食品メーカーの営業職の仕事内容は?向いているのはこんな人

食品メーカーの営業職という求人を見つけて、どのような仕事か興味を持った人もいるでしょう。食品メーカーの営業の仕事内容やメリット・デメリット、向いている人について解説します。食品メーカーの営業を目指すか迷っている人はぜひ参考にしてください。

食品メーカーの営業の仕事内容

食品メーカーの営業といっても、仕事内容はさまざまです。主な仕事内容を三つ紹介します。

卸会社やメーカーへのルート営業

卸会社やメーカーへ、自社の商品を仕入れてもらうために営業します。食品メーカーには、自社の商品が消費者の手に渡ることで利益が生まれるため、小売店や量販店に商品を流通させるパイプ役になる卸会社に商品を供給することが必要です。

自社商品を発注してもらうために、食品サンプルや資料を使って商品の魅力を伝えたり、場合によっては一緒に商品を陳列したりするなど、関係を構築するまでに地道な努力が必要となります。

スーパーなどの量販店向け営業

スーパーなどの量販店向けの営業では、店頭で商品を目立たせて、顧客の目を引くための施策が重要です。そのため、量販店の担当者に、自社商品を他社商品より魅力的に陳列するような工夫をしてもらう必要があります。

例えば、店頭でポップを利用したり、自社の新商品を案内したりしてもらえるように働きかけることが重要なポイントです。

飲食店向けのエリア営業

食品メーカーの営業先は卸会社や量販店だけではありません。飲食店も重要な営業先の一つです。飲食店に直接出向き、商品の説明などを行ない、自社商品を発注してもらうように交渉します。

契約を勝ち取るには、飲食店の担当者との良好な関係構築が必要です。毎日、店舗を訪問して顔を覚えてもらったり、個人的に食事に行ったりして仲を深める人もいるでしょう。

地道に顧客との関係を深めなければならない点で、卸会社や量販店への営業と比べて泥臭さが必要といえます。

仕事のメリット・デメリット

食品メーカーの営業は『つらい』『激務』と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。決して楽な仕事ではありませんが、その分やりがいもあります。食品メーカーの営業のメリットとデメリットを解説します。

やりがいを持て、マーケティング知識も身につく

食品メーカーの営業をやっていく中で最もやりがいを感じる瞬間は、自社の商品が店舗に陳列されていることを見たときではないでしょうか。発注してもらえるように地道に努力を続けた結果がわかる瞬間となります。

もし、他社の商品よりも目立つように並べられていたら、喜びはさらに大きいでしょう。

また、マーケティングの知識が身につくこともメリットの一つです。販促のためにイベントを開催して、商品をより多くの人に届けるような施策を考えて提案することも、食品メーカーの営業の仕事です。

イベントが成功して売上がアップしたときも、大きなやりがいを感じられるでしょう。

クレーム対応や力仕事も多い

食品メーカーの営業は、体力勝負の場面もあります。各取引先へ訪問する必要があることに加え、クレーム対応もしなければなりません。また、朝早くから取引先と一緒に商品の陳列をするときもあるでしょう。

さらに、飲食店は土日や深夜にも営業しているところがあるため、休日や深夜に出勤しなければならないケースもあります。営業先の担当者が気難しい人であれば、アプローチに苦労することもあります。

こういった点から、食品メーカーの営業は心身ともにハードな仕事であるといえます。

食品メーカーの営業に向いている人とは?

食品メーカーの営業は、不動産や金融などの営業に比べて、向き・不向きが大きく分かれづらいといわれています。その中でも、特に食品メーカーの営業に向いている人の特徴を二つ解説します。

食が好きで興味がある人

食品メーカーの営業は、扱う商品である『食』が好きな人が向いているといえます。

食品メーカーの営業では、食品をより多くの消費者に届けるために営業活動を行ったり、販促イベントを企画したりします。発注を受けるためには、食への情熱が必要不可欠でしょう。

『おいしい食を多くの人に届けたい』と思える人なら、やりがいや誇りを持って仕事に取り組めます。

目標数字の達成をモチベーションにできる人

営業である以上、売上目標などの数字に追われることは避けられません。そのため、数字を達成することを原動力にできる人は食品メーカーの営業に向いているといえるでしょう。

営業は売上などの数字で評価される部分も大きいですが、顧客のニーズを把握する能力や、目標に取り組む姿勢も評価対象です。そのため、数字が上がらないときでも、真面目に仕事に取り組める人が食品メーカーの営業に向いています。

食に興味関心がある人におすすめ

食品メーカーの営業は、おいしくて安全な『食』を、より多くの人に届けることをミッションとしています。そのため、卸会社や量販店、飲食店に出向いて、自社の商品を取り扱ってもらうように交渉することが営業の役割です。

自社の商品が陳列されているのを見ると、大きなやりがいを感じられるでしょう。一方で、時間帯が不規則で体力を使う仕事であることも事実です。

食に興味関心があれば、食品メーカーの営業を目指してみてはいかがでしょうか。

執筆者
キャリアゲ編集部
学歴職歴を理由にキャリアや転職に悩む全ての若者を対象に、学歴がなくてもできるスキルアップや転職ノウハウを提供することで、読者の皆様にご自身の"選択肢"を発見して頂き、新たな道へ一歩踏み出せるような記事を発信している情報メディアです。


こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴職歴や環境にハンデを抱えている方を応援する就労支援サービス「リバラボ」を運営しています。

リバラボの特徴は、以下の3つのステップで大手や成長企業への着実なキャリアアップを可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①インターンシップを活用してキャリアアップ
リバラボ内で1~2年間の実務インターンを行い就労実績や収入実績を積み上げ(平均年収400万円以上) インターン後の優良企業への転職まで支援するサービスです。社宅完備等の福利厚生も充実しています。
②キャリア派遣を活用してキャリアアップ
提携先(大手/上場/成長ベンチャー)企業にて社員転換を前提としたトライアル就労が可能な形態です。 期間内であれば複数の企業で実績を積むことができ、自身と企業のカルチャーマッチを 確認してから社員になれるので早期離職することなく着実なキャリアップが可能となります。
③職業紹介を活用してキャリアアップ
未経験、学歴職歴を問わず募集をしているポテンシャル採用に力を入れている企業を厳選し 貴方のキャリアを大きく飛躍するためにマッチする企業をご紹介いたします。
現状の社会では、学歴や職歴などの環境でハンデを抱えてしまうとハイキャリアへの道は狭き門となってしまいます。

しかし、学歴職歴に自信のない方への支援でエキスパートである「リバラボ」であれば 貴方の状況や特性に合わせて、ハイキャリアの実現までを3つの支援サービスでサポートしています。

『学歴はないけど福利厚生が充実した大手企業に就職したい』
『短期離職を繰り返してしまったが自分に合う成長企業で活躍したい』
『学歴職歴に傷があっても上場企業に就職したい』
など、そのような思いがありましたら

リバラボ」で一度、無料のキャリア相談を受けてみてはいかがでしょうか?