高卒こそ狙うべき穴場な国家資格5選 | 資格を選ぶ際のチェックリスト

 

「国家資格って誰でも受けられる?」

国家資格の中には、高卒であっても受験可能な資格がいくつもあります。

就職活動で高卒者が大卒者と戦うために、資格を持っていて損はありません!

さらに、中卒でも「高卒認定資格」を取れば、高卒者と同じくチャレンジできる国家資格があります。

そこで、この記事で中卒者や高卒者が狙うべきおすすめの「国家資格」をご紹介していきます!

 

ユーくん
資格をとるなんてあんまり考えたことなかったな。
ダルマちゃん
高卒でも国家資格を持っていれば、就職活動ですごく優位に立てるんだよ。

 

高卒資格は取得するべきなのか

中卒の人は果たして高校をわざわざ卒業してまで「高卒資格」を目指す必要があるのでしょうか。

その答えは「NO」です。

中卒の人が取得すべき資格として、高卒認定試験を受けて取得できる「高卒認定資格」をご紹介します!

 

ユーくん
定時制高校や通信制高校で、高校に通い直さないと高卒資格は取れないんだと思ったんだけど・・・
ダルマちゃん
たしかに「高卒資格」を取るなら高校を卒業しなければならないね。でも、「高卒認定資格」は違うんだ!

 

高卒資格と高卒認定の違い

まず、「高卒資格」と「高卒認定」の違いについて正しく理解しておきましょう。

二つの大きな違い

  • 高卒資格
    高校を卒業したことで得られる資格
  • 高卒認定
    高卒認定試験に合格することで得られる資格で、高卒と同等の学力があることを証明

「高卒認定」は高校に通い直すことなく、高卒同等の資格を取ることができます。

中卒の人が「高卒資格」を取ろうと思えば、「高校に通い直す」という選択肢しかありません。

しかし、「高卒認定」は学校に通う必要なく試験に合格することで得られる認定です。

又、中卒の人が自分のタイミングで試験を受けて資格を取得できるのも大きな魅力です。

 

ユーくん
3年間高校に通うことなく、試験に合格すれば高卒同等の資格が取れるってことか!
ダルマちゃん
そう!しかも高卒認定資格は資格そのものを履歴書に書くこともできるんだ。

 

高卒資格よりも資格取得を検討すべき

中卒者は、高校を卒業することよりも資格取得を目指すべきです。

中卒者が高卒者に肩を並べるために資格を取得するためには、大きく二つの方法があります。

  • 高校に通い直して卒業→資格取得
  • 高卒認定試験に合格→資格取得

高校に通いなおすには時間もお金も必要ですが、高卒認定試験に合格するとすぐに資格取得に向けて動き出せます。

高卒資格よりも、高卒認定資格を取得する方法の方が理にかなっていると言えますね!

 

高卒認定試験の全貌 | 公式よりも分かりやすい試験内容と条件

 

高卒者が資格取得を好む3大理由

高卒者の中には資格取得を目指す人が多くいますが、ここではその理由を紹介します。

 

ユーくん
資格があった方が就職しやすいからなのかな?
ダルマちゃん
高卒は大卒よりも就職が不利になりやすいんだ。そのマイナス面を資格取得で補おうっていう考え方だね!

 

スキルの明確な証明になるから

高卒者にとって、資格取得はスキルの明確な証明になります。

資格をアピールすることは、経験や知識があるとアピールするより遥かに効果的です。

資格の威力
  • 不動産業界や建設業界に関する知見をアピールできる
  • 難関資格だと一定の学力や専門性を証明できる

資格は能力が本物であると証明してくれ、就職活動において強力な武器になってくれます。

また、資格取得のために努力し勉強した過程も評価されるので、さらに印象が良くなります。

 

学習の目的ができるから

高卒者が資格取得に励むようになると、明確で具体的な学習目的ができます。

  • 資格取得に向かって突き進むのみ
  • 資格試験の対策が明確な課題
  • 勉強方法に悩むことが少ない

何かを独学で学び知識を付けようと思うと、何から始めて良いか分からず悩んでしまいがちです。

しかし、資格取得が目的であれば「いつまでに何をどこまでする」かを見失うこともありません。

勉強が苦手でも資格取得に向かってやるべきことが明確なので、勉強に励みやすいのが特徴です。

 

学歴以上に就活に影響を与えるから

高卒者にとって、資格は学歴をカバーする大きな影響力を持った武器です。

「就活時に学歴を挽回できる資格を持っておきたい」という思いから資格取得を目指す高卒者も多いです。

日本は今もまだ学歴社会である点は否めませんが、取得する資格によってはそれをカバーできます。

就活で学歴以上にインパクトを与えるアピール材料になる可能性を秘めているのです。

つまり、就活で「資格なしの大卒者」よりも「専門スキルを証明できる高卒者」が有利になるケースがあるのです。

 

高卒者が資格選びを行う際のチェックリスト

ここでは、高卒者が受験する資格を選ぶ際に意識すべきことを紹介します!

 

ユーくん
高卒で資格取得を狙うなら、資格は何でもいいってわけじゃないよね?何を基準に選べばいいんだろう
ダルマちゃん
その資格が自分に合っているか調べるのに、このチェックリストを役立ててみてね!

 

では、受験する資格を選ぶ際にチェックしたい項目をご確認ください!

資格を選ぶ際の5つのチェック項目
取得する資格が公的資格もしくは国家資格であれば効力が強いと考えてOKです。民間資格ではその効力が弱い場合もあり、苦労して取得するほどの価値がないケースもあります。
高卒のあなたにとって、この先現実的に役立てられる資格であるかの見極めも肝心です。あなたの好きなものや興味のある分野に関連していない資格は、この先仕事で役立てられない可能性が高いため見直した方が賢明です。
あまりに難易度の高い資格を選んでしまうと、その分資格取得までにかかる時間や精神的ストレスが増えてしまいます。資格取得があまりにも難しい場合は、それでもその資格を取得するべきかを考えましょう。
資格を取得することで、あなたの就職率が高くなる資格なのかどうかを考えましょう。就職率を高める資格と実際に仕事をする上で役立つ資格は必ずしも一致しません。今はまず、就職に有利な資格を選ぶのが賢明です。
取得を検討している資格が、様々な分野の仕事に活かせる資格であるかを考えましょう。限られた仕事でしか活かすことのできない資格よりも汎用性のある資格の方がもちろん価値があります。

 

ユーくん
なるほどね!理解できたよ!就職に役立ち、幅広い仕事に活かすことができる資格ってことだね。
ダルマちゃん
あとは自分のやりたいことと関連しているか、取得するまでに時間がかかりすぎないかも要チェックだね!

 

高卒者が狙うべき穴場な国家資格5選

では、高卒者がぜひ狙うべきおすすめの国家資格を皆さんにご紹介します!

高卒者が狙うべき国家資格
  • 基本情報技術者
  • 通関士
  • 宅地建物取引士
  • 登録販売者
  • 中小企業診断士

これらの国家資格は、高卒の人たちがチャレンジでき、合格の可能性が十分にあるものです。

さらに、就職活動で就職率をUPさせる効果がしっかり見込めるものを選んでいます。

では、それぞれの資格の特徴について見ていきましょう!

 

基本情報技術者

高卒者が狙うべき資格として、国家資格「基本情報技術者」をご紹介します。

基本情報技術者

情報技術全般に関する知識・技能を持つ人、プログラム設計書を作成し、プログラム開発や単体テストなどのプロセスを担当する人のための国家資格

 

資格が役立つ職種

IT企業を目指す可能性のある人なら取得しておいて損はない資格です。

基本情報技術者の国家資格が生かせる仕事の代表例は以下の5つです。

  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • WEBデザイナー

無資格でも目指せる仕事ではありますが、資格を持つことでより好待遇の仕事に就くことができるなどのメリットが期待できます。

 

必要な勉強期間

ITに関わる知識がほぼゼロの状態から資格取得を目指す場合には、目安として100時間から200時間ほどの勉強時間が必要です。

1日に3時間、週に5日勉強したとして、2ヶ月から3ヶ月の勉強期間を見込んでおきましょう。

 

試験内容詳細

基本情報技術者試験の出題内容は以下の通りです。

  • テクノロジ系(基本理論・コンピュータシステム・技術要素・開発技術)
  • マネジメント系(プロジェクトマネジメント・サービスマネジメント)
  • ストラテジ系(システム戦略・経営戦略・企業と法務)

参照:情報処理技術者試験試験要項より

中でも技術要素のカテゴリー内のセキュリティに関する問題は特に重点分野とされています。

基本情報技術者試験の申し込みページはこちらです。

しかし、独学で資格を取得するのはハードルが高いと感じる方多いのではないでしょうか。

下記データから、インターネット専門職やSEは、転職する際に異業種でも「同職種」を選ぶ人が多いようです。

つまり、一度資格を取得してしまえば同職種で転職していくことが可能です。

 

▼職種別 キャリア移行比率 

参照:【転職決定者データから見る】2020中途採用市場 中途採用においては「越境採用力」もカギに 

 

ただ、高卒者にとっては資格取得までの道のりが苦しいですよね。

そこで紹介したいのがインターンとして収入を得ながら、ITスキルを学べる「リバラボインターンシップ」です。

リバラボインターンシップ

  • 学歴・職歴に関係なく18~29歳の若者が2年間の長期有給インターンを通し、キャリアを再生するプロジェクト
  • 2年のインターンを卒業した後は、転職までサポートあり
  • 色々な学習サポートがあり、インターンとして働きながら自分の希望の職を目指せる

リバラボは、自分にあったビジネススキルを3つから選ぶことができるインターンシップです。

 

「基本情報技術者」の資格取得を目指すなら、「エンジニアコース」で勉強するのがぴったりです。

もちろん結果を出せばしっかりお給料も出るので、お金の心配はありません。

高卒でもインターンとしてITスキルを学べば、早期資格取得も夢ではありません。

知識を蓄えながら現場で実践を積めるので、資格を取得後はすぐに貴重なIT人材として重宝されますよ。

 

 

通関士

高卒者が狙うべき資格として、国家資格「通関士」をおすすめします。

通関士

通関士は輸出入の代理人として税関に申告や手続きを行う、貿易に関する唯一の国家資格

輸出入に際してトラブルがあった場合に交渉をするのは通関士の仕事です。

通関士試験に合格し、通関業者に登録されて初めて通関士として仕事をすることができます。

 

資格が役立つ職種

通関士の資格が生かせる職種は通関士です。

同じ通関士でも、勤務先は運送会社・倉庫会社・海運会社などさまざまです。

 

必要な勉強期間

通関士の国家資格を取るために必要な勉強期間は、目安として400時間から500時間と言われています。

1日に3時間、週に5日勉強したとして、7ヶ月くらいかかる計算になるので、決してその道は楽ではありません。

 

試験内容詳細

通関士の試験科目は次の3科目です。

  • 関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法
  • 通関書類の作成要領その他通関手続きの実務
  • 通関業法

通関士試験の対策は覚えることが多く、合格率はおおよそ10%ほどで高い難易度です。

通関士試験の申し込みページはこちらです。

 

宅地建物取引士

高卒者が狙うべき資格として、国家資格「宅地建物取引士(宅建士)」をご紹介します。

宅地建物取引士(宅建士)

  • 宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格
  • 不動産取引法務の専門家
  • 宅地・建物の売買や賃貸取引に対して、購入者海苔液の保護や円滑な宅地・建物の流用のために公正な事務を行う

 

資格が役立つ職種

資格取得後には宅地建物取引士として以下の業界においてそのスキルを生かすことができます。

特に、土地や建物を取り扱う会社は、必ず一定割合の宅地建物取引士を雇用することが義務付けられています。

そのため、この資格を持っておくと働き口が多く、就職活動が確実に有利になります。

宅地建物取引士が活躍する職種の一例は以下の通りです。

  • 不動産業界
  • ハウスメーカー
  • 建設業
  • 金融関係

住宅メーカーや不動産仲介会社などでは、宅地建物取引士の資格がとても役に立ちます。

宅地建物取引士の資格があることで、不動産取引における重要な業務を行うことができ、仕事の幅が広がります。

 

必要な勉強期間

宅地建物取引士の資格取得に必要な勉強時間はざっくり250時間程度が平均と言われています。

しかし、基礎知識や業界経験がある人は、250時間を大きく下回る勉強時間で合格するケースもあります。

 

試験内容詳細

試験内容は、宅地建物取引業に関する実用的な知識があるかどうかを判定するものとなっています。

具体的には以下の通りです。

  • 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
  • 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
  • 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
  • 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
  • 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
  • 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
  • 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

参照:宅建試験の概要より

宅地建物取引士試験の申し込みに関してはこちらから確認いただけます。

 

登録販売者

高卒者が狙うべき資格として、国家資格「登録販売者」をご紹介します。

登録販売者

  • 一般用医薬品(第2類・第3類)の販売を行うための国家資格
  • 薬局などで医薬品を販売することができる

 

資格が役立つ職種

登録販売者の資格が役立つ職種には以下のようなものが挙げられます。

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局
  • スーパー
  • コンビニ
  • 大型家電量販店

医薬品を購入するお客様への情報提供や相談の対応、販売を行うのが登録販売者の仕事です。

 

必要な勉強期間

登録販売者の資格取得のために必要とされる勉強時間は400時間程度です。

医薬品に関わることや薬事関係法に関すること、人体の働きなど覚えることが山ほどあります。

しかし、資格取得後に幅広く役立てることを考えれば、その価値は大いにあります。

 

試験内容詳細

登録販売者試験は、各都道府県ごとに年に一度実施されています。

そのため、試験日や申込期日は各都道府県に確認する必要があります。

試験内容は以下の通りです。

第1章:医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問)
第2章:人体の働きと医薬品(20問)
第3章:薬事に関する法規と制度(20問)
第4章:主な医薬品とその作用(40問)
第5章:医薬品の適正使用と安全対策(20問)

参照:看護の資格最短net「登録販売者とはどんな資格?」

登録販売者資格試験の申し込みに関しては、各都道府県に詳細を確認しましょう。

 

中小企業診断士

高卒者が狙うべき資格として、国家資格「中小企業診断士」をご紹介します。

中小企業診断士

  • ビジネスパーソンが新たに取得したい資格の第1位
  • 経営全体を幅広く診断し、課題を解決するための方法を見出すことができる能力が必要な資格
  • 経営コンサルタントとしての唯一の国家資格
  • 幅広いジャンルで活かすことのできる大きな価値のある資格

 

資格が役立つ職種

中小企業診断士として働く場合、以下の職種に就くことが一般的です。

  • 経営コンサルタント(独立)
  • 経営コンサルティング会社
  • 営業コンサルティング
  • マーケティング
  • 経営スタッフ
  • IT部門

 

必要な勉強期間

中小企業診断士の資格取得に必要な勉強時間は1000時間程度です。

1次試験、2次試験に合格した後

  1. 3年以内に実務補習を15日以上受ける
  2. 診断実務に15日間従事する

①、②のどちらかを満たすことで、中小企業診断士としての登録が可能となります。

 

試験内容詳細

中小企業診断士の試験内容は以下の内容となります。

  • 済学・経済政策:60分
  • 財務・会計:60分
  • 企業経営理論:90分
  • 運営管理:90分
  • 経営法務:60分
  • 経営情報システム:60分
  • 中小企業経営・中小企業政策:90分

試験会場は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇の各地区となります。

中小企業診断士試験の申し込みはこちらから確認いただけます。

 

まとめ

高卒でも資格を持っていれば、自分自身のスキルを証明することができます!

この記事では、高卒でも十分に狙えるおすすめの資格を5つご紹介しました。

  • 基本情報技術者
  • 通関士
  • 宅地建物取引士
  • 登録販売者
  • 中小企業診断士

就職活動で学歴が評価される大卒者と対等に戦うためには、資格取得は一つの手段になります。

大事なのは自分にとって「取得する価値のある資格」が何かを間違えず、資格取得に励むことです!

きっとそうすることで今よりもさらにハイレベルの企業に就職への道が開けてきます。

 



こんにちは、キャリアゲ編集部です。

私たちは学歴や環境にハンデを抱えている方を応援する、ちょっと変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」を運営しています。

リバラボインターンシップの特徴は、以下の3つのステップで大逆転就職を可能にする点にあります。
リバラボインターンシップの特徴
①まず、リバラボで働く
十分な給与(平均年収400万円)や社宅完備等の福利厚生も充実
②スキルと実績を積み上げる
スキルと実績を積む環境が整っている
③高収入/高待遇な優良企業に就職
平均年収490万円以上の企業に就職することが可能
特に①②のリバラボで働く、スキルと実績を積むという点が高収入・高待遇な企業への就職を可能にしています。

今の日本は、学歴や環境で一度ハンデを抱えてしまうと逆転することが難しくなっています。

そんな今の日本でも、「リバラボインターンシップ」であれば大逆転就職までの道のりを突き進むことができます。
『学歴はないけど高収入で福利厚生が充実した企業に就職したい』
『人生を大逆転させるためにスキルや実績を磨き上げたい』
そんな方ならリバラボインターンシップを選ぶことは間違いないと断言できます。

良ければ一度、一風変わった就職サービス「リバラボインターンシップ」の詳細を覗いてみてはいかがでしょうか?




転職はこちら