「営業職はきつい」と感じる6つの理由と2つの対処法

 

営業職は、ノルマと向き合い、汗水垂らして必死に働く『The サラリーマン』のイメージが拭えません。

『具体的に何がきついのか、本当にきついのか』は経験してみないと分からないことです。

本記事では「営業職がきつい」と感じる本質的な理由と対処法を徹底的に解説していきます。

 

ユーくん
「売らなきゃいけない」ってプレッシャーが常にある仕事だから、精神的にきついのかなぁ。
ダルマちゃん
精神的なきつさにも原因があるはずだよね

 

「営業職はきつい」と感じる表面的な3つの理由

営業職は数ある職種の中でも、きつい職種と言われることが多くあります。

営業職とは

  • 商品やサービスを販売すること
  • 契約を締結すること

営業の仕事がきついと言われるのはただの感想ではなく、仕事の残業時間にも現れています。

残業となるとフィジカル的にもメンタル的にもきつい部分がありますよね。

 

▼営業職の残業時間

参照:ベルフェイス株式会社「【1000人アンケート】営業職の平均残業時間は?年齢・年収・家族構成別の調査結果

 

営業職は毎日の平均残業時間が1.79時間です。

 

ユーくん

毎日2時間近く残業・・・・

ダルマちゃん
でも営業がきついのって残業の根本的な理由にあるんじゃないかな。

 

そこで、ここでは営業職が残業しなくちゃいけない「表面的な理由」を解説します。

  1. 契約が取れない
  2. 継続的にうまくいく保証が無い
  3. コミュニケーションに苦手意識がある

では、一つずつみていきましょう!

 

1.契約がうまく取れないから

営業職として、お客様との契約を取れないことは非常にきつく辛い状態です。

営業職では、当然「売れない、契約が取れない」という時期は誰にでもあります。

 

ダルマちゃん
もともと得意だと思っていても、途中からそうでもないのかも、自分には向いていないのかもと思うこともあるからね。

 

商品が飛ぶように売れたり、契約がどんどん取れるときには、営業職が楽しいと思うでしょう。

人間誰しも「できること、得意と感じること」に対してはポジティブな感情を抱くものです。

しかし、調子が悪くなったときやうまくいかないときには、ネガティブな感情を抱いてしまいます。

この時に、営業に対して苦手意識や恐怖心が芽生えてしまうことは少なくないのです。

 

2.継続的に上手くいく保証がないから

営業職は「継続的にうまくいく保証がない」のも、きつさを感じるポイントになります。

営業職は仕事の成果が数字として目に見えるこわさがあります。

今月は調子が良い!と感じるときがあれば、逆もあります。

お客様ありきの仕事で自分の頑張りだけでは結果を出せないのに、毎月「ノルマ」がある職種です。

一度は結果が出たとしても、それが継続できるか分からない部分に不安が残る人が多いようです。

 

ユーくん
調子が良くても「来月はどうなるんだろう、今月と同じように良い成績を残せるのかな」と不安になるよね。

 

常に結果が求められる営業職に必要なのは、プレッシャーに負けない強いメンタルです。

営業の苦しさの多くは「その先数字を上げ続けなければならないプレッシャー」が原因でしょう。

 

3.コミュニケーションに苦手意識があるから

営業職なのに、「コミュニケーションに苦手意識がある」とかなりきつく感じます。

営業職の場合、お客様との人付き合いなしに商品やサービスを売り込むことはできません。

しかし、営業職に就く人がみなコミュニケーション力が高いとは限りません。

最初は自信があっても、営業を続けるうちに苦手意識が芽生えるケースもあります。

 

ダルマちゃん
営業成績が振るわないとコミュニケーション力に自信がなくなる人も多いんだよ。

 

特に営業の成績が伸び悩むときに、顧客との会話が苦痛になる人も多くいます。

その際に「営業ってきつい、もう辞めたい」と感じる人が割と多くいるようです。

 

「営業職はきつい」と感じる本質的な3つの理由

ここからは、営業職がきつい理由をより掘り下げて考えていきます。

表面的な理由を分解していくと、営業職がきついと言われる本質的な理由が浮き彫りになります。

表面的な理由で共感した人も、おそらくこられの本質的な理由が影響していることは多いはずです。

  1. 営業職の本当の楽しさを知らない
  2. 職種に関係なく人間関係に悩んでいる
  3. 売る商品や売り方に疑問がある

 

1.営業職の本当の楽しさを知らないから

営業職の醍醐味は、自分の営業スキルで顧客を納得させることです。

本来、営業とは顧客に合わせた商品の価値を伝えることです。

そのレベルまで到達していない人は、営業職の本当の楽しさを味わえていません。

ただ単に「頼み込んで情けを売って購入させる」やり方では限界があります。

このスタイルで長く結果を出し続けることは難しく、お客様と良い関係を気づくことはできません。

何より営業している人の営業スキルも伸びていかないので、どちらにとっても有益ではありません。

 

ダルマちゃん
お情けで買ってもらう営業スタイルにおいては、営業力なんて全く関係ないからね。スキルも身につかないんだよ。

 

顧客と商品価値を照らし合わせ、顧客が商品を買うことのベネフィットをうまく伝えるのが営業スキルです。

このスキルがあれば、商品が変わっても「営業スキル」は結果に繋がります。

このように自分から仕掛けて営業できれば営業の楽しさが分かりますが、そうでない場合は違います。

ただお客様の機嫌をとって何とか買ってもらおうと考えると、かなりきつさを感じるでしょう。

 

2.職種に関係なく人間関係に悩んでいるから

営業職のきつさに悩んでいるのではなく、仕事関係の人間関係に苦しんでいる可能性もあります。

営業はストレスが溜まりやすい職種ですが、その理由の一つに「人間関係」があります。

取引先との関係性がうまく築けず相手の懐に入り込めないとなれば、営業成績にも影響するでしょう。

成績にな実際にはそれ以上に顧客との人間関係に頭を悩ませてしまっているケースは少なくありません。

ただ、営業がきついのではなく、実はその辛さは周りの人間関係だったというパターンは非常に多いです。

 

ダルマちゃん
顧客との人間関係以外にも、上司との関係や同じ営業スタッフとの関係に悩む人もたくさんいるんだ。

 

3.売る商品や売り方に疑問があるから

自分の売る商品やサービスに100%自信が持てないことにきつさを感じるケースもあります。

会社員として営業を担っている場合は、その会社の商品やサービスを売る以外あり得ません。

しかし、営業職に就く人全員が「自分の売る商品やサービスに100%自信を持っている」かどうかは疑問です。

  • 自分だったらこの商品は買わないな
  • 値段が高すぎるな
  • 他社の商品の方が優れているな

上記のように、自社の商品やサービスに疑問を感じながら営業をしている人も実際いるのです。

それでも、「うちの商品が一番良い!」と売り込まなければならない部分に辛さを感じる人も多くいます。

 

「営業職はきつい」と感じる際の2つの対処法

営業職がきついと感じる理由を説明したところで、ここからはその「対処法」を考えていきます。

実は営業職がきついと感じた際の対処法って、2つしかありません。

  • 環境を変える
  • 営業ノウハウを身につける

では、みていきましょう。

 

1.環境を変える

一つ目は、思い切って今の環境を変えることです。

その理由は、きつさの原因となっているメンタル的な部分を改善できる可能性があるためです。

  • 売っている商品やサービスに自信がない
  • 今の会社の方針や方向性に疑問を感じる

実際、会社や売るサービスなど環境を変えると営業職自体がきつさの原因ではなかったと気が付く人がいます。

 

ユーくん
そうだよね。売る商品が自分的にいいものだと思えないなら売れなくて当然だもん。

 

つまり「職場を変える=転職」によって、営業へのネガティブな気持ちが解消されるのです。

しかし、「じゃあどういう会社を選べばいいのか分からない」と悩む人もいるはずです。

そこで、転職先企業を選ぶ基準を皆さんにご紹介します!

転職先を選ぶ基準
  • 実力主義
    勤続年数や年齢が重視される会社だと実績を出しづらい
  • スキルアップのサポート
    スキルを磨くための環境/雰囲気/先輩
  • 自己投資できるほどの給与
    スキルアップ(書籍/有料記事/オンラインサロンなど)に使えるほどの給料

 

ユーくん

でも学歴も職歴もないのに、転職が成功するのか不安だなあ。

ダルマちゃん

学歴や職歴に自信がないと、転職したくても転職できるのか不安になるよね。

 

そのような方には、リバラボインターンシップの無料カウンセリングをご紹介します。

リバラボは学歴や職歴にハンデを抱えた方に特化しているので、不安を相談しやすい環境です。

これまで同じような悩みを抱えた人が山ほど相談しているので、安心ですよ!

一歩踏み出してカウンセリングに相談することで、今の現状から抜け出せるかもしれません。

ぜひ無料相談してみてくださいね。

 

2.営業ノウハウを身に付ける

なぜ営業ノウハウを身に付けることが「つらい」という気持ちを脱出する対処法になるのかを解説しましょう。

解説する時の注意点としては、営業職の経験がない人に営業職の具体例で解説してもイメージつきません。

『例えば、英語が苦手な方は英語の成績が悪い方で、英語の成績が良いと好きになる』みたいな具体例の方が理解できます。

営業ノウハウを身に付けるには、ゼロから一流を学べる環境が必要です。→リバラボ訴求。

===========

 

もう一つの対処法は、「営業ノウハウを身に付ける」方法です。

以下のような状況だと、営業が楽しくなくきついと感じることが増えてしまいます。

  • 営業チームでなぜか自分だけ売れない
  • 自分を売り込む営業パターンしかない

実際、営業スキルが足りずに営業という職種の本質を楽しむことができていないのです。

『成績の良い科目はやりたくなくなりますが、成績の良い科目は楽しく感じる』のと同様です。

正しい営業スキルを身につけてノウハウを理解できれば、営業という職種の楽しさが分かります。

 

ユーくん

どんな風にノウハウを学ぶのが良いのかな・・・

ダルマちゃん

営業ノウハウを身に付けるには、ゼロから一流を学べる環境が必要だよ。

 

ここで「ゼロから」営業ノウハウを学べる「リバラボインターンシップ」を紹介します!

学歴や職歴がない人向けのサービスなので、本当にゼロからのスタートをイメージしています。

 

▼リバラボの長所

リバラボインターンシップは専門スキルを身につけ、そのスキルを武器にキャリアアップしていくことができます。

 

▼営業職としてキャリアアップした先輩

 

今、営業職がきついのなら、それは自分自身の勉強やスキルが足りないからかもしれません。

インターンとしてゼロから学べば、自ずと営業職の楽しさややりがいが見えてきますよ。

 

 

まとめ

営業職はやりがいの大きな仕事である反面、精神的なストレスが溜まりやすい職種です。

中には、「きつい」「もうやめたい」と感じる人が多いのも事実です。

しかし、「営業=きつい」の方程式には本質的な理由が隠れていて、対処法もあります。

  • 営業職自体が嫌いではない場合
    →売る商品や環境を変える
  • 営業スキルが足りず結果が出ない場合
    →顧客を納得させる営業ノウハウを獲得

それでも営業職がきついのであれば、思い切って違う選択をするのもありです。

無理しすぎるのではなく、世の中には色々な選択肢が広がっていることを覚えておきましょう!

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?