高卒の学歴コンプレックス対処法4選!解消方法や活躍している人をご紹介

学歴は関係ないと思いながらも、高卒であることにコンプレックスを感じている人も多いのではないでしょうか?高卒はどんな時にコンプレックスを感じ、どうすれば解消できるのか、実際に高卒で活躍している人がどんな行動をして成功したのかを紹介していきます。

高卒が学歴コンプレックスを感じる瞬間

学歴が重要視される今の社会では、日常的に高卒のコンプレックスを感じることがあります。

応募条件が大卒以上の時

就職・転職活動での応募条件に、「大卒以上」と書いてあることで、高卒コンプレックスを感じてしまう場合があります。だからといって高卒が大卒に劣るわけではありません。企業側は効率よく条件を満たす人材を獲得するために、学歴を1つの採用基準におくことがあるのです。

給与や待遇の差を感じた時

給与の基準を高卒と大卒で区別している企業が多く存在します。同じ仕事の内容や量をこなしていても、給料に大きく差が出てきます。平成30年に厚生労働省が出したデータによると、高卒の初任給平均は165万円に対し、大卒は206万円と約41万円の差が生まれています。
参考:厚生労働省 平成 30 年賃金構造基本統計調査(初任給)の概況

社会の目

高卒だから能力が低いという事実はありませんが、高卒に対してネガティブな偏見を持たれてしまい、コンプレックスを感じることは多いでしょう。

高卒の学歴コンプレックスを解消する4つの方法

高卒や学歴のコンプレックスを解消するには、以下のような対処法が効率的です。ぜひ実践してみてください。

考えすぎない

高卒が学歴コンプレックスを抱えると、無意識に学歴のことを考えてしまったり、学歴に過敏に反応したりします。学歴は1つの指標にすぎないということを忘れずに、自分の生活を豊かにすること、自分がやるべきことに集中して取り組みましょう。

資格をとってスキルアップ

学歴や年齢などに関係なく受験でき、人気のある国家資格を集めてみました。
・宅地建物取引士
・行政書士
・司法書士
・通関士
・保育士
・介護福祉士
専門学校に通わなくても、通信教育で授業を受けることも可能です。中には独学でこれらの資格を取得している人も。

起業する

自分で起業することも自信に繋がるでしょう。世界的に有名な企業の社長や著名人の中にも、高卒・中卒で活躍している方が数多くいます。起業するには、経営力、アイデア力、人脈、資本など学歴とは関係ないスキルが重要となる場面が多いので、学歴コンプレックスを克服できるかもしれません。

業界・職種を変える

今の仕事や環境で学歴にコンプレックスを感じるのであれば、学歴不問や未経験に特化した仕事に思いっきり転職するのも1つの解決策です。

高卒でも学歴不問で稼げる職種や業界

ここでは、学歴に関係なく活躍できる職種や業種を紹介します。

営業職

営業職は学歴に関係なく、売上などの結果で評価されることが多いお仕事です。中には自分がたてた売上の何%かがインセンティブとして戻ってくる場合もあり、高卒でも若いうちから高収入を得ることができます。
営業にも「法人営業」「ルート営業」「新規営業」など多くの種類があるので、自分のやりたいことや得意・不得意に合わせて決めても良いかもしれません。

建設業界

建設業界で人気の職種の1つにある「施工管理」は安全管理やチームマネジメント力が求められるお仕事です。幅広い知識を得られることと、未経験でもスタートできることから、高卒から人気の職種です。

IT業界

IT業界で活躍するエンジニアと聞くと、専門学校に通ってプログラミングを勉強して…とイメージする人も多いかと思いますが、そうしたプログラミングや言語を無料で受けられるアプリやWebサイトが数多く存在します。新しいことが好きで、コツコツ1つのことに取り組むことが好きな人には向いているかもしれません。

高卒で活躍している社長

それでは、高卒で起業された人の経歴や、成功のための具体的な秘訣を詳しく紹介していきます。

前澤友作さん 株式会社ZOZO

早稲田実業高等部に通いながらも、大学には進学せず高卒で成功した実業家の1人です。過去にはミュージシャンの道に進もうとしたり、コロナ禍にはひとり親向けのコロナ寄付を行うなど、自分自身が好きな分野や、これまで誰もなしえていない領域に強い好奇心をもつことが成功の鍵と言えます。

鎌田和樹さん UUUM株式会社

HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんといった人気Youtuberが多く所属するUUUM株式会社。代表取締役の鎌田和樹さんの最終学歴は高卒です。大学へ入学するも、すぐに中退し、総務担当のサラリーマンに。「とにかく楽しいことがしたい」という思いから起業を決意し現在に至るように、自分がワクワクすることを軸に取り組んだことが成功の秘訣です。

亀山敬司さん 合同会社DMM

日本を代表する有名大手企業DMMの創始者・亀山敬司さん。19歳という若さからレンタルビデオ店やレンタルビデオ販売など幅広いビジネス経験を経て、インターネット動画配信事業で成功を納めます。世の中の流行りを素早くキャッチし、先を見越した行動を繰り返すことが大切と言えます。

高卒の学歴コンプレックスでも給料UPを目指せる道はある

高卒であることにコンプレックスを抱えた人はたくさんいますが、こうした学歴コンプレックスは自然となくなるものではありません。自分が目指す理想像に近づくために、行動に移すことが大切になります。

まずは簡単にできそうなことから試していき、それでもコンプレックスを解消できなければ、思い切って転職することも1つの手です。就職・転職活動に自信がない方は、高卒専門の転職支援サービスを活用すると、スムーズに進めることができます。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?