種で求められる能力ですが、メーカー営業ではとても重視されます。

またコミュニケーション能力以外にも、顧客に理解してもらいやすいように分かりやすく提案できる能力を持っているかどうかも重要です。顧客のニーズを引き出し、いかに要望に添った提案ができるかが契約に直結します。

顧客が理解できるような提案をすることで、先方の満足度アップにもつながります。

誰よりも自社製品を愛するメーカー営業に

 

ルート営業は新規営業とは違い、既存の顧客に対して営業を掛けます。そのため、新規営業に比べてルート営業の方が、精神的な負担は少ないでしょう。

人によっては、ルート営業は苦痛だと感じる人もいますが、仕事量を安定させて働きたいと思う人には適している仕事です。

メーカー営業について深く知ることで、転職を行う際の目安としてみてください。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?