代理店営業とは?未経験からでも目指せる代理店営業の特徴を解説

代理店営業は稼げると聞いて、代理店営業について興味を持った人もいるでしょう。実際、代理店営業がどのような仕事か理解してから始めることが大切です。代理店営業の業務内容や求められるスキル、平均年収など知っておきたいポイントについて解説します。

代理店営業とは?

そもそも代理店営業とはどのような仕事なのでしょうか?他の営業職との違いや、代理店営業のメリットとデメリットを解説します。

一般的な営業職との違い

代理店営業と一般的な営業職の違いは、顧客へ商品を直接販売するか否かにあります。

代理店とは自社の製品を代わりに販売してくれる企業のことを指します。代理店営業の仕事は、代理店の新規開拓を行ったり、すでにパートナーとなっている代理店の管理やサポートしたりすることです。

一方で、一般的な営業職の仕事は直販営業といわれ、自社商品やサービスを使うユーザーに直接販売することです。多くの人が想像する営業職はこの直販営業に当たります。

代理店営業のメリットとデメリット

代理店営業の大きなメリットは、ノルマ制度が厳しくないことです。毎月複数の代理店から継続的に発注をもらえるため、売上が安定する傾向にあります。また、『商品を売る』という共通の目標があるため、代理店との仲間意識も生まれやすいでしょう。

一方でデメリットは、自分の成績が代理店のパフォーマンスに左右される点です。他者の力を借りて商品を販売する営業手法なだけに、自分1人の力だけで売上を伸ばすことは難しいといえます。

また、売上が伸び悩んでいると、代理店のモチベーションも下がってしまうでしょう。代理店営業には、代理店が売上を伸ばすためのマネジメント力や商品の提案力が求められます。

代理店営業の仕事内容

代理店営業の具体的な業務内容を解説します。就職後に『合ってない』と思わないようにするために、就職前にどのような仕事を行うかを把握しておきましょう。

代理店のサポート

代理店のサポートは代理店営業の仕事の中で一番多い業務です。

代理店にとっては他社の商品であるため、商品について正しく理解してもらう必要があります。また、商品を効果的に販売するためのトークや提案方法のレクチャーを行うことも重要です。さらに、代理店に寄せられたクレームやトラブル対応なども代理店営業の仕事です。

代理店は他社の商品も扱っている可能性があるため、自社商品を積極的に紹介してもらうべく、手厚いサポートが欠かせないでしょう。

新規代理店の開拓

代理店営業では自分がユーザーに直接商品を売らないため、売上を伸ばすには多くの代理店で扱ってもらうことが重要です。

例えば、新商品が出た場合など、既存の代理店よりも新たに契約する代理店の方が積極的に取り扱ってくれるケースもあるため、新規代理店の開拓も欠かせない業務です。

代理店の方から、自社の商品を扱わせてほしいと問い合わせが来る場合もあります。この場合、代理店側が販売促進をしてくれる可能性が高いため、丁寧に対応しましょう。

営業同行

代理店の営業担当に同行して商品の説明などを行うこともあります。特に法人向けで、かつ専門性の高いサービスの場合は、商品のスペシャリストとして意見を求められることがあるでしょう。

法人向けサービスは単価が高く、競合も多い傾向にあります。そのため、他社より先に契約を取ることができれば、自社と代理店の双方にとって大きなメリットです。代理店のモチベーションアップにもつながることでしょう。

代理店営業に向いている人

代理店営業に向いている人の特徴を三つ解説します。以下の特徴に当てはまっている人は、代理店営業を目指すことを検討してみましょう。

コミュニケーション能力が高い

一般的な営業職と同様、コミュニケーション能力は重要なスキルです。

代理店営業は代理店の担当者との関係構築だけでなく、商品の魅力や知識を正しく理解してもらう必要があります。そのため、相手の感情を理解したり、情報を正しく伝えたりする能力が必要です。

また代理店の売上が伸びていないときは、どこに問題があるのかヒアリングをすることも大切です。説明したり、感情を素早く察知したりすることが得意な人は、代理店営業に向いているといえるでしょう。

分析力やレスポンス力がある

代理店営業では顧客の生の声を聞いたり、反応を直接見たりすることができません。主に代理店から来る情報をもとに問題を突き止め、適切な対策を取ることが必要です。

代理店からの話だけでなく、代理店の文化や特徴からも問題解決の糸口が見えてくる場合があります。そのため、代理店営業にはさまざまな情報を多角的に分析する能力が必要です。

代理店からの問い合わせや確認に迅速に対応するレスポンス力も重要なスキルといえます。自社のGOサインが出ないと代理店が身動きを取れない場合もあるため、迅速なレスポンスは代理店からの信頼獲得につながることでしょう。

良好な人間関係を構築できる

代理店営業は、代理店と力を合わせて商品を売る必要があります。そのため、代理店との密な連携が欠かせません。

代理店が営業に行き詰まっているときは、寄り添って問題の解決に取り組むことが必要です。そして代理店が成果を上げたときは、称賛をして代理店のモチベーションをアップさせてあげる気配りも大切です。

そのため誠実さがあり、気配り上手な人は代理店営業に向いているといえるでしょう。

知っておきたいポイント

代理店営業を目指している人向けに、知っておきたいポイントを三つ解説します。ぜひ就職活動の参考にしてください。

代理店営業がある業界

代理店を使う営業スタイルは、どの業界にも適しているわけではありません。代理店営業が主流となっている業界は以下です。

  • 保険業界
  • 携帯、スマートフォン業界
  • 通信業界

保険業界では、複数社の商材を扱う代理店の発言力が強い傾向にあります。そのため、代理店との関係構築が特に重要です。また、携帯、スマートフォン業界では、代理店営業がイベントの企画などを担当することもあります。

さらに、通信業界は代理店の数が多く、既存代理店の管理と新規代理店開拓の担当者を別々に設けていることもあります。

代理店営業の年収

マイナビエージェントによると、2015〜2016年の代理店営業の平均年収は432万円でした。このうち20代の平均年収が393万円、30代は542万円とされており、30代は日本人の平均年収よりも高いことがわかります。

また、代理店営業の給与体系は、基本給にインセンティブが付与されることが多いようです。評価基準は、新規代理店の開拓数や、代理店の売上が重視される傾向にあります。成果を上げた分だけ、収入が増える環境が好きな人に向いているでしょう。

未経験から始めるには

代理店営業になるうえで特別な資格は必要なく、未経験でも挑戦できます。ただし、法人営業などの経験を持つ人材が優遇されやすい傾向があります。

しかし、ポテンシャルや熱意を見込んで採用してくれる可能性もあります。未経験から代理店営業を目指すなら、自分をアピールすることが必要です。自分に合った企業が見つけられないときは、転職エージェントに頼りましょう。

また、リバラボインターンシップでは未経験者へのインターンシッププログラムが充実しているので、転職に必要な実績を積むことが可能です。
リバラボインターンシップ

代理店営業を目指そう

代理店営業は顧客に直接商品を販売せず、代わりに自社商品を販売してくれる企業の開拓やサポートを行う職種です。他の営業職と比べるとノルマが厳しくないなどのメリットがある一方で、自分1人の力だけで成果を上げることは難しい仕事です。

代理店営業には、代理店と良好な関係を築くコミュニケーション能力や細かな気配りが求められます。30代の平均年収が高い傾向にあり、未経験からでも挑戦が可能です。

ただし、経験者が優遇されやすいため、未経験から始めるなら若い人の方が有利だといえます。

代理店営業を目指す上で不安なことがあったら、転職エージェントなどを利用してみましょう。



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら